記事総数:18

公開済みの記事


すっきりしたクローゼットのために厳選したMY定番服

すっきりしたクローゼットのために厳選したMY定番服

クローゼットをすっきりさせたい――。服がパンパンに詰まったクローゼットを見て、そう思う方は少なくないのでは。今回、crispy-lifeさんにすっきりしたクローゼットのつくり方、本当に出番が多い自身の定番服をご紹介いただきました。少ない服で心地よく生きたい方にとって、参考になるヒントがいっぱいです。


休日のご近所ファッションこそおしゃれの冒険を

休日のご近所ファッションこそおしゃれの冒険を

休日のおしゃれは、誰にも会わないからこれくらいで、とついつい手を抜きがち。いつも気合を入れてばかりいては疲れるけれど、誰にも会う予定のない休日だからこそできる冒険コーデもあります。ときにはちょっと作り込んだスタイルで、近場を散歩してみませんか?


料理とファッションは似ている。少ないアイテムを自分らしく“調理”したい

料理とファッションは似ている。少ないアイテムを自分らしく“調理”したい

食べ物同様、洋服にも「旬」があります。そう考えると、料理とファッションの類似性に気づきます。少ない素材や調味料だけでも美味しい料理を作れるように、少ない洋服でもおしゃれを楽しむことは可能です。少ない服でも自分らしいおしゃれに向き合う方法を探ります。


大人女性が心地よく過ごせる部屋着を考える

大人女性が心地よく過ごせる部屋着を考える

少ない服で暮らすなら、部屋着はいるのかいらないのか? 気楽な一人暮らし、部屋にいるときはどんなスタイルで過ごす? ちなみにメイクはする? しない? 大人の女性にふさわしい部屋着(ルームウェア)について考えます。


夏の大人の足元にぴったりな「ギョサン」とは

夏の大人の足元にぴったりな「ギョサン」とは

ギョサンとは、漁業従事者向けの鼻緒一体型樹脂製サンダルのこと。夏はこのギョサンが大活躍します。さすがの機能性と独特のポップなかわいらしさ、シンプルさが大人の女性にもおすすめです。コーディネートしやすいカラー選びや合わせ方などをご紹介します。


革製品の手入れ方法は“少数精鋭”で生きたい人こそ知っておきたい

革製品の手入れ方法は“少数精鋭”で生きたい人こそ知っておきたい

革製品はきちんと手入れをしておけば、10年と言わず15年、20年と使い続けられるアイテム。少数精鋭のアイテムで過ごしたい人こそ、革製品の手入れ方法を知って、日々こまめにメンテナンスすべきなのでしょう。革製品のお手入れの大切さについて考えます。


おしゃれびとが実践するインナーの重ね着テク

おしゃれびとが実践するインナーの重ね着テク

単調になりがちな春夏シーズンのシンプルコーデ。そんな中、おしゃれびとが実践しているのは「インナーの重ね着」でした。こなれて見えるインナーの重ね着アイデアを3つご紹介します。


「古いランジェリーをいつまでも身につけているような女はダメよ」- ある女優の言葉

「古いランジェリーをいつまでも身につけているような女はダメよ」- ある女優の言葉

ある女優の言葉「古いランジェリーをいつまでも身につけているような女はダメよ」を聞いて、この前ランジェリーを新調したのはいつだったかしらと考えました。手放すタイミングを見逃しがちなランジェリーとの付き合い方を考えます。


おばさんがショートヘアにする理由

おばさんがショートヘアにする理由

白髪が気になってショートヘアに転向するアラフォー女性は少なくないよう。でも、ショートヘアにしたからといって、白髪の悩みは完全には解決されないよう。ロングにミディアム、ショート、白髪が目立たない髪型はどれ? そして白髪はやっぱり染めるべき? DRESS世代の女性にとって悩ましい白髪問題を考えます。


おばさんくさい靴に逃げたくないが終日ヒールはつらい。そんな女性に試してほしい3つのこと

おばさんくさい靴に逃げたくないが終日ヒールはつらい。そんな女性に試してほしい3つのこと

おばさんくさい靴の世話にはなりたくないけれど、ヒールがしんどく感じるときもある……そんなアラフォー女性もいるのでは? おしゃれは我慢が基本、女たるものいくつになってもヒールを颯爽と履きこなそう、なんて意見も聞くけれど、やっぱり健康が第一。ヒールも楽しみながら、ときどきラクするアイデアをご紹介します。


若見えを意識するほどおばさんっぽくなるという真実

若見えを意識するほどおばさんっぽくなるという真実

いくら若さを追い求めても残念ながら40代の女性がどんなに工夫をしても20代の女の子と同じように見えることはありません。内面はもちろん、外見も磨く努力をするならば、いかに若く見せるかを考えるよりも、今の自分をより美しくみせてくれるのはどんな装いなのかを模索したいところ。


大人の余裕で「おばさんっぽいファッション」を楽しむ

大人の余裕で「おばさんっぽいファッション」を楽しむ

「おばさんっぽいファッション」を作り出しているのは、他でもない自分自身。自分がそう思うから「おばさんっぽくない?」と気になってしまうのだ。トレンドを意識するとおばさんが若作りしてみっともないと否定され、好きなテイストを貫き通すと時代遅れのおばさんと笑われる。一体どうすればファッションを楽しめるのか、真剣に考えます。


軽やかな旅行をしたいならスーツケースを吟味して

軽やかな旅行をしたいならスーツケースを吟味して

長期旅行の頼もしい相棒、スーツケース。少ない服で身軽に旅行するなら、どんなスーツケースを選ぶべき? スマートな旅スタイルを目指す女性にぴったりのスーツケース選びと使い方を考えます。


少ない服でおしゃれに暮らすなら、ストールを味方につけて

少ない服でおしゃれに暮らすなら、ストールを味方につけて

少ない服でおしゃれに暮らす――そんなスタイルにシフトしたい人にとって、限られた数の洋服で過ごす旅は絶好のレッスンチャンス。このとき心強い味方になってくれるのは、小さくまとめられるストール。上手く使って少ない服で旅中もおしゃれに暮らす私に。


少ない服でスマートな旅行を。荷物を少なくする5つのコツ

少ない服でスマートな旅行を。荷物を少なくする5つのコツ

旅行中、荷物は少なくしたいもの。でも、女性の旅は服と化粧品で、どうしても重たくなりがちです。旅に連れ出す洋服を減らし、荷物を少なくする方法を5つご紹介します。少なくした荷物でスマートな旅行を楽しんで。


少ない服で暮らすなら、お気に入りアイテムをとことん愛す

少ない服で暮らすなら、お気に入りアイテムをとことん愛す

少ない服でおしゃれに暮らすには、合わせやすいプレーンなシルエットの服は便利だし、トレンドに左右されないという強みもあります。でも、誰にでも似合う万能アイテムなんて残念ながら存在しません。


少ない服でおしゃれな人を目指すなら、クローゼットの再点検から始めよう

少ない服でおしゃれな人を目指すなら、クローゼットの再点検から始めよう

少ない服でおしゃれな人になりたい。おしゃれを楽しみたい。そう思うなら、本当のお気に入り、一軍アイテムのみのクローゼットに整えることが欠かせません。そのために、自分の好みを明確に把握することが大切です。まずはクローゼットの再点検から始めよう。


少ない服でおしゃれな人になる、は可能か?

少ない服でおしゃれな人になる、は可能か?

おしゃれな人になるのに、クローゼットからあふれんばかりの大量の洋服は必要なのか? 少数精鋭、少ないアイテムをフル活用して、アラフォー世代の女性が、今の自分に似合うおしゃれを楽しむ方法、自分の個性を生かしたおしゃれな人になる方法をご紹介します。


act dress
女性の電話相談 手相占い 不倫 年下彼氏