1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. お金も時間も無理しない、自分を好きでいるための美容習慣【偏愛コスメ#9】

お金も時間も無理しない、自分を好きでいるための美容習慣【偏愛コスメ#9】

Share

モデルでも美容のプロでもないけれど、自分が納得して満足できる範囲でキレイでいたい。内側からと外側から、「明日の美」のために偏愛して使っているもの、実践していることなどをまとめました。

お金も時間も無理しない、自分を好きでいるための美容習慣【偏愛コスメ#9】

肌荒れ、くすみ、なんかしらの不調。毎日予期せず訪れ、気分を曇らせる原因になるもの。

日に日に身体や肌の衰えに抗うように、藁にもすがる思いでサプリメントを頬張る日もありました。

ところが期待に反して、最初は効いた気がしても、だんだんと余計に身体が怠くなったり、逆に肌荒れがひどくなることも。SNSで溢れる美容情報に翻弄されていた時期もありました。

「がんばるの疲れたから、少し引き算していこう」と思ってから、なんとなく続けていること、その中で出会って偏愛しているアイテムなどをご紹介します。

■朝の白湯

もはや定番と言えば定番な美容習慣かもしれませんが、5年ほど前から地味に続けているので、朝の白湯は身体を目覚めさせる「スイッチ」のようなもの。

起きたばかりの身体には、体温と同じかそれより温かな白湯でじんわり温める。

夏は少し汗ばみますが、「なんとなく身体に良いことしてるな〜」と自己満足に浸れる良さから始めました。冬は唇や頬も上気して、メイクのノリも良くなります。

少し調べてみると、白湯の効果には痩せ効果が期待できるとか、自律神経を穏やかにしてくれるとか、いろいろな良いことがあるみたいですが、個人的に痩せ効果は感じていません(笑)。

冷えたキッチンに早朝から立って、再びキッチンに立つ夜にはクタクタになっているであろう自分を、ほんの少し労ってあげる時間を作るために、私は白湯を飲んでいます。

■信頼できるスキンケア

もう何度もツイッターで紹介しているし、最近は使用した感想のツイートもよく目にするようになりました。

年明け1月に出会ったスキンケアブランドのシュープリームノイ 。きっかけは本当に肌がぴっかぴかにキレイな人からいただいたもので、それまではずっと慢性的にこめかみあたりにできる、大くて痛い吹き出物に悩んでいた時期でした。

食べ過ぎてもいないのに周期的に顎の周りに大きいニキビができたり、まぁひどい状態だったときです。

このスキンケアに出会ってから、今ではその悩みもほぼなくなり、ファンデーションをつけなくても気にならない程度に、肌の悩みは改善したと感じています。

とはいっても、もちろん人によって合う・合わないがあるので、自分に合ったスキンケアに出会うことはなかなか難しいと思います。

ニキビやくすみ、肌の乾燥に悩んでいる方がいたら、選択肢のひとつにおすすめしたいブランドです。

あともうひとアイテム。これは顔にも身体にも使用しているアイテムですが、DRESSの編集長、池田さんのツイートを見て、早速次の日ドラッグストアに買いに走ったものです。

池田さんはいつ見ても肌がキレイな方。その方が実践しているものを、試さずにはいられませんでした。

菊正宗 日本酒の化粧水

ポンプ式で大容量。保湿もしっかりとしてくれるので、4月に買って以降、顔には時々、身体には毎日しっかりと付けています。

効果は言わずもがな。ボディクリームのベタベタが苦手な私は、この化粧水をしっかりと付けて保湿しています。

どうやら減りが早いので確認したところ、敏感肌の旦那も一緒に使用していたようですが、2カ月経った今、やっと使い切りそうなほどコスパが良い!

前出のシュープリームノイの化粧水を定期購入するまでは、新しいものが来る間につなぎとして使用したり、しっかり保湿したいな……という気分の時に菊正宗の化粧水をたっぷり(それこそ浴びるように)使用しています。

刺激も一切なく、本当にしっとり。残量に怯えることなく、たっぷり思い切り使えるのでとても良いです。

■腸活

「腸活」、いわゆる腸内環境を整えて、健やかな排便を促進する、という私の解釈です。

10代のときから便秘に悩まされ、出産を機になぜか改善したように感じていたのですが、30代半ばにして再び悩まされることに。生理前の1〜2週間が特にひどく、スカートのチャックを閉めるのが精一杯な日もありました。

納豆にヨーグルト、キムチなどの乳酸菌たっぷりの食べ物はもちろん、シリアル、ゴボウ、キウイ、プルーンなどのお腹に良いと言われている食べ物から乳酸菌の錠剤など、ありとあらゆるものを試して、辿り着いたのはこちら。

八海山 麹だけでつくったあまさけ

20代後半頃に、女優さんが好きで飲んでいるというニュースを見て試したときには、ピンとこなかったんですが、歳を重ねてその良さを実感することになるとは思いもしませんでした(笑)。

その女優さんが紹介していたときに、「飲む点滴」と仰っていたのを記憶していますが、まさにそれかと。わりと即効性を感じやすいのもその理由で、肌がね。なんかピンとするんですよ、次の日。

そして本当に思わず誰かに話したくなるような(実際ではしちゃいけないです、きっと)とても素敵な排便タイムを味わえます。

便秘が続くと、肌にもメンタルにも良くないですよね。

肌のキメは荒れ、ブツブツするわ、お腹も常にゴロゴロしているし、ボトムスはそのお腹の膨らみをしっかり拾ってくれて、本当に気分が鬱々とします。

快便が続くと、お腹も気分も本当にハッピー。なので、排便の“質”を大事にしたいと思い、私は甘酒に行き着きました。

朝か夜、1日1杯牛乳で割って飲みます(豆乳もおすすめです)。寒い日は少し温めます。

■ヘアオイル

bojico オーガニックエッセンシャルセラム

最近髪を切りました。それまでは胸の下辺りまで、約3年間髪を伸ばしていました。

私の髪は2カ月に1回縮毛矯正をし、カラーを入れ、さらに毎日毛先はコテで巻くという、髪の毛にとってはこれ以上傷めつけようもない有様でした。

それでも、ひどい状態にならず3年も伸ばせた理由は、ヘアオイルを毎日たっぷりとつけて保湿をしていたから。特に良かったのは、「bojico オーガニックエッセンシャルセラム」です。

1プッシュでとってもしっとり。そして良い香り。お風呂の後も、朝髪を巻く前も、これ1本で済んでいました。

今は髪を切ったので、2プッシュくらいつけて、少し濡れ感を出して巻いています。自分で言うのもなんだけれど、とても良い感じにまとまってすごく好き。

美容院で購入していましたが、最近ではセレクトショップでも取り扱っているのを見かけます。

アパレルブランドのアーバンリサーチとのコラボ商品は、柑橘系の香りがとても心地よく、ショップも多く買いやすいので、最近はアーバンリサーチコラボのものを2、3回リピートしています。オリジナルなものは、イランイランの香りのする「Y」が好きです。

こちらのアイテムはヘアオイルと紹介していますが、身体にも手にも使用できるマルチなオイルです。ただ、精油を使用しているため、妊娠中の方やアレルギーをお持ちの方は、一度確認してみることをおすすめします。

■3食のどこかで必ずたんぱく質を摂る

何でもいいんです。「必ず」とか言ってますけど、気を張らなくて良い。がんばると義務みたいになって、辛くなる性分なので。

納豆、豆腐、ゆで卵、肉か魚。最近はお魚の値段が高いので、豚肉が多いかな。タイムセールで売っている、柔らかい牛肉などは時々。

子どもや旦那にはがんばって食べさせますが、自分のこととなると残り物で良かったりしてしまうので、意識してたんぱく質を摂らない限り、全然摂ってない……と気づいたのは、肌が荒れてから。

肌も爪も髪も、たんぱく質からできている、というツイートを目にしてから、毎日お弁当にゆで卵を入れるようにしています。

ゆで卵なら、週のどこかに何個も茹ででおいて、殻のまま冷蔵庫に入れておけば2〜3日の間に使い切ってしまう。あとは納豆やお味噌汁に入れた豆腐などで少し補う、くらいの感覚です。

たまごが苦手な方は、少し美味しいお豆腐なども手頃で、お腹にも優しくて良いです。スーパーで買える、充填式の豆腐ではない豆腐。

1個100円以上するものがオススメですが、美容パックを買うより、総合的に見てとても安くていい買い物だと思っています。

肌が荒れにくくなるのと、1週間に1度、セルフネイルでポリッシュを変えていますが、爪が割れることも今はないです。

■無理しない習慣を積み重ねる

無理せずに、毎日習慣として続けることが、キレイへの近道だと思います。

高い基礎化粧品はなかなか続かないし、「がんばるぞ!」って気を張るものでもない。

私は面倒くさがりで不精な性格なので、どれも「無理のない値段で、特別な場所に足を運ばなくてもできること」をモットーに続けています。

女優やモデルみたいな美しさを目指すわけではなく、年相応に、でも自己肯定感を高められる美容を続けたい方に、おすすめです。

『偏愛コスメ』のバックナンバー

シーンで選ぶ秋色リップ〜デパコス編【偏愛コスメ#1】

シーンで選ぶ大人綺麗ネイル~デパコス編~【偏愛コスメ#2】

顔を血色良く見せる優秀アイシャドウたち。使い方も紹介します!【偏愛コスメ#3】

5アイテムで作る大人太眉。道具とやり方を詳しく紹介【偏愛コスメ#4】

私が好きな顔になれる。2018年ベストコスメ【偏愛コスメ#5】

シーンで選ぶお気に入りリップ~プチプラ編【偏愛コスメ#6】

シーンで選ぶ大人綺麗ネイル~プチプラ編~【偏愛コスメ#7】

香水のない人生なんて考えられない。愛しい香水6つ【偏愛コスメ#8】

お金も時間も無理しない、自分を好きでいるための美容習慣【偏愛コスメ#9】

『午後からの顔と心』を支える名品たち #きれいの秘密はポーチの中に

テカリじゃなくて『ツヤ肌』を叶える! 夏の優秀ベースメイクアイテムたち

パートナーに贈る『ポーチの中身』の選び方。全商品お試しレビュー!

夏のツヤ肌メイク術、詳細レポート。メイクアップアーティストCeCeさんから学んだこと

偏愛リップと秋につけたいリップまとめ

Share

ゆっこ

化粧は武装。主に赤茶・茶・オレンジを偏愛する。デパコス・プチプラ問わず、自分に似合う、自分がアガるコスメを探すのが好き。

関連記事

Latest Article