恋愛/結婚/離婚

恋愛も結婚もしたい。たとえ一度上手くいかなかったとしても、諦めずにつかみとりにいきたい。離婚から立ち直って再スタートしたい。幸せなパートナーシップを築きたい女性に向けたコンテンツをお届けします。

恋愛/結婚/離婚に関連するキーワード

はあちゅう 離婚 川崎貴子 結婚 恋愛 セックス 婚活 独身 年下男性 年下彼氏との恋愛
>>恋愛/結婚/離婚に関連するキーワード一覧

おしゃれ過ぎる男、実は苦手です……【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

おしゃれ過ぎる男、実は苦手です……【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

恋人にするなら、おしゃれ過ぎる男より「ちょいダサな男」の方がいい?!  


1:1.38の数字に見る、婚活女性の圧倒的「売り手市場」【ご勝手婚活特報】

1:1.38の数字に見る、婚活女性の圧倒的「売り手市場」【ご勝手婚活特報】

国立社会保障・人口問題研究所が昨年6月、18歳から34歳の未婚男女およそ5000人らを対象に実施した結婚、交際に関する調査結果が発表されました。男女共、意外に高かったのが結婚願望。一方、異性の交際相手がいない人の数は、前回5年前の調査から1割も増加。このデータ、あなたはどう見る?


自分にとって「今一番の最善」を選択する人生を【未婚の母という生き方 #4】

自分にとって「今一番の最善」を選択する人生を【未婚の母という生き方 #4】

独身で幸せな人、結婚して幸せな人、離婚して幸せな人、子どもを持って幸せな人……幸せの形は人それぞれだと気づいたJunさん。1年前に未婚の母になりました。自分も子どもも幸せで過ごせるなら、父母が揃った家族でなくてもいいし、そのときどきで最善の選択をしていけばいい――自らの経験を振り返り、思いを綴っていただきました。


子どもに幸せになってほしいなら、まずは母自身が幸せになろう【未婚の母という生き方 #3】

子どもに幸せになってほしいなら、まずは母自身が幸せになろう【未婚の母という生き方 #3】

40歳で未婚の母となった小檜山知萌子さん。産むという決意は固かったものの、ひとりで育てられるか不安に苛まれた時期も。そんな不安を乗り越えたのは、複数の収入源を作る仕組みを整えたときのことでした。


マーケティングで婚活はうまくいく。

マーケティングで婚活はうまくいく。

婚活に行き詰まっている理由を「いい出会いがないから」「自分に合う人がいないから」で済ませている方は少なくありません。自身のターゲット像に合わせた適切なマーケティングが婚活のヒントになります。


「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第9話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第9話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。<第9話>


「世帯年収600万円くらいでいい」1年以内に婚活を卒業するバリキャリ女性が考える結婚とお金

「世帯年収600万円くらいでいい」1年以内に婚活を卒業するバリキャリ女性が考える結婚とお金

稼ぐ力のある独身バリキャリ女性は、自分よりも高年収の同世代男性を希望しがち。しかし、彼らを狙う女性たちは数多く、相当な激戦区であり、勝利を収めるのに時間もかかるだろう。すばやく結婚を決めるには条件の棚卸しが必要だ。1年以内に婚活を卒業したバリキャリ女性たちの“考え方”を見てみよう。


「信じる優しさ」と「疑う優しさ」が半分ずつ。半信半疑の夫婦関係がちょうどいい。

「信じる優しさ」と「疑う優しさ」が半分ずつ。半信半疑の夫婦関係がちょうどいい。

夫婦のように超近距離な人間関係も、信じるのは半分くらいでいいし、疑うのも半分くらいでいい――。「半信半疑」でいようとすることは、リスクを考える余裕を生み出し、幸せを運んでくるコツなのかもしれません。


幸せになりたい! シンドローム【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

幸せになりたい! シンドローム【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

「私たち、絶対幸せになろうね!」 いつでも幸せを願っている人は、幸せをつかみにくい、かも。


「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第8話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第8話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。<第8話>


「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第7話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第7話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。


明確なビジョンが婚活を変える。

明確なビジョンが婚活を変える。

自分の中で結婚の意味を咀嚼し、具体的なビジョンを描いたところで、婚活のスタート地点に立ったといえるのではないか――。Webマーケティング会社経営者の視点から、婚活のヒントを提案する連載、始まります。


女を磨く離婚道 #8 離婚後の未来を切り拓くのは「懲りない女」

女を磨く離婚道 #8 離婚後の未来を切り拓くのは「懲りない女」

事実婚を含め、二度の離婚を経験した作家の島田佳奈さん。「幸せな人生を歩むために離婚を選んだのだし、離婚したからこそ再婚だってできる」。その前向きさが次にもっと、幸せな未来を引き寄せているのかもしれません。


「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第6話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第6話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……


多様性を受け止められる、余裕のある女性を目指したい

多様性を受け止められる、余裕のある女性を目指したい

恋愛界には多種多様な人々が暮らしています。その中を悠然と泳いでいきたいのなら「違い」を理解し、受け止める姿勢を持ちたいもの。


サプライズこそ、おとなの嗜み【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

サプライズこそ、おとなの嗜み【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

「あること」が原因で用心するようになったサプライズパーティ、だったけれど。


真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

真夏の婚活は10時/4時開始にするとうまくいく

婚活タイムとして人気なのは「お茶だけで済む」14時。でも、真夏に限っては例外だ。「真夏の婚活ベストタイムが午前10時と午後4時」な理由を大西明美さんが解説します。


ぽっちゃり・不美人でも婚活がうまくいく女性の特徴

ぽっちゃり・不美人でも婚活がうまくいく女性の特徴

「婚活に疲れた」「一休みしたい」「戦略を練り直したい」。そんな女性たち必読の書『となりの婚活女子は、今日も迷走中』を取り上げます。


オンオフが曖昧な暮らし方が作る、夫婦の幸せ時間。

オンオフが曖昧な暮らし方が作る、夫婦の幸せ時間。

オンとオフを分けたい人もいれば、兎村彩野さんのようにオンとオフをゆるやかにつなげた「半オン半オフ」状態で過ごしたい人もいます。オンオフが溶け合った曖昧な暮らしから見えてきたこと、気づいたことを綴ります。


【すぐやる実践婚活教室 #4】「薫り立つ女性美」は一輪の花で作られる

【すぐやる実践婚活教室 #4】「薫り立つ女性美」は一輪の花で作られる

婚活がうまくいかなくて悩んでいるあなた。男性から選んでもらおうとしていませんか? 「惚れさせ体質の女」になることこそ、最強の婚活必勝法。選んでもらうのではなく、選ばせる女性になる連載「すぐやる実践婚活教室」をお届けします。