1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離」のススメ

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離」のススメ

Share

本来は「ツール」として使いこなすはずのSNSに、振り回されていませんか? 連絡先一覧に増え続ける人数、流れてくる膨大な情報量……本当に必要な縁ですか? SNSの連絡先や情報源も、人生の節目には「断捨離」で整理整頓! ややこしい人間関係や、不要な情報に振り回されない、自由な自分になりましょう!

厄介な縁・面倒な縁を手放す「SNS断捨離」のススメ

LINE、Facebook、Twitter、Instagram……。

近年さらに、その種類と利用者数を増やしている、いくつものSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。

皆さんも、何かしらを利用しているのではないでしょうか?

今や、手元のスマートフォンひとつで、いつでも誰とでもつながれる時代です。SNS上で「友達」になるだけで、黙っていても、発信されたその人に関する情報がリアルタイムに集まってきます。

一度は疎遠になってしまっていた人と再びつながることができたり、SNS上で出会ってなにかしら発展的な縁につながったり……。そんな方も多いのではないかと思います。

とにかく便利で、さまざまな可能性を秘めた、夢のようなツールですよね!

しかし、その便利さゆえに、今や誰もがそれを「手放せなく」なりつつあります。

そう……そこに羅列された情報に、よくも悪くも「反応」して、振り回されてしまってはいませんか?

私たちに必要な「断捨離」。それは、物ばかりではありません。

ややこしい人間関係や、不要な情報の数々。新生活の節目にこそ、それらをきれいに整理整頓してみることをオススメしたいのです!

周りに流されず人に振り回されない、自由な自分になるために……。できるところからで構いません、「SNS断捨離」を実際にやってみましょう!

■断捨離1 本当に必要な「縁」を残していく

SNS断捨離

SNSによって名称は違いますが、「友達」「フォロワー」「ブックマーク」など。たいていの場合、自分か相手のどちらかが申請をすることから、その世界でのつながりが生まれますよね。

これまで、皆さんはコツコツと、その数を少しずつ増やしてきたのではないでしょうか?

それでは改めて、一覧を見直してみてください。
すると、とあることに気づくはずです。

そこには、普段からよくお付き合いしている人たちがいると同時に、一瞬「誰だったっけ?」と考えてしまうような、薄いご縁の人たちが存在していませんか?

その人自体が自分にとって気になる存在であったり、「どうしているか」とふと思い出したりするほどではないけれど、いつの間にかSNS上ではつながっていた……。そんなこともあるかもしれません。

でも、冷静になってよく考えてみてください。
その「縁」って、本当に必要ですか?

ネット上でできるだけ「不特定多数」の人へ情報を発信したいという場合は別ですが、こと「自分」のためにSNSを利用しているのであれば、時にはそんな「本当はいらない縁」を見直してみることもひとつです。

あなたにとって「本当に大切にするべき縁」を手元にしっかりとつなぎ留め、その人とのつながりをもっと大切に育てていくこと。それが、「永く続く」「価値のある」「良質な」コミュニケーションをしたいと願うあなたに、必要なことなのではないでしょうか。

それには、厄介な縁・面倒な縁がもたらす余計なつながりこそ、新生活などの節目を使って見直してみましょう! さまざまな縁にがんじがらめになってしまうと、人はだんだん身動きが取れなくなってしまいますからね。

自由にのびのびと、美しく軽やかに生きる。これもひとつの、大人女性のたしなみとしての「断捨離」です。

■断捨離2 本当に必要な「情報」を選び取る

SNS断捨離

現代は「情報化社会」と名前がつくほど、簡単に手に入る情報が、どこにでもあふれ返っています。そのすべてが、あなたにとって「本当に必要な情報」であるなら、これは願ってもないことです!

……でも、そうは都合よくいかないのが、この世の難しいところ。
ともすると、その垂れ流し状態の情報の中には「求めていないもの」まで混ざりこんでいて、その滝のような情報量に、私たちはいつもさらされ続けることになります。

SNSはどんどん進化を遂げて、そのツールの中に「ニュース」や「広告」なども多く混ざり込んでいます。いわば、スマートフォンを覗き込むだけで、その「情報」の中にいつでもダイブできる状態です。

でも、それらもある程度「自分で選別できる」場合があります。
何となく登録していたニュースサイトを消してみるとか、そんなちょっとしたことからで構いません。
それでも、あふれ返る情報の濁流を、少しずつ流れの穏やかな支流のようにしてみましょう。そうすることで、あなたの頭や心が、「本当に欲しかった情報」に気づけるようになります。

あまり考えずに登録していたニュースサイトや、なんとなくフォローしていた広告ツール。あなたにとって本当に「欲しい情報」で「価値のある内容」かどうか、まずは見極めてみてください。

■SNS上の「他人の目」を気にして行動することをやめてみる

あなたは、「SNSのため」に行動したり、「SNSの情報」に振り回されたりしていませんか?
「インスタ映え」という言葉が大流行しました。

自分が体感した素敵な場所や美味しい食べ物などの感動を、たくさんの人に共有しようと、「発信」していくわけです。

そこで、いわゆる写真特化型のSNSのひとつである「Instagram」上に掲載するため、「映える(絵になる)」景色や料理などを撮ることが、流行っていますよね。
 
しかし。うっかりすると、私たちはその目的を「逆転」してしまいかねないのです。
 
それはつまり、SNSで情報発信する素材について、もはや「自分自身が心から楽しむ」ことよりも、「SNSの向こう側にいる人に評価してもらう」ことを優先しがちだという落とし穴……。

この意識のすり替わりは、あなた自身の新しい物事に対する「経験の新鮮さ」や「生きた感動」を鈍らせてしまいやすいものです。
 
自分が発信した写真や動画などの投稿に、「いいね!」がつくかどうか、コメントが残るかどうかが、気になっていませんか? 自分が感じた感動は、そこにどれくらい残っているでしょうか……。
 
人からの評価よりも、「自分自身の感動」の方を、まずは大事にしてみてください。

それを自分の思い出として記録したり、皆にもオススメしたりするために、「SNSを活用するのだ」という意識でいれば、その目的が逆になってしまうこともありません。

■たまにはSNSを「お休み」してみる

そういえば、とある人が、こんな話をしているのを聞いてしまったことがあります。

「人がどこかに旅行に行ったとか、美味しいものを食べたとか……そういう楽しそうな投稿を見ていると、なんかイライラしちゃうんだよね。比べたくないけれど、見ているだけで、なんとなく自分がみじめに思えちゃって」

そう。今度は、情報を受け取る側の気持ちですね。

その人はSNSを「活用」できていないばかりか、このツールによって振り回され、余計なマイナス感情すら抱いてしまっています。

もし、SNSひとつでそんな想いをするくらいなら、一度あえて「SNSを見ない日」を作ってみるのはどうでしょう?
 
「SNSを見ない」ことに慣れてしまえば、きっと気づくはずです。自分が、どうでもいい情報に振り回されてしまっていたのだということに。

自分もやりたかったようなことを人が先にやっているのを見ると、人間はどうしたって「いいな」「うらやましいな」と思ってしまうものです。それが「マイナス」な感情になっているときは、一度そのツールから「距離」を取ってみることをオススメします。

■「SNS断捨離」で作る、あなたとSNSの良い関係

SNS断捨離

「断捨離」の心とは、なんでもかんでも「捨てればいい」というものでもありません。

自分のメモリーをいっぱいにしてしまっていた「余計なもの」を手放すことによって、新しく「本当に必要なもの」を呼び込むことにつながるという意味でもあります。

SNSからの情報でぎゅうぎゅう詰めになっていた自分の心を、少しずつ自由にしていくこと。自分の中に「適度なスキマ」を作って、その余裕の中に「良質な縁や情報」を送り込むこと。
それが「SNS断捨離」の、真の目的です!

ぜひ、前向きな気持ちで、チャレンジしてみてくださいね。

Share

紺野 うみ

神社愛が止まらず、とある神社で「巫女」としてもご奉仕中の、フリーライター。 執筆の専門分野は、心理学・自己分析・心・神社・神道・生き方など。 すべての人が前向きに、人生を自分らしく生きていくために、大切だと感じることを伝...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article