ファッション

いつまでも自分らしいファッションを楽しみたい! 30代〜40代にかけては似合うファッションも大きく変化する時。上品にまとまるコーデ術やトレンドアイテムの取り入れ方、クローゼットの整理術まで幅広くお届けします。

ファッションに関連するキーワード

おしゃれ ミニマムリッチ デキる女の決断クローゼット CHANEL 素敵な年齢の重ね方 足元のおしゃれ
>>ファッションに関連するキーワード一覧

明日オープンする日本一号店、六本木ヒルズ店へ急いで!

明日オープンする日本一号店、六本木ヒルズ店へ急いで!

いよいよ明日、4月11日(木)、六本木ヒルズけやき坂に「プラネットブルーワールド」日本初のフラッグショップがオープン!


重ね付けして楽しみたいブレスレットを探すならココ!

重ね付けして楽しみたいブレスレットを探すならココ!

連日お届けしてきた「プラネットブルーワールド」の注目アイテム紹介もあとわずか。今日は、ブレスに惚れ込んだ理由を、大草直子が語ります。


伊勢丹新宿店のウィンドウをDRESSがジャック!米倉涼子と10枚のドレス展がスタート

伊勢丹新宿店のウィンドウをDRESSがジャック!米倉涼子と10枚のドレス展がスタート

2013年3月6日(水)、“世界最高のファッションミュージアム”を目指して生まれ変わった伊勢丹新宿店。4月1日(月)の『DRESS』創刊を記念して、3月27日(水)〜4月9日(火)までの期間中、伊勢丹新宿店のショーウィンドウで『米倉涼子と10枚のドレス展』を開催しています。


シャツが「見せて」しまうもの

シャツが「見せて」しまうもの

白のシャツを着られないときは、その理由を考えてみたほうがいい。顔だけをピンポイントで照らす小さなレフ版のような、恥ずかしいほどの明るい白、首の細いシワまでくっきりと際立たせる、なめらかなコットン。自分もきっとそうなのだろうけれど、他人が着ているシャツに対しては、そのチェックの視点はとても厳しくて、意外と目立つ首の裏や袖口の汚れなんかを見つけて、生意気にもがっかりしたりした。なんか、とにかく、すぐに汚れるし、とても難しいアイテムなのだ。


DRESSファッションディレクター大草直子、待望の新刊が発売!

DRESSファッションディレクター大草直子、待望の新刊が発売!

ファッションエディターにしてスタイリストでもある大草直子が、愛するモノだけを集めた新刊『大草直子の最愛リスト 服から雑貨まで62品』が発売された。10年愛を誓ったアイテム、40歳を迎えるこの時期、定番に加わったもの、愛してやまない日本のブランド、この先いつか欲しいWISH LIST……。


GLAM! FABULOUS! OBSESSED! CAWAII! LOVE!ドレスを着よう、恋をしよう。

GLAM! FABULOUS! OBSESSED! CAWAII! LOVE!ドレスを着よう、恋をしよう。

シックで、ラグジュアリー。もちろん可愛らしくて、知性だって忘れない。「なりたい私」はドレスが叶えてくれる。ドレスを着よう、恋をしよう。私たちの毎日は、おしゃれをする喜びに満ちている。(写真上)LOUIS VU…


LOVE 40! LOVE DIAMOND!40歳は第2の成人式。だから永遠の輝きで自分にアニバーサリー

LOVE 40! LOVE DIAMOND!40歳は第2の成人式。だから永遠の輝きで自分にアニバーサリー

40歳の記念に欲しいものランキング不動のNO.1に輝くダイヤモンドジュエリー。明日からはもっと輝く私になろう、そんな決意をダイヤモンドにかえて、自分にプレゼントしませんか。


おしゃれはまだまだ、下手でいい

おしゃれはまだまだ、下手でいい

イタリアに長く住んでいた友人がよく言います。イタリア人は、色に敏感で、素材に注意深く、そして卓抜したセンスをもっている。それに比べて日本人のセンスは……と。そして、その度に私は顔を真っ赤にして怒っている。


男目線って、厄介だけど必要なの?

男目線って、厄介だけど必要なの?

自慢になるかわからないけれど、仕事の場で、一度も女性として「誘われたこと」がない。男性編集者と「食事に行く」のも、当然大勢で、だし、カメラマンとのカフェでの待ち合わせだって、当然打ち合わせ。もちろん私…


サイズ神話からフリーになろう

サイズ神話からフリーになろう

昨年の冬、パンツのサイズをイタリアサイズで40に替えた。日本サイズでいうと、9号から11号へ。私自身、大切なのは、体重計の目盛や、パンツのタグに記されたサイズ――数字ではないと思っているので、そのことを別に嘆いたり、ショックに感じたりはしなかったけれど。