ミニマムリッチ

ミニマムリッチに関する記事

株式会社クロスメディア・パブリッシングが発行した"本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる”という本の中に登場するネクストミニマリストの概念。このページでは、ものを「とにかく捨てる」という立場ではなく、少しの上質なものだけを選んで長く使い続けることを提案している記事が見つかります。


ミニマリストな女性に学ぶ、おしゃれで心地よい生活をつくる3つの習慣

ミニマリストな女性に学ぶ、おしゃれで心地よい生活をつくる3つの習慣

ミニマリストなライフスタイルを実践する女性エッセイストが、おしゃれで、美しく、心地よい暮らしを提案する書籍『捨てる 残す 譲る 好きなものだけに囲まれて生きる』。本書からミニマリストを目指す人にとって参考になるアイデアをご紹介します。


小さなバッグを選べば荷物が減る。軽やかな動きが幸運を呼ぶ

小さなバッグを選べば荷物が減る。軽やかな動きが幸運を呼ぶ

小さなバッグだと事足りない、大きいバッグでないと不都合があるからと、いつも大荷物で過ごしていませんか? でも、それは思い込みかも。持ち物を減らし、軽やかな状態で動けるようになると、実はいいことばかり。まずはお気に入りの小さなバッグを手に入れて。


「小さなバッグ」を持つ人が理想の自分に近づける3つの理由。

「小さなバッグ」を持つ人が理想の自分に近づける3つの理由。

小さなバッグの女性を見て「荷物の多い私にはムリ」と思ったことはありませんか? そんな人こそバッグの中身を見直すとき。一度思いきって小さなバッグで出かけてみたら、本当に必要なものが見えてくるはずです。


「ジャケット:バッグ=1:1.5の法則」で洗練ファッションが叶う理由。

「ジャケット:バッグ=1:1.5の法則」で洗練ファッションが叶う理由。

「自慢のジャケットは某高級ブランドのもの。でも、バッグはプチプラ」。ふたつのバランス感がちぐはぐだと、せっかくのジャケットも映えません。賢い選び方のコツ、教えます。


「いつも同じものを着ている」ように見える人こそ、スタイルを持つおしゃれな人。

「いつも同じものを着ている」ように見える人こそ、スタイルを持つおしゃれな人。

長い時間と手間をかけ、ものとの関係を大事に育てる「ミニマムリッチ」。その考えかたを自分のものにするには、まずはショッピングのスタイルから見直してみませんか?


女性がミニマリストの次に目指すべきは、持ち物を上質にする「ミニマムリッチ」

女性がミニマリストの次に目指すべきは、持ち物を上質にする「ミニマムリッチ」

女性の間で、持ち物を極限まで捨ててシンプルになる「ミニマリスト」が流行っています。でも、捨てる=いいこと、とは言えないかも。捨てる、をやめて”ミニマムリッチ”とも呼ばれる、上質なものと丁寧に向き合うことを始めてみませんか?本当に必要なものは「小さなバッグ」が教えてくれます。