SNSに関する記事

Twitter、Instagram、Facebook、LINE……などなど、あなたは普段どんなSNSを利用していますか? スマートフォンの登場で、常時オンラインであることも珍しくなくなりました。そんな今だからこそ考えたい、大人のSNSの使い方をコラムを通してお届けします。たまには電源を落として、散歩に出たり読書をしたり。

SNSに関連するキーワード

インスタグラム LINE
>>SNSに関連するキーワード一覧

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

世の中には「かまってちゃん」な人たちがいる。気がつくと自分がなっている場合も。決して、かまってちゃんになるのは悪いことではない。ただ、常軌を逸すると、当然のことながら「みっともない女」になってしまう。


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

SNSによって「伝える」ことは簡単にできるようになりました。”いいね!”のボタンの種類は増えて、LINEのスタンプだって日々新しくなる。楽だけれど、本当にそれだけで充分伝えられているでしょうか。せっかくならもう少し相手と近くなれるような、今日はそんな伝え方をしてみませんか。


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

FacebookやTwitterなどによる「SNS疲れ」。他人の投稿をみて「いいね」ではなく「いいな」と思ってしまった人は要注意。そんな方には、週末にSNSデトックスをすることをおすすめします。SNSと距離をおくことで、SNS疲れをなくしましょう!


人は人、自分は自分。

人は人、自分は自分。

「人の幸せは一般解じゃなくていい」と気づいたときから、人は人、自分は自分という価値観で生きてきたというイラストレーターの進藤さん。他人の尺度で、自分の幸せを測らないコツとは?


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

LINEのメッセージをみただけで、脈があるのかないのかを判断する方法があるのか? 今回は、コミュケーションコンサルティングを行う西澤さんに、"LINEでの大人男性の脈ありサインを見極めるポイント"を尋ねてみました。お愛想・社交辞令なLINEを見極めて、大切な時間を本命有望株にしっかり投資していきましょう!


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebookは数あるSNSの中でも「友達」との付き合い方が難しいもの。友人、上司、取引先など、様々な人間関係がフラットに並ぶからこそ、使い方に悩む人も多いです。今回はFacebookで「少し苦手だな」と感じる友達とスムーズに、きれいに距離を置ける友達付き合いの方法をご紹介します。


オフライン時間を作ると、SNSが楽しくなる

オフライン時間を作ると、SNSが楽しくなる

スマホに縛られて、いつだってオンライン……そうなると心が休まる瞬間がなく、疲弊してしまいがち。スマホとの付き合い方を考えて、意識してオフラインの時間を作ることで、心地よい生活ができるようになるはず。


カツセマサヒコさん プレスラボ ライター/編集者【さわりたくなるおとこ #1】

カツセマサヒコさん プレスラボ ライター/編集者【さわりたくなるおとこ #1】

プレスラボに入社して間もない頃、クライアントに企画を持って行ったんです。そのとき「おもしろい企画ですね。でもそれって何人くらいフォロワーのいる方が書くんですか」と言われて。


12月は「ソーシャル断捨離月間」に

12月は「ソーシャル断捨離月間」に

早いもので2014年も残すところあと1ヶ月になりました。 先日、ふと思い立って断捨離(片づけ)を決行。ほんの1,2時間で45リットルのごみ袋8個分が。大半は洋服や雑貨類、書籍で、まだまだ捨てられるモノがありそうです。


複数の肩書きを。二枚目の名刺で人生が変わる

複数の肩書きを。二枚目の名刺で人生が変わる

みなさんは二枚目の名刺をお持ちですか? 普段使用している「会社名刺」とは別の「個人の名刺」です。安藤 美冬(あんどう みふゆ)さんの連載、第12弾は「二枚目の名刺」について。複数の肩書き持って、自分の個性や世界観を伝えてみませんか?