コンプレックスに関する記事

コンプレックスとは、自分の嫌いなところ、劣等感のことをいう。コンプレックスは思春期に生まれやすいと言われています。対人関係の中で比較することで「劣等感」「優越感」が生まれる。


コンプレックスがあっても考え方次第で幸せになれる【Drまあや】

コンプレックスがあっても考え方次第で幸せになれる【Drまあや】

誰にでもコンプレックスはあるもの。ただ、コンプレックスに感じる事柄や悩みのレベル(度合い)は人それぞれです。コンプレックスとどう向き合うと良いのか、コンプレックスへのネガティブな気持ちを軽くするにはどうすれば良いのか。コンプレックスを打ち明けられる側の対応は。Drまあやさんが「コンプレックス」をテーマに書くコラムです。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


婦人科形成クリニックの選び方。女性器の悩みやコンプレックスを克服しよう

婦人科形成クリニックの選び方。女性器の悩みやコンプレックスを克服しよう

女性器に悩みやコンプレックスを持っている女性向けに、婦人科形成クリニックの選び方を喜田直江医師がご紹介します。女性器の悩みやコンプレックスを克服することで、女性の人生はいきいきと輝き始めるはずです。


臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

女性器にコンプレックスを持つ女性たちは、具体的にどんな点に悩みを抱えているのでしょうか。そして、それはそのままにしておいていいのか、何か対策を施したほうがいいのか。調査結果をもとに喜田直江医師が解説します。


女性器の悩み、形や色のコンプレックスは解消できる

女性器の悩み、形や色のコンプレックスは解消できる

「女性器に何らかの悩みやコンプレックスを持っている」と回答した20〜40代の女性は約6割。それが理由で男性との交際に進めず、望んでいるのに結婚・出産が叶わない女性も少なくありません。そんな女性器に関する悩みやコンプレックスは解消できます。喜田直江医師が解説します。


世間の「愛されメイク」を鵜呑みにしない。まずは自分の魅力を知ることから。

世間の「愛されメイク」を鵜呑みにしない。まずは自分の魅力を知ることから。

愛され(モテ)メイクをそのまま取り入れていませんか? でも、上手くいかない……。そんな人は自分の顔と改めて向き合うことから始めましょう。


美人じゃなくて良かった

美人じゃなくて良かった

どんな人でも歳を重ねれば、若かった過去の顔には戻りません。今回は「外見」ではなく「内面」をアイデンティティーにしていく大切さについて、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。アラフォーになって「美人じゃなくてよかった」と語る彼女の考えとは。


しなやかな美人を自らつくる。それが女性の自由への近道。

しなやかな美人を自らつくる。それが女性の自由への近道。

「美人の価値は年間120万円」 そんな調査結果を見たことがある。美人だと奢ってもらえたりプレゼントをもらったりの金額換算だと。美人は貨幣価値かいと思わず突っ込みたくなるけど、現実をイメージすればわからなくもない。