1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

Share

「夜活」という言葉をご存知でしょうか。「朝活」はよく話題になりますが、この「夜活」は耳慣れないという方も多いかもしれません。「終わりよければすべてよし」という言葉と同じように、1日をどう終わるかということが、毎日の充実度に大きく影響してきます。今回は夜活の心得とおすすめの夜活をご紹介します。

素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

■夜は自分を癒し、高める時間

あなたは自分の「夜の時間」を、いつもどう使っていますか?

仕事柄、残業が多くて寝るためだけに帰っている人、家事や子育てに追われて毎日があっとういう間に過ぎ去ってしまう人、独りぼっちで寂しいのでつい飲みに行ってしまう人。

いろいろな夜の過ごし方があると思います。

しかし、夜は自分のために使える唯一の時間。自分のために、今日から夜活を始めませんか。

今回は、夜活を充実したものにするための心得と、おすすめの夜活をご紹介します。

■オススメの夜活とは?

おすすめの夜活

夜活といっても、実際夜活って何をしているの? と思う人もいると思います。基本的には自分のために、自分がやりたいことにじっくり取り組む時間を作るのが夜活の趣旨。最近話題になっている夜活をピックアップしてみましょう。

ストレッチやリンパマッサージ

お風呂あがりにストレッチをして体全体をほぐしておくだけでも、翌朝の疲れが違います。体のいろいろなところを伸ばしていきながら、体の調子を確認していきましょう。

体のメンテナンスとして、ストレッチと合わせてリンパマッサージもおすすめです。ボディクリームを塗りこみながら、滞ったリンパを流していきます。

インターネットでリンパのことを調べてみると多くの情報が出てくるので、それを見ながら全身をマッサージしてもいいですね。

体に優しい飲み物を飲みながらホッとする時間を

日中の仕事や家事・育児でストレスが溜まっていると、「何もしなくていい時間」を心から幸せに感じると思います。その時間をあえて夜活で作ることで、すり減った心を回復させていきましょう。

好きな飲み物、体に優しいハーブティーなどを飲みながら、日中のことを何も考えない。外部との接触の断つ。それだけで心が落ち着いていくのがわかると思います。ストレスは体にも心にも悪影響を及ぼします。

その日のストレスはその日のうちに忘れてしまいましょう。

体と肌の総点検

夜の時間を使って、頭からつま先まで、自分の体の総点検をしてみませんか。

乾燥しているところがあったり、爪が思いのほか伸びていたり、知らないうちにあざができてしまっているのを見つけたり、自分の体なのにいろいろな発見があると思います。肌や体のトラブルを発見したら。その場ですぐに対応してくださいね。

資格の勉強で自分を高める

落ち着いた時間を取れるのが夜しかない、という人は資格の勉強に充てるのもいいと思います。

特に夜のうちに勉強したことを、翌朝復習することで、知識がより定着しやすくなります。睡眠時間を使えば、短時間でも効率よく勉強することができますよ。

日記を書く

その日のことを振り返って日記を書くのもオススメです。

嫌なことがあっても書き出してみれば意外とスッキリしますし、少し時間をおいてみると「自分も悪かったな」と素直に反省できることもありますよね。

日記を書きながら、明日やるべきことを整理すると朝から計画通りに行動できます。

■夜活のための4つの心得

夜活をするうえで、心得ておくべき4つのことをチェックしておきましょう。夜の時間を充実させたいと思うなら、自分で夜活のルールを持っておくことも大切です。この心得をベースに、自分なりのルールを作ってみてくださいね。

1.夜は自分を休める時間。リラックスできる格好を

朝目覚めてから、着替えて外へ出かけて帰ってくるまで、体はずっとストレスを感じている状態です。

下着の締め付けは意外と体へのストレスになっているもの。下着を取った瞬間に開放された気持ちになるという人も多いのではないでしょうか。

夜活をするときには、できるだけリラックスできる格好をしてください。締め付けの少ない、寝るとき専用の下着に変える、下着をつけないなど、できるだけリラックスして体を休められる服装に着替えてくださいね。

下着の締め付けだけでなく、体が冷える格好もやめましょう。体をいたわる時間にしたいもの。

2.雑音をできるだけ取り除いて

夜は体も心も回復させてあげる時間。

雑音になるもの、つまりあなたにとってストレスになるものはできるだけ取り除きましょう。育児中のママはなかなか難しいかもしれませんが、家族に協力してもらって週に1回でもそういう時間を確保してほしいものです。

SNSやスマホの連絡など、外部の接触はストレスのもとになりやすいです。また、仕事の持ち帰りや必要以上の家事もここではやめておきましょう。

家事は最低限のことをやっておいて、まとめてやれる分は週末に回してもいいですよね。とりあえず心と体を休めることが大事です。

3.細かく時間を限ってダラダラ防止!

夜の時間では、自分を高めたり、癒したり、回復させたりとさまざまことができますが、ダラダラしすぎてしまうのが一番ダメ。ダラっと過ごしていると時間ばかり無駄にして、充実感の得られない夜活になってしまいます。

人と会う夜活ならダラダラするのは防げますが、家での夜活はダラダラしないように、あらかじめ時間割を決めて行動に移しましょう。

4.睡眠はきちんと確保する

夜活がはかどりすぎて睡眠時間を削る、なんてことにはならないように。睡眠は絶対におろそかにしてはいけません。

肌にも体調にも影響が出ますし、睡眠不足で日中の仕事や家事・育児に支障が出てしまっては本末転倒。

そもそも日中の活動のために夜活で自分を癒したり、高めたりしていこうというのが、ここでいう夜活です。睡眠の時間は十分に確保してくださいね。

■夜の時間を使って今より素敵な女性に!

夜活では朝活と違って、その日の終わりの時間にいろいろな活動をします。1日の終わりですから、心と体のケアを中心に、ストレスやトラブルを解決してしっかり次の日に備えましょう。

夜の時間が充実したものになると、毎日が自然と楽しくなっていきます。自分だけの夜の時間を楽しんでくださいね。

Share

大塚 ちえ

都内で働く金融系20代OL。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、キャリアやお金、結婚・恋愛のことなどいろんな女性の悩みに向き合う。現代日本に生きる働きすぎな女性にエールを送る記事をお送りします。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article