SNSに関する記事

Twitter、Instagram、Facebook、LINE……などなど、あなたは普段どんなSNSを利用していますか? スマートフォンの登場で、常時オンラインであることも珍しくなくなりました。そんな今だからこそ考えたい、大人のSNSの使い方をコラムを通してお届けします。たまには電源を落として、散歩に出たり読書をしたり。

SNSに関連するキーワード

インスタグラム 大人のLINE術
>>SNSに関連するキーワード一覧

SNS疲れなんてもったいない。自分の世界を広げるSNSの使い方

SNS疲れなんてもったいない。自分の世界を広げるSNSの使い方

数年前から聞くようになった「SNS疲れ」。うまく使うと、人とつながれて、チャンスも舞い込むSNS、せっかくならストレスなく使いたいものですよね。ブログを含むTwitterやFacebookなどのSNSを心地よく、ストレスなく使う方法をご紹介します。


インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

東京と大阪に同時オープンした、スタイリッシュな空間をリーズナブルに楽しむことができる注目の「モクシー・ホテル」を紹介します。


SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSの使い方にはその人自身が現れる。SNSはその人の分身と言ってもいい。SNSを使っていないのが珍しいといえるくらい、すっかり普及しているSNSだが、SNSをきっかけとした揉め事も少なくない。自分なりのルールを設けてSNSを楽しみ、ポジティブな影響をもらう方法とは――。


SNSをストレスなく楽しむスタンスを考える

SNSをストレスなく楽しむスタンスを考える

SNSは便利で楽しい反面、ストレスに感じてしまうことも。周りの反応を気にしすぎたり、見知らぬ人からの心ない発言に傷ついたり……。実際に私が体験したことから、ストレスなくSNSを楽しむスタンスを考えます。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


SNSに依存している女性は美しいのか?

SNSに依存している女性は美しいのか?

SNSの登場によって、大小問わず、目の前にはたくさんの情報が溢れるようになった。必要なのはその情報をすべて取り入れることではなく、情報の取捨洗選択。あなたはそれができているだろうか。


インスタにUPしたくなる。パイ専門店「Pie Holic」期間限定ショップが六本木に

インスタにUPしたくなる。パイ専門店「Pie Holic」期間限定ショップが六本木に

カリフォルニアスタイルのパイ専門店「Pie Holic(パイホリック)」が、六本木ヒルズに期間限定ショップとして登場します。9月28日より1年間限定でオープン。直径7センチの手のひらサイズのパイ、六本木店限定メニューなど約30種類を提供します。


セルフブランディングがうまくない、自分を出すのが苦手な方へ伝えたいこと

セルフブランディングがうまくない、自分を出すのが苦手な方へ伝えたいこと

SNSの普及とともに、セルフブランディングに関わるコンテンツを目にすることが増えました。ただ、「私が、私が」と出ていけない人はいったいどうすればいいのか? 自分のキャラクターで勝負できない人間のひとりとして、ちょっと考えてみました。


【Instagram】盛って嫌われる人、愛される人

【Instagram】盛って嫌われる人、愛される人

Instagramは写真アプリである以上、キレイな写真を撮りたくなるのは当然の考え。しかし、「キレイな写真」ばかりを撮ることで好感度を上げる人と、下げまくる人がいます。いったいこの正体は何か。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

かまってちゃんな自分から学ぶ、寂しさとの付き合い方

世の中には「かまってちゃん」な人たちがいる。気がつくと自分がなっている場合も。決して、かまってちゃんになるのは悪いことではない。ただ、常軌を逸すると、当然のことながら「みっともない女」になってしまう。


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

SNSによって「伝える」ことは簡単にできるようになりました。”いいね!”のボタンの種類は増えて、LINEのスタンプだって日々新しくなる。楽だけれど、本当にそれだけで充分伝えられているでしょうか。せっかくならもう少し相手と近くなれるような、今日はそんな伝え方をしてみませんか。


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

FacebookやTwitterなどによる「SNS疲れ」。他人の投稿をみて「いいね」ではなく「いいな」と思ってしまった人は要注意。そんな方には、週末にSNSデトックスをすることをおすすめします。SNSと距離をおくことで、SNS疲れをなくしましょう!


人は人、自分は自分。

人は人、自分は自分。

「人の幸せは一般解じゃなくていい」と気づいたときから、人は人、自分は自分という価値観で生きてきたというイラストレーターの進藤さん。他人の尺度で、自分の幸せを測らないコツとは?


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


自分の「真実の顔」を知って対処するために - 蛍光灯下での深夜自撮りのススメ

自分の「真実の顔」を知って対処するために - 蛍光灯下での深夜自撮りのススメ

自分の「真実の顔」は普段、他人が目にしていて、自分では見えていないもの。盲点ともいえます。他人と自分の視点では、見ているものが違うということは往々にしてあります。他人が見ている自分の「真実の顔」を自分でも知るために、真夜中に蛍光灯の下で自撮りをしてみてください。思わぬものが見えてきて、改善に近づけていけるはずです。


これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

LINEのメッセージをみただけで、脈があるのかないのかを判断する方法があるのか? 今回は、コミュケーションコンサルティングを行う西澤さんに、"LINEでの大人男性の脈ありサインを見極めるポイント"を尋ねてみました。お愛想・社交辞令なLINEを見極めて、大切な時間を本命有望株にしっかり投資していきましょう!


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。