1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 思わず引いてしまう女性からのLINE

思わず引いてしまう女性からのLINE

Share

いい感じだった男性からLINEがこないのはなぜ……!? もしかしたらこんなLINEが原因かも!? 今回は、男性が思わず引いてしまった女性からのLINEを見ていきましょう。

思わず引いてしまう女性からのLINE

※ 取材をもとにLINE画面を作成しています。

■Case1:今日の私通信

大人 LINE

やりとりを始めた時、何を送ったらいいか分からないときがありますよね。う~ん、何を送ろうかな……と、迷った結果、やりがちなのが、この「今日の私通信」。今日はどうだったというのをつらつらと送ってしまいます。

好きだからこそ、自分を知ってもらいたい! という気持ちで送ったLINEでも、受け取った相手は、返答に困っちゃうかも?
やりとりのはじめは、短文で相手が返信しやすいように、“?”を使って、お互いのことを知るところから始めたいですね。

■Case2:恐怖の追撃LINE

きょ、きょうふの追撃LINE……!

そう、本人は気付いていないのですが、このLINE、受け取ったほうはとっても重いのです……! 返事が来た瞬間、さらに怒涛のLINE。好きな相手にやりがちですが、送る前にいったん考える癖をつけたいものです。

■Case3:夜中の送信取り消し

大人のライン術

この「送信取り消し機能」ができてから、深夜の酔って送ったLINEを取り消すことができて最高! という声もありますが……。結果、こんな「ドン引きLINE」を生み出してしまうことも! 「飲みに誘ったけど、さっきのノリだと、引かれるかも……」と、あとで後悔しLINEを取り消すと、朝起きて相手が「!?」となってしまうこと間違いなし……です(笑)

怖い! 送信取り消し機能は便利な半面、使いすぎると「自分の発言に責任をもてないのかな」と思われてしまうことも……。

■Case4:感動を伝えたい

大人のライン

映画を観たあとの感動。伝えたいですよね~。でも、勢いあまってこんなLINEを送ってしまったら……? 主人公が「〇〇君と重なる」というのは誉め言葉のときと、そうではないときがあります。

このLINEの文面からは、まるで送った相手のことを「ひも男」と言っているみたい……。言ってるんじゃないよ、とわざわざ伝えるところがまた(笑)。感動を伝えたくて、長文で感想を送ってしまうことは控えましょう。筆者も映画を観た後、好きな人に深夜のラブレターを送ってしまうことがありましたが、朝起きて毎回大後悔! ……です。反省。

■Case5:盛れてる

大人のLINEで引いてしまう

かわいく盛れている画像がとれたら、好きな人に送りたくなりますよね。実際に送ってみて、「かわいい~!」と言われたことのある人も多いと思います。

でも、ちょっぴりそれは「やりすぎかな……」と思った女性は、斜め上の「おもしろく盛れている」画像を送ったみたい。身体を張っているのですが……。ちょっとやりすぎ!?

■相手に合わせる必要はないけれど……

今回は、思わず引いてしまう女性からのLINEを紹介しました。気軽にやりとりができるLINEだからこそ、「ちょっとした気遣い」が大事!

自分語りの「私通信」に、追撃LINE……。一か八かのネタ画像。そして深夜の感動シェア。「この子、自己中そう」と思われるLINEは控えて、相手の話と自分の話が交互にできるようなカジュアルで楽しいLINEを心がけましょう。

Share

毒島 サチコ

恋愛ライター。LINE記事を得意とし、自立した女性へ向けた恋愛記事を多数執筆。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article