女の人生が潤う「笑い上手」に! 沈む心は”芸”で明るく

女の人生が潤う「笑い上手」に! 沈む心は”芸”で明るく

最近、笑ってる? 退屈な毎日が続いている女性こそ、笑いが大切だと常々思う。あたりまえだが、笑うだけで楽しい気分になってくるし、生活に充実感さえ感じることができる。


■笑いは大事……だけど笑えることがない!

女にとって笑うことは大切だ! と張り切って書いている筆者だが、そうそう毎日笑える出来事がないことも承知している。笑えることがあれば、最初から笑ってるよ! というツッコミがたくさん寄せられそうだ。

とくに、ひとり暮らしの筆者は、休みの日は人と話さないこともザラ。平日、人に会ったとしても笑いが起こるとは限らない。そもそもこの猛暑では、街に出たとて、元から眉間にしわが寄った状態だ。

では、どうすれば毎日笑えるような生活を送ることができるのか。

■独身女、ひとり部屋でお笑い動画を見る毎日

一日一笑いをモットーとする筆者は、YouTubeやDVDなどでお笑いの動画を見ることを習慣としている。年頃の独身女がひとり、暗い部屋で動画を見てプククと笑っている。ネクラすぎッ……! と思う人は、どうぞ笑ってやってください。

お笑いなんてくだらないと一刀両断する人もいるだろう。しかし、このくだらないことに価値を見出している。

キャリアを積んで、本気で仕事に取り組んでいる女性ほど、芸人たちを見てほしい。彼らを「プロフェッショナル」として見ると、新たな視点が見つかる。求められている仕事(笑い)を、きっちりこなす。彼らも私たちと同じように「ビジネスマン」なのだ。

■味付けのないネタを素材のままでいただく

筆者が動画を見る場合、バラエティ番組以外を見るという”こだわり”がある。

ただただ芸人のネタが流れる動画か、舞台でのパフォーマンスを録画したものを見るようにしている。要するに、芸人を素材のままを見る。

精巧に作られたテレビらしいバラエティ演出は、「やりすぎだな……」と思うことがある。例えてみると、獲れたばかりの京野菜にアレコレ細工して味付けするのもいいけど、シンプルに生でかぶりつきたい! という感覚に似ている。

ネタがあってこその芸人。客を前にネタを披露する芸人たちは、バラエティ番組に出るときとはまったく違うことに気づく。バラエティ番組では「おもしろくないキャラ」の人も、ネタを見れば腹を抱えて笑ったりもする。そういった発掘も楽しい。

■プロの笑いに触れて、笑いのツボをやわらくしておこう

お笑いにも、いろんなジャンルがある。センターマイクの前で掛け合いをする「漫才」に、シンプルな芝居で客を笑わす「コント」。伝統文化の「落語」や、舞台をしっかり作りこんだ「喜劇」などもある。

まずはYouTubeやDVDで、いろいろな動画を見てみよう。知っている芸人、たまたまテレビで見かけた芸人からでもいい。探してみると、さまざまなネタを発掘することができる。

つまらないと思ったら、次。面白いと思ったら、続行。まさにDon't think, feel. である。いろんな芸人のネタを見ていけば、自分の好みがわかってくる。

推し芸人が見つかったら、彼らのネタ動画を見ることを習慣にしよう。メイクをしながらでもいいし、お風呂に入りながら見てもいいだろう。BGMがわりに流しておくのもいい。

そうすることで、いつの間にかクスクス笑っている日常になる。ひとり暮らしの女性でも、家で笑顔でいられる。こうして笑いのツボをやわらかくしておくこと。これが「笑いやすい体質」になるためのポイントなのだ。

この記事のライター

あずま・かなこ。1983年生まれ。元女性サイト編集長のコラムニスト。テレビ・ラジオ出演多数。著書に「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。趣味は鉄道一人旅。

関連するキーワード


習慣

関連する投稿


美しい女性たちに聞く「淑女の心得」【猫川舐子】

美しい女性たちに聞く「淑女の心得」【猫川舐子】

私の考える「美しい女性」とは、人間らしさにあふれ、多様性に対する理解と寛容さがあること。これらの要素を持ち合わせる私の周りの素敵な女性たちに、美しくあるための「淑女の心得」について教えていただきました。彼女たちが理想の女性像を体現するために心の内に掲げるポリシーや、普段の生活で心がけていることをご紹介します。


「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「怒りっぽくて困っている」、反対に「うまく怒れないのが悩み」……怒りについての悩みは人それぞれ。ですが、よく考えたら怒りって何? 何で怒りの感情ってわくのだろう? 連載3回目は、「怒りのもとになる“べき”」について、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

昨年から手帳のプロデュースを始めた長谷川朋美さん。人生の優先順位を順に叶え、自分らしい人生を手に入れるための手帳術をご紹介します。どれも長谷川さんご自身が実践していることばかり。具体的なので今日からでも取り入れて、進みたい未来に近づいて。


あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

怒りに任せて、つい嫌なことを言ってしまい、後で「あれは本心じゃないのに」「あんなこと言わなきゃ良かった」と思っても後の祭り……。そんな事態を防ぐために取り組みたいのが「アンガーマネジメント」です。連載2回目は、「カッとなったときに有効な対処術」を日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいます。


素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

「夜活」という言葉をご存知でしょうか。「朝活」はよく話題になりますが、この「夜活」は耳慣れないという方も多いかもしれません。「終わりよければすべてよし」という言葉と同じように、1日をどう終わるかということが、毎日の充実度に大きく影響してきます。今回は夜活の心得とおすすめの夜活をご紹介します。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。