人生の選択~ビューティー・メイクが私のライフワークになるまで【MOTOKO美容塾#13】

人生の選択~ビューティー・メイクが私のライフワークになるまで【MOTOKO美容塾#13】

「ビューティー・メイク」が私のライフワークですが、ここに至るまで様々なターニングポイントがありました。自分の心に正直に、ひとつひとつ丁寧に選択していくことが今の自分につながっています。そして、これからも…。まだまだ探求すべき道は続きます。


こんにちは、MOTOKOです。

私は、小さい頃から、祖母や母がメイクをして綺麗になっていく過程を見るのが大好きでした。綺麗な色のアイシャドウやリップなどの化粧品も大好きで、大人になってからは、いろいろ買い揃え、持っているだけで嬉しい気持ちになったものです。

実は、自分自身のメイクにはあまり興味はなく、周りの人たちにメイクをしてあげて、綺麗になった姿と喜ぶ笑顔を見るのが本当に幸せだったのです。当時の気持ちが今でも仕事の原動力になっていますが、プロになって23年、メイクの奥深さをますます実感する今日この頃です。

まずは、私が現在のメイク・スタイルを確立するまでに、プロのメイクアップアーティストとして経験してきた様々なメイクについてご紹介します。

■プロのメイクアップアーティストとして経験してきた様々なメイク

ファッション・ランウェイメイク

ニューヨークやパリ、ミラノなどのデザイナーズ・コレクションや、ファッション誌のページを飾るモデルのメイクです。

デザイナーやカメラマンの意図する世界観を表現することが求められるため、クリエイティブで個性的なメイクや、反対に、ほとんどメイクをしないくらいのナチュラルメイクもあります。創造性の豊かさが求められ、どこかに必ずアクセントを作るのが特徴です。

役作りメイク

映画やテレビに登場する役柄を表現するメイクです。本人の個性や年齢と関係なく、役に合った顔や雰囲気を作り出す面白さがあります。

綺麗にすることだけが目的ではなく、生活感を出したり、役に自然にフィットすることが大切です。また、魔女や妖精役などのメイクに見られるように、クリエイティブな要素が必要になることもあります。

特殊メイク

1998年、俳優の永瀬正敏さんに、Yohji Yamamotoブランド「AAR」のロゴが入った布に弾丸が貫通し、流血した状態をメイクで作りました。
Photo credit:Christopher Doyle

火傷や傷、ヒゲなどを作りだしたり、特殊な外見を表現することが求められ、創造性、経験、そして細かいこだわりの技術が必要なメイクです。

今は老け顔やエイリアン、ゾンビ系などは、特殊メイク専門のチームが担当することが多いですが、私がメイクを始めたころは、映画やテレビ業界のメイクアップアーティストは特殊メイクができてあたりまえという時代でした。

私も傷を作ったり、流血しているようにメイクをしたりしましたが、その最中に自分の体が、さも怪我をしたように疼いてきてしまい、苦手でしたね(笑)。

ビューティーメイク

FOXのトークショー「THE REAL」のPR撮影で、私がメイクを担当する司会者のタマラとセルフィー。

その人の持つ美しさを引き出し、最大限に綺麗にするメイクです。ハリウッドではレッドカーペット、雑誌撮影、映画やテレビのプレスのメイクがこれにあたります。

綺麗にするためには、肌質・顔形・パーツの位置や形によって異なるメイク方法・プロセスを知っていることが大切です。さらに、パーソナリティー・TPO・本人の希望によって的確なメイクの選択ができることが重要です。ビューティメイクは他に比べ易しいようで、実はけっこう奥深いのです。

■ひとつひとつの決断が今につながる

様々なメイクを経験する中で、役作りや特殊メイクは自分に合わないという感覚がありましたし、「自分が一番やりたい、一番ハッピーになれるのはビューティーメイクだ」と、確信にも近い思いに至ったのです。

また、ロサンゼルスはハリウッドの仕事が多く、ファッション・ランウェイメイクはニューヨークが本場です。ニューヨークも魅力的でしたが、気候や仕事の仕方がより自分に合っていたロサンゼルスを拠点に活動することを選択しました。

こうして、人を綺麗にすることが何より楽しかった私は、女優たちを綺麗にするビューティーメイクのスペシャリストになろうと決めたわけですが、これが私の人生にとっては大正解でした!

そして、ビューティーメイクといえども、女優やモデルのメイクと、一般の方のメイクでは、コンセプトが違います。

次回はこの違いに関してお伝えしようと思います。

この記事のライター

ハリウッドを拠点に活動するメイクアップアーティスト。日本で6年間銀行勤務の後、結婚し渡米。銀行員のキャリアを続けながら、メイクの勉強を本格的にスタート。メイクの世界へキャリアチェンジし、名だたるプレステージエージェントを経て...

関連するキーワード


メイク

関連する投稿


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


2018年に運気をまとうメイク術! 大切とされるのは「大人の美しさ」や「上品な装い」

2018年に運気をまとうメイク術! 大切とされるのは「大人の美しさ」や「上品な装い」

2018年はいったいどのような一年になるのでしょうか。さまざまなメディアを舞台に占い師として活躍するそまり百音さんが、東洋占星術の視点から徹底解説! 合わせて、2018年に運気をアップさせるメイク術もご紹介します。


相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

相手の印象に残る顔は、一貫性を持たせた「正解メイク」でつくる

「顔を覚えてもらいにくい」「顔の印象が薄い」。そんな風に感じるなら、メイクの方向性にまとまりがないのが原因かもしれません。パーツ毎のメイクが、全体的に見たときにちぐはぐな印象にならないように、あらかじめゴールを決めて、仕上がりをイメージしながらメイクしてみて。


雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法は簡単。“チャームポイント”を丁寧にメイクするだけ

雰囲気美人になる方法をご紹介します。近頃、美容雑誌で目につく「雰囲気美人」という言葉。鼻が高い、目が大きいなど、「美人」の条件とも言えるパーツを持ち合わせていなくても、なんとなく「あの人、美人」と思わせてしまう不思議な魅力を持っている女性のことを言うようです。「雰囲気美人」を徹底研究した結果、わかったこととは――。


バラの恵みを贅沢に閉じ込めました。ディオールのクッションファンデ

バラの恵みを贅沢に閉じ込めました。ディオールのクッションファンデ

ディオールは、ディオール プレステージ ラインより、1日中続くバラ色の艶肌を叶えるラグジュアリー クッション ファンデーション「プレステージ ル クッション タン ドゥ ローズ」を全国にて発売開始しました。光を反射するなめらかなフォーミュラで、美しい花びらのような肌色が叶う逸品です。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。


おっぱい