1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 偏愛リップと秋につけたいリップまとめ

偏愛リップと秋につけたいリップまとめ

Share

今年の夏は異常なほどの湿度で参ってしまいそうでした。そんな中でも、私ががんばれたのは味方になるような元気に見えるリップたち。【偏愛コスメ】#10では、季節はもう秋ですが、この夏偏愛したリップを備忘録としてご紹介します。後半では秋につけたいリップも取り上げています。

偏愛リップと秋につけたいリップまとめ

この夏にヘビロテしたリップとこの秋ヘビロテ予定のリップをレビューしつつ、詳しくご紹介します。

■夏は明るめな赤茶

リップの色で、顔の印象は大きく変わる。これは自論ですが、そのくらいリップの色は私にとってとても大事で、中でも「赤茶」と言われる色が好き。

DRESSで初めて書いたのは、秋色リップの記事「シーンで選ぶ秋色リップ〜デパコス編【偏愛コスメ#1】 」でした。そこで紹介した赤茶のリップよりも、今年の夏に使用していたリップは、少し明るめ。

これは個人的な見解ですが、春夏と秋冬では太陽の色が違う気がしていて、春夏は太陽の位置が高くて明るい光だから、明るめの色をつけている方が生き生きと元気に見える気がしています。

逆に秋冬では、低い位置から照らされる立体感のある光だから、少しくすんだ色をつけると、より大人っぽく、シックな装いになるような。

そんなことを考えながら、選ぶリップが自然と変わることに気づきました。

■パキッと明るめな赤茶

CEZANNE ラスティングリップカラーN 407

この夏一番使ったかな、と断言できるくらい使用したリップ。

明るめで赤が強めに出るリップ。でもブラウンが少し入っているから、ピンクに転じない赤で、非常に使いやすい。”ラスティング”と謳っているだけあって、落ちにくいのも特徴。

少しの飲食くらいなら、ほんのり残っているから、これから化粧直しができないな、というときにはとても重宝しました。

「いい色ですね」と品番を聞かれることも多かったのがこのリップ。プチプラなので紹介もしやすいし、何よりそのクオリティの高さに、おすすめ度が非常に高い一品でした。

■明るいオレンジブラウン

ルージュディオール ウルトラルージュ 436

赤茶ばかり手持ちが増え、新しい赤茶のリップを見に行ってもイマイチ新鮮味に欠けてしまうなぁ、と感じていたときに、BAさんに”似合いそうな色”と選んでいただいた色です。

セミセルフのお店だったので、たくさんある中から選んでいただき、そしてそれが非常に自分の好みに合ったので、とてもうれしく感じたのを覚えています。

デイオールのルージュディオールは、何本か使用していて、落ちにくさと発色の良さにとても気に入っているシリーズ。クリーミィなつけ心地で、セミマットな仕上がりですが乾燥しにくいので気に入っています。

436のウルトラトラブルという色は、明るめなオレンジブラウン。明るめなオレンジがベースなので、パッと元気に見える色です。

■これから活躍しそうなワイン色

ちふれ 口紅 549

「新しいリップを見てみよう」と思うきっかけはいろいろありますが、私は身近な人が素敵なリップをつけているなぁ、と思ったとき、似た色を探しに行くのも楽しみのひとつです。

最近は職場の方のボルドーのリップを見て「素敵!」と思ったのですが、ボルドーのリップは私の場合、モノによって顔全体が暗く見えてしまうのもあり、苦手意識のあるアイテム。

似合う色はとても素敵につけているのに、うまく使いこなせない自分にがっかりしてしまうときもあります。

手軽で試しやすい値段のちふれで、とても素敵で使いやすいボルドーがありました。

公式では「レッド系パール」と書いてあります。

深い赤で、肌馴染みの良いパールが入っています。唇の付けると、深い色で一気に秋冬の雰囲気になります。

これから秋冬に向けての準備運動に、ちょうど良い色です。

■リップクリームみたいに使えるくすんだ赤

イブサンローラン ヴォリュプテシャイン No.80 チリチュニック

実は本当に久しぶりで、3年ぶりくらいに買ったイブサンローランのヴォリュプテシャイン。今までなかったようなくすんだ色や赤茶がラインナップに加わっていることを最近知りました。

ヴォリュプテシャインはとろける様な柔らかいテクスチャーで、リップクリームみたいに塗りやすくて私は好きなリップです。
No.80のチリチュニックという色は「可愛い!」と言わずにはいられない色。

赤茶なんだけど、彩度は高く、透き通る赤茶(という表現がうまく表せているかはわかりません)。血液のような色で、唇が”生きてる”感じがする。

発売してからとても人気だったらしく、「ずっと品切れしていて、最近入荷したんですよ」という殺し文句と、使いやすい色に一目惚れしました。

何より金色のパッケージは気持ちが上がる。見た目も中身も良いリップです。

リップクリームのように潤うので、乾燥しやすい時期に積極的に使っていきたいアイテムです。

■この秋本命リップ

MAC リップスティック マラケシュ

マットで渋い赤茶。つけると一気に秋の風が吹く。そんな感じのリップ。

実は他の色が気になってMACへ見に行ったときに、テスターが一番えぐれていました。「きっと人気なんだろう」と思いタッチアップをしたら、最初に気になっていたリップを差し置いて買って帰っていた色。

一度この色をつけると、冒頭に推したセザンヌのリップが眩しく見えて、「もう私の夏リップの時期は終わりを迎えたな」と感じてしまうほど。

MACのマットは本当にマットなので、長時間つけるときやつけ直す際は、乾燥を防ぐための下地は必須です。

色の持ちがとても良く、パパッと塗ってもサマになる。

オレンジメイクとも相性が良いですし、くすみピンクを使用したメイクとも相性が良く、最近はヘビロテしている一品です。

■徐々にシフトチェンジを楽しむ

リップを紹介しながら、だんだんとリップの色味が暗くなっていることに気づきました。

アイメイクも秋冬の新色が出てきていますが、手っ取り早く雰囲気を変えられるのはリップ。

夏にたくさん使用したリップを紹介したいな、と思っていても、もたもたしていたら残暑はぶり返しながらも、もう秋に突入してしまいました(笑)。

現在使用している色はすでに秋色。衣替えをするように、リップのシフトチェンジも楽しめますように。

『偏愛コスメ』のバックナンバー

シーンで選ぶ秋色リップ〜デパコス編【偏愛コスメ#1】

シーンで選ぶ大人綺麗ネイル~デパコス編~【偏愛コスメ#2】

顔を血色良く見せる優秀アイシャドウたち。使い方も紹介します!【偏愛コスメ#3】

5アイテムで作る大人太眉。道具とやり方を詳しく紹介【偏愛コスメ#4】

私が好きな顔になれる。2018年ベストコスメ【偏愛コスメ#5】

シーンで選ぶお気に入りリップ~プチプラ編【偏愛コスメ#6】

シーンで選ぶ大人綺麗ネイル~プチプラ編~【偏愛コスメ#7】

香水のない人生なんて考えられない。愛しい香水6つ【偏愛コスメ#8】

お金も時間も無理しない、自分を好きでいるための美容習慣【偏愛コスメ#9】

『午後からの顔と心』を支える名品たち #きれいの秘密はポーチの中に

テカリじゃなくて『ツヤ肌』を叶える! 夏の優秀ベースメイクアイテムたち

パートナーに贈る『ポーチの中身』の選び方。全商品お試しレビュー!

夏のツヤ肌メイク術、詳細レポート。メイクアップアーティストCeCeさんから学んだこと

偏愛リップと秋につけたいリップまとめ

Share

ゆっこ

化粧は武装。主に赤茶・茶・オレンジを偏愛する。デパコス・プチプラ問わず、自分に似合う、自分がアガるコスメを探すのが好き。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article