「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「怒りっぽくて困っている」、反対に「うまく怒れないのが悩み」……怒りについての悩みは人それぞれ。ですが、よく考えたら怒りって何? 何で怒りの感情ってわくのだろう? 連載3回目は、「怒りのもとになる“べき”」について、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


■そもそも怒りの感情って何?

これまでの連載で、“怒り”についての「対処術」、「体質改善」をご紹介してきました。

しかし、そもそも「怒り」って何でしょう? 今回は、この怒りの感情の原因を探っていきます。

怒りの感情を抱くとき、
「私がイライラするのは高圧的な上司のせい」
「ミスを繰り返す部下のせい」
「言うことをきかない子どものせい」
「給料が安いせい」
と、怒りの原因を、何か、誰か、出来事のせいにする人がいます。でも、原因はそこにはありません。
怒りの原因は、「自分自身のゆずれない価値観」からきています。これは簡単に言うと、「○○であるべき」「○○するべき」という自分の思いのことです。

怒りは、この自分の「こうするべき」という期待や理想が裏切られたとき、そのとおりにならなかったときに生まれる感情。

つまり、相手があなたの中の“常識”と違うことを人がするときに、「えっ!? なんで!? ○○であるべきなのに……」と怒りが生じるというわけです。

■「こうするべき」は人によってさまざま

あなたにも、無意識の中にいろいろな「べき」がありませんか?

「待ち合わせには遅くても5分前には来るべき」「会社の来客にはかならず自分から先に挨拶するべき」などなど……。

誰の中にも、それまでの環境や家庭の中でのしつけなどから作られてきた「べき」があります。たとえば、あなたが「社内の会議では少なくとも5分前には会議室に来るべきだ」と考えていても、「いや、時間ぴったりがちょうどいい」とか「社内の会議なら5分くらいは遅れても構わない」と考える人も多くいるわけです。

これは、誰が正解で誰が間違っているというわけではありません。世の中にはたくさんの人がいて、さまざまな価値観があるのです。

ですから、他人が自分の思う「べき」と違う言動をしていたときに、「あの人は非常識だ」と怒るのではなく、「あの人の“べき”は私とは違うものなのね」と理解することが大切です。

■「あの人、非常識!」と怒りを感じたら

あなたにゆずれない「べき」があるように、相手にも、大切にしている「べき」があります。あなたと相手の「べき」が違ったときには、どちらが正解、不正解か、勝ち負けにこだわるのではなく、相手がどうしてその「べき」を持っているかに目を向けるようにしてみましょう。

たとえば、相手が「電車の中では化粧をするべきではない」という価値観を持っているとします。そのとき、「どうしてそう思うの?」と聞いてみたら、「隣の女性が化粧をしていて、スーツにファンデーションをつけられちゃったことがあるんだ」という答えが返ってくるかもしれません。

このように理由がわかると、相手ならではの事情もわかって、「そういうことならそう思うよね……」と寄り添うことができます。

同時に、相手も「わかってもらえた」と感じることで、あなたの「べき」にも耳を傾けやすくなります。

■自分の価値観を知る「べきログ」

この自分の中の「べき」を可視化する“アンガーマネジメント”の取り組みが「べきログ」です。

まず、自分がイラッとしたことを思い出して、「人に何かをしてもらったらありがとうを言うべき」「職場の飲み会の乾杯はビールであるべき」「食事後に食器は流しに片づけるべき」といった、自分が「べき」と考える項目をノートに書き出していきます。

そして、それぞれの重要度を、10段階評価でつけてみます。

この「べきログ」をつけることで、怒りの元(原因)になる自分の価値観(「べき」)がわかり、怒りの傾向を客観的にとらえることができます。そうして、いざイラッとしたときに、冷静に対処しやすくなるでしょう。

怒りは誰もが感じる自然な感情です。ムリに抑圧するのではなく、かといって怒りに振り回されないよう、アンガーマネジメントの取り組みを活用してみてくださいね。

『いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメント』書籍情報

いつも怒っている人も うまく怒れない人も 図解アンガーマネジメント
著者:戸田久実
発行:かんき出版
単行本:192ページ
発売日:2016年10月5日
価格:1490円

[公式サイト]
https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761272081

著者 戸田久実さんプロフィール

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事。アドット・コミュニケーション(株)代表取締役。日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント。
立教大学卒業後、大手企業勤務を経て研修講師に。2008年にアドット・コミュニケーション(株)を設立。大手民間企業、官公庁などで「伝わるコミュニケーション」をテーマに、研修・講演を実施。対象は新入社員から管理職、リーダー、女性リーダーまで幅広い。講師歴は26年。登壇数は3000を超え、指導人数は10万人に及ぶ。
著書に『アドラー流たった1分で伝わる言い方』『アンガーマネジメント 怒らない伝え方』(共にかんき出版)、『マンガでやさしくわかるアンガーマネジメント』(日本能率協会マネジメントセンター)などがある。

あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

https://p-dress.jp/articles/5317

怒りに任せて、つい嫌なことを言ってしまい、後で「あれは本心じゃないのに」「あんなこと言わなきゃ良かった」と思っても後の祭り……。そんな事態を防ぐために取り組みたいのが「アンガーマネジメント」です。連載2回目は、「カッとなったときに有効な対処術」を日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいます。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


習慣

関連する投稿


美しい女性たちに聞く「淑女の心得」【猫川舐子】

美しい女性たちに聞く「淑女の心得」【猫川舐子】

私の考える「美しい女性」とは、人間らしさにあふれ、多様性に対する理解と寛容さがあること。これらの要素を持ち合わせる私の周りの素敵な女性たちに、美しくあるための「淑女の心得」について教えていただきました。彼女たちが理想の女性像を体現するために心の内に掲げるポリシーや、普段の生活で心がけていることをご紹介します。


自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

昨年から手帳のプロデュースを始めた長谷川朋美さん。人生の優先順位を順に叶え、自分らしい人生を手に入れるための手帳術をご紹介します。どれも長谷川さんご自身が実践していることばかり。具体的なので今日からでも取り入れて、進みたい未来に近づいて。


あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

怒りに任せて、つい嫌なことを言ってしまい、後で「あれは本心じゃないのに」「あんなこと言わなきゃ良かった」と思っても後の祭り……。そんな事態を防ぐために取り組みたいのが「アンガーマネジメント」です。連載2回目は、「カッとなったときに有効な対処術」を日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいます。


素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

「夜活」という言葉をご存知でしょうか。「朝活」はよく話題になりますが、この「夜活」は耳慣れないという方も多いかもしれません。「終わりよければすべてよし」という言葉と同じように、1日をどう終わるかということが、毎日の充実度に大きく影響してきます。今回は夜活の心得とおすすめの夜活をご紹介します。


怒りっぽい、怒れない自分を変えたいなら「アンガーログ」を始めよう

怒りっぽい、怒れない自分を変えたいなら「アンガーログ」を始めよう

「今日もカッとなってキレちゃった……」「また言いたいことをガマンしちゃった……」そんなふうに後悔することはありませんか? そんな「怒りっぽい人」や、反対に「うまく怒れない人」が“怒り”の感情とうまくつき合うための方法を、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


最新の投稿


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 「DRESS」では1月、「友達」特集(仮)をお届けします。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


1月特集「トモダチってナニ?」

1月特集「トモダチってナニ?」

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今の友だちに満足している人も、友だちを増やしたいと思っている人も、今あらためて、友だちについて考えてみませんか。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポット、ひとりの時間など、友だちを再考するきっかけを提供します。自分が理想とする友だち関係をつくっていこう!


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ZARAのオンラインショッピングをしてみました。自宅で試着でき、さらに、あらかじめ考えておいたコーデを自宅で実際に着られるという、買い物の新しいスタイル。手持ち服×新しいアイテムでコーディネートを3パターン以上考えられたら即決OK、と決めています。皆さんも新しい買い物の形を試してみては。


おっぱい