女性器の悩み、形や色のコンプレックスは解消できる

女性器の悩み、形や色のコンプレックスは解消できる

「女性器に何らかの悩みやコンプレックスを持っている」と回答した20〜40代の女性は約6割。それが理由で男性との交際に進めず、望んでいるのに結婚・出産が叶わない女性も少なくありません。そんな女性器に関する悩みやコンプレックスは解消できます。喜田直江医師が解説します。


■女性器の悩みは打ち明けにくい?

出産がきっかけで女性器が変形したり、痛みの恐怖におびえたり、相談した医師や心を打ち明けられるはずのパートナーからの心ない一言をきっかけ、人との違いに深刻に悩むようになったり……自分の女性器に悩みやコンプレックスをもつ女性は多くいます。

コンプレックスの内容は人によりさまざまです。

・黒ずみや臭い
・膣のゆるみ
・小陰唇のヒダの大きさ
・大陰唇のたるみといった性器の色や形の悩み
・クリトリス包茎による不感症の悩み
・処女膜のつっぱりによるセックス時の激しい痛み
・更年期前後のセックスによる膣の痛み


など、挙げればきりがありません。

2016年に20~40代の女性を対象に実施した、OLネットワークの調査によると、「女性器に何らかのコンプレックスがある」と答えた女性は58%にものぼります。しかし、デリケートな問題だけに他人には相談しにくく、どんな病院に行けばよいのかもわからずひとりで悩みを抱えている人が大半です。

それぞれが抱えるコンプレックスの多くは他人には理解されにくく、また、デリケートな問題であるため相談しにくい悩みでもあります。そのため一人で抱え込んでしまう人が多く、結果としてますます深刻化してしまいます。

勇気を振り絞って訪れた産科や婦人科では「病気ではないから」と相手にしてもらえなかった、救いを求めて訪れた病院で心ない言葉をかけられて、かえって悩みやコンプレックスを深めてしまった、という人も少なくありません。

■人生を左右することもある女性器の悩み、コンプレックス

また、女性器の悩みやコンプレックスは、人生にも大きな影響を及ぼすケースが多いのも大きな特徴です。

他人に見られるのが怖いため、温泉や大浴場に入れない、婦人科系のがん検診を受けられないなど生活上の問題を抱えている人がいるだけではありません。生涯の伴侶として理想的な人に巡り会えても、肉体関係に踏み込めず交際を続けることさえできず、結婚して子どもを育てるという、ごく普通の幸せさえも諦めてしまう人が少なくありません。人生さえも左右してしまう、女性器にまつわる深刻な悩み――女性器の悩みやコンプレックスからは一生逃れられないのでしょうか。

泌尿器科や婦人科だけではあらゆる女性器の悩みやコンプレックスを解消することは困難ですが、形成外科や美容整形まで含めた総合的な知識と技術があれば、どんな悩みも解決できます。

実際に治療を受けた人の中には、治療がきっかけとなって男性とのお付き合いに前向きになれるようになり、人生の伴侶と呼べる人に出会えた女性、結婚後も10年以上性交渉ができず子どもを持てなかった女性が子どもを授かり、思い描いていた理想の家庭を手に入れたケースなど、悩みやコンプレックスを取り去ることで、人生に前向きになれるようになった人が大勢います。

自分ひとりだけが抱えていると思いがちな女性器の悩みやコンプレックスは、決して一部の特殊な人だけに限った悩みではありません。

これから5回にわたる連載では、女性にまつわるさまざまな悩みやコンプレックスを紹介し、それらを改善するための解決策も紹介していきます。

Text=喜田直江
平成13年京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。平成15年形成外科医として、形成外科の基本から縫合の技術まで幅広く習得。平成18年大手美容外科にて美容外科・美容皮膚科全般を習得。とくに婦人科系の美容手術は、日本でも有数の症例数を誇る。平成23年10月、東京都中央区銀座でなおえビューティークリニックを開院。日本形成外科学会会員、日本性科学会会員、ビビーブ認定医、ウルトラヴェラ指導医。著書に『女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩』などがある。


■女性器の悩みに関連する記事

臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

https://p-dress.jp/articles/2583

女性器にコンプレックスを持つ女性たちは、具体的にどんな点に悩みを抱えているのでしょうか。そして、それはそのままにしておいていいのか、何か対策を施したほうがいいのか。調査結果をもとに喜田直江医師が解説します。

「ヒダ、大きくない?」女性器の悩みやコンプレックスを深刻化させる一言

https://p-dress.jp/articles/2617

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。

女性器の悩みやコンプレックスを治療で克服した4人の女性たち

https://p-dress.jp/articles/2659

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性たちは、どのようにしてそれらを乗り越えたのでしょうか。実際にあった悩みやコンプレックスから、それぞれの施術まで、喜田直江医師が詳しく解説します。

恋愛、出産……女性器の悩みやコンプレックスを克服すれば、女の人生は輝き始める

https://p-dress.jp/articles/2708

女性器に悩みやコンプレックスを持っている女性向けに、婦人科形成クリニックの選び方を喜田直江医師がご紹介します。女性器の悩みやコンプレックスを克服することで、女性の人生はいきいきと輝き始めるはずです。

この記事のライター

京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術を経験。その後、形成外科医としての技術を幅広く習得した後、美容外科・美容皮膚科全般を行う。特に婦人科系の美容手術は日本有数の症例数を誇る。2011年、銀座で 「なおえビ...

関連する投稿


漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思っているなら、まずすべきは結婚したい本当の理由を導き出すことではないでしょうか。やみくもに動いて時間をムダにする前に、「なぜ自分が結婚したいと思っているのか? 結婚してどうなりたいのか?」を、最初に考えて、本当に結婚すべきなのかどうなのか、決めるのが良いと思うのです。


夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

結婚して一緒に住むということは、生活のあらゆる面を共有するということでもあります。「金銭感覚の違い」は放置しておくと結婚生活に大きなストレスをもたらすことも。プレマリッジ・セミナーでは、まずお金についての話をするときにまず知っておきたい「マネー・パーソナリティ」を紹介しています。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


最新の投稿


上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

上質な眠りで爽やかな朝を迎えられるピローミスト

ニールズヤードから、質の良い睡眠をサポートするためのグッドナイト ピローミストが8月1日に新登場。マンダリンの甘いシトラスの香りが穏やかな気持ちにさせ、ラベンダーやカモミールのハーバルな香りが心身にリラックス感を与える製品です。


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


DRESS部活