女性器に関する記事

女性器に関する記事一覧です。

女性器に関連するキーワード

卵巣 子宮
>>女性器に関連するキーワード一覧

フランス女性はデリケートゾーンを丁寧にケアしている

フランス女性はデリケートゾーンを丁寧にケアしている

フランス女性はデリケートゾーンやアンダーヘアのケアに積極的だそう。それは清潔に保ち、健康につなげることだけではなく、夜のスキンシップの感度を高めることをも可能にします。人に言えない部分の悩みは、バスタイム中に簡単にケアして解消。習慣化してしまえばストレスや面倒くささからも解放されるはずですよ。


膣まわりの正しい洗い方、教えます。「潤うからだ」のつくり方#3

膣まわりの正しい洗い方、教えます。「潤うからだ」のつくり方#3

膣まわりのケア、していますか? 日本での植物療法の第一人者である、森田敦子さんの著書『潤うからだ』(ワニブックス)から抜粋し、膣まわりのケアの大切さ、潤うからだのつくり方を、全3回でお伝えします。


膣の萎縮を放っておくと、セックスレスになる恐れも。「潤うからだ」のつくり方#2

膣の萎縮を放っておくと、セックスレスになる恐れも。「潤うからだ」のつくり方#2

あなたの膣まわりは清潔で、保湿され、潤っていますか? 日本での植物療法の第一人者である、森田敦子さんの著書『潤うからだ』(ワニブックス)から抜粋し、膣まわりのケアの大切さ、潤うからだのつくり方を、全3回でお伝えします。


膣まわりのケアをしてますか? 「潤うからだ」のつくり方

膣まわりのケアをしてますか? 「潤うからだ」のつくり方

女性のからだで一番活躍していて、一番大切な場所、膣まわり。清潔で、保湿され、潤っていますか? 日本での植物療法の第一人者である、森田敦子さんの著書『潤うからだ』(ワニブックス)から抜粋し、膣まわりのケアの大切さ、潤うからだのつくり方を、全3回でお伝えします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


女性器の悩みにアプローチ。累計販売10万本のデリケートゾーンお手入れシリーズに新商品

女性器の悩みにアプローチ。累計販売10万本のデリケートゾーンお手入れシリーズに新商品

女性器の悩みといえばにおいや黒ずみなどがあります。それらにアプローチする、デリケートゾーン専用アイテム「イビサ・ビューティー」シリーズに新商品「薬用イビサミスト」が加わりました。2月14日(火)に新発売。


婦人科形成クリニックの選び方。女性器の悩みやコンプレックスを克服しよう

婦人科形成クリニックの選び方。女性器の悩みやコンプレックスを克服しよう

女性器に悩みやコンプレックスを持っている女性向けに、婦人科形成クリニックの選び方を喜田直江医師がご紹介します。女性器の悩みやコンプレックスを克服することで、女性の人生はいきいきと輝き始めるはずです。


布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

月経時に布ナプキンを使うと「生理が軽くなる」「子宮が温まる」「出血量が減る」などの効果が期待できる、と信じている女性たちがいます。Web上には布ナプキンの作り方や洗い方などの情報がズラリ。でも、その効果って本当? それとも眉唾? 宋美玄先生が解説します。


臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

女性器にコンプレックスを持つ女性たちは、具体的にどんな点に悩みを抱えているのでしょうか。そして、それはそのままにしておいていいのか、何か対策を施したほうがいいのか。調査結果をもとに喜田直江医師が解説します。


女性器の悩み、形や色のコンプレックスは解消できる

女性器の悩み、形や色のコンプレックスは解消できる

「女性器に何らかの悩みやコンプレックスを持っている」と回答した20〜40代の女性は約6割。それが理由で男性との交際に進めず、望んでいるのに結婚・出産が叶わない女性も少なくありません。そんな女性器に関する悩みやコンプレックスは解消できます。喜田直江医師が解説します。


昔の人はできていた……のか?「月経血コントロール」を検証する

昔の人はできていた……のか?「月経血コントロール」を検証する

「昔の女性は月経血を膣に溜めておき、トイレでまとめて出していた」といった言い伝えを聞いたことがある方もいるのでは。でも、それって本当? 実現可能なの? できていたとしても、果たして体に良いの? 宋美玄先生が検証します。


子宮ってどんなもの?【赤池智子 連載 #3】

子宮ってどんなもの?【赤池智子 連載 #3】

昨今、ニュースで度々取り上げられる子宮頸がんワクチン問題。それを知る前の、基本となる知識を学んでいきましょう。今回は私たち女性にとって大切な臓器、「子宮」の基礎をおさらいします。


アンダーヘアって必要ですか?

アンダーヘアって必要ですか?

デリケートゾーンの環境を快適にするひとつの方法として、「アンダーヘアの処理」があげられます。一体どれくらい心地よい状態になるのか、宋美玄先生が解説します。


子宮に優しいのはどんな生活?

子宮に優しいのはどんな生活?

ピルやミレーナなどを活用し、排卵をなくしたり、月経を軽くしたりというと「自然な状態ではない」と感じる人もいるのでは。でも、そもそも毎月の月経こそ、内膜を作っては剥がして……と、子宮を酷使している状態。本当に子宮に優しい生活ってどういうもの? 宋美玄先生が解説します。


産婦人科女医に「月経がない」理由

産婦人科女医に「月経がない」理由

月経=1週間ナプキンをあて続ける生活、はあたりまえではありません。月経のない暮らしや月経があっても出血量が少ない産婦人科女医たち。彼女たちは一体どうしているの? 宋美玄先生が解説します。


真夏の過酷な環境からデリケートゾーンを守れ!

真夏の過酷な環境からデリケートゾーンを守れ!

女性のデリケートゾーンにとってツラい季節、夏。ムレてしまい、かゆみに悩む女性も少なくありません。その解決策になり得る新習慣を宋美玄先生が紹介します。


バスタイムの膣トレは一石二鳥!?

バスタイムの膣トレは一石二鳥!?

「膣トレ」と聞いてセックスを連想する人も多いのでは? でも、それだけではありません。実はいつでもどこでもできる、女性の美と健康を保つトレーニングなんです。今日から実践してみませんか?


膣がゆるむワケ

膣がゆるむワケ

はじめまして、銀座にあるなおえビューティクリニックの喜田直江です。女性の立場で医療に携わりたいと考え、産婦人科医の道へ進み、そこで出会ったのが、自らの女性器に対するお悩みを抱える多くの患者さんたちでした。


内診が嫌だという人へ

内診が嫌だという人へ

「内診は痛い」というイメージがあって、産婦人科へ行くことに心理的抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。でも、内診・器具による診察は「絶対に痛い」というわけではありません。どういう内診は痛くないのか、について宋先生にお話しを伺いました。