1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ココロ/カラダ
  3. 誰かを幸せにしたいなら自己犠牲はNG! 自己分析で自分の心から幸せに

誰かを幸せにしたいなら自己犠牲はNG! 自己分析で自分の心から幸せに

Share

誰かの役に立ちたい。大切な人を自分の力で幸せにしてあげたい。人は時にそう願って突き進みます。誰かのために、自分の心を犠牲にしてまでがんばりすぎてしまうあなたへ。巫女ライター/自己分析アドバイザーの紺野うみが、自らの自己分析と心理学の学び、多くの人の悩みの中から見つけ出した、人生を幸せにする「心の種まき」コラム。

誰かを幸せにしたいなら自己犠牲はNG! 自己分析で自分の心から幸せに

■自分を「犠牲」にすることは、本当に美しいの?

「あの人は自分がボロボロになってまで、人のために尽くしている」
「私は今までこんなにも、皆のために、身を削って頑張ってきました」

そんな人物を目の当たりにしたり、話を耳にしたりすると、多くの人が「そこまでするなんて立派だ」「なかなかできることではない」と、その姿を高く評価することでしょう。

確かに、その通りです。

世の中すべての人が「自分さえ良ければ、他の人はどうだっていい」と、自分のことだけを考えて生きていては、思いやりのある平和な世界にはなりません。そして、日本においては特に、自己犠牲の精神は「美しいもの」として語られることが多いのではないでしょうか。

でも、今日は少しだけ、一緒に考えてみませんか?
誰かの幸せのために、自己を「犠牲」にすることは、本当に「美しく」「もっとも望ましい」生き方なのかどうかを。

■自己犠牲の意識で、人のために尽くすことの怖さ

もし、あなたが誰かに「私はあなたのために、自分を犠牲にして頑張っているのよ」と言われたら、どんな風に感じるでしょう。

きっと、自分にとってその人が大切であればあるほど、「いやいや。私はあなたに自分を犠牲にさせてまで、幸せにしてほしいとは願っていませんよ」と答えるのではないでしょうか。

人は誰だって、誰かの役に立ったり、大切な人を幸せにしたいと願うものです。しかし、「自分を犠牲にする」という形で誰かに何かをしてあげたとして、それは本当に相手が喜ぶことでしょうか?

むしろ、その気持ちが重荷になったり、そうやって得られている幸せに対して、罪悪感すら感じてしまうかもしれません。

それにもし、その犠牲の果てが好ましい結果にならなかった場合、あなたの心の中には「こんなにがんばっているのに、なぜ報われないんだろう?」「一生懸命やっていても、それを理解してもらえないのが悲しい」といった、マイナスな気持ちが芽生えてしまいかねません。

「自己犠牲」という考え方は、一見すると美談のように思えるのですが、実のところ双方にとって、あまり望ましいことではないのです。

■苦しいときほど、視野が狭くなってしまう

ここから少しばかり、私自身の話をさせてください。

……というのも、実は私もかつて、自分自身の願望や本音をことごとく我慢して飲み込んでは、ひたすら自己犠牲のようなことばかりを繰り返していたことがあったからです。

人から必要とされ、心から喜んでもらうために。どんなに苦しいことや嫌なことでも、我慢してがんばり続けるしかないのだと思い込み、その頃はとにかく必死に生きていました。

今思えば、自分の心を殺してまで「人のため」に何かするという行動は、人の顔色や判断に振り回されながら過ごすということだったように思います。

その本質に気づけなかった間は、ずっと出口が見えず、ただただ苦しい日々が続いていました。

いくらがんばっても、どれだけ苦しい思いをしても、うまくいかない。私の力で周りの人を幸せにするどころか、何の役にも立てていないのではないかという思いが、ますます気持ちを臆病にする悪循環。

なぜ、そうなってしまうのか。その頃は、まったく答えが出ませんでした。

自分の気持ちを無視してがんばり続けることは、結果的に自分の視野を狭くすることにしかならなかったのでしょう。
心の余裕がなくなって、私はいつの間にか、自分の本心でさえも、よくわからなくなるところまで追い詰められていたのです。

■まずは「心の声」に耳をすませてみる

自分の心をボロボロにしながらがんばり続けるしかなかった私が、そんなとき運よく出会えたもの。それが「自己分析」――つまり、自分の心と向き合うための作業でした。

「自己分析」と聞くと、一般的には進路を決めるタイミングや、就職・転職活動でしか使わないと思われる方が多いかもしれません。しかし、本来の自己分析は、もっと身近にあるべきものなんです。

自分という人間が、どんな気持ちを抱えていて、本当は何を望んでいて、どんなことがやりたくて、何が好きで、どういうことをするのが得意なのか。反対に、心が拒否していることは何なのか。

自分の心の幸福へと直結するこれらのことは、すべて自己分析を通じて、自分自身の心の中から答えを見つけ出すことができます。

人の中に「理想の答え」や「自分の幸せ」を見出そうとするのではなく、もう一度自分の心にきちんと目を向けて、ゼロから考えてみよう……。

自己分析は、私が最初にそう思えるようになった、大切なきっかけでした。

そこから、私は本気で「自分の心の声」に耳をすませるようになりました。

ひとたびそれを始めてみると、自分がこれまで、いかに自らの心を殺してきたかを痛感するばかり。知らず知らずのうちに本心から目を背けてしまっていた私も、このままでは人を幸せにするどころか、自分のことすら幸せにできないと悟りました。

自分がしばらくの間、ずっと間違えた方向に突っ走っていたことを知って、当然ショックも大きかったです。しかし、それをはるかに上回ったのが「好奇心」でした。

自分の中の、これまで気づいていなかった自分を見つけていくこと。それは怖さの反面、自分の心の中を冒険していくような感覚があって、私にとっては無性に面白くもあったんです。

もちろん反省もしましたが、その失敗のおかげでこうやってきちんと「心」に目を向ける機会に恵まれたことが、純粋に嬉しかったです。もともとは根っこの部分から楽天家で、ポジティブな人間だった私の本質が、やっと本領を発揮できるようになってきたのでしょうね。

とにもかくにも、「人を幸せにしたい」と言ったって、まずは自分の心を自分の力で幸せにできないと、何も始められない……。私はやっと、その答えにたどり着くことができたのです。

■「自分の心のため」にがんばることから始めよう

皆さんにお伝えしておきたいのは、私は「人のためにがんばること」そのものを否定しているわけではない、ということ。

「何か」のため、もしくは「誰か」のために、我を忘れてがむしゃらにがんばる瞬間は、人生の中でたびたび必要になることです。そうまでして成し遂げたことには大きな価値がありますし、誰かに否定されるいわれもありません。

そして何よりも、あなた自身がそれらを「自分を犠牲にした」とは捉えないでいただきたいのです。

費やした時間や労力などと引き換えに、もしそれが成功したなら「偉大な結果」が残るでしょうし、仮に失敗したとしても「かけがえのない経験」や「改善のためのヒント」を得られたのだと捉えることができます。

そうやってがんばった先には、必ず何らかの「成果」が残っているはずですから。

でも、そのがんばり方や努力の方向性について、自身がわずかでも「自分を犠牲にしている=自己犠牲」のかたちだと感じるなら……。そのまま走り続けるのではなく、一度、立ち止まってみてください。

それが美しくて立派で、もっとも相応しい方法なのかと問われたら、私は「いいえ」と答えます。

「犠牲」という言葉は、なにか大きなものを「失っているだけ」の状態を指しています。

もしも、あらゆる努力に対して自分が「犠牲を払っている」と捉えてしまえば、それはたちまち、ただの一方的な「苦しみ」になってしまうでしょう。

うまくいかなかったら「あれだけ犠牲を払ったのになぜ」と絶望し、うまくいったとしても「これだけ犠牲を払ってきたんだから当然だ」と手放しで喜ぶことすらできません。場合によっては、相手への善意の押し付けにもなりかねないのが、「犠牲」という意識の怖いところなのです。

自分の心をないがしろにして、自身が幸せでない状態でがんばり続けることには、いつか必ず限界が訪れるもの。だからこそ、誰もがまずは第一に、自分の心の中に幸せを育てていかなくてはなりません。

まずは「人のため」でなく、「自分の心のため」にがんばってみよう。そうすればいつか、自分の心の中で育てた幸せを、誰かに分けてあげられる日が来るかもしれない……。

こうして私は、勝手に「自己犠牲」をするのではなく、自分の心を大切にするということを心掛けるようになりました。

■自分の心に嘘をつかなくなって、変わったこと

その後、私の人生にどれだけの変化が起こったかは、きっと皆さんの想像以上だと思います。

自己分析のおかげで、本当は「書くこと」が大好きだったことに気づいた私は、こうやって今、文章を綴ることで皆さんに伝える仕事にたどり着きました。失敗も成功も含めて、これまでの経験がある私だからこそ伝えられる大切なことを、これからも書いていくのがお役目のひとつなのだと感じています。

もちろん今でも、自分の想いだけではままならないことや、自らの未熟さを痛感するようなことだってたくさんあります。それでも、「自分の心に嘘をつくこと」だけはしていません。それが一番、自分自身を不幸にすることなのだと、身をもって学んだからです。

自分の中に怒りや悲しみ、もどかしさや苦しみが生まれたら、それを素直に認めて味わってみる。
そこにある理由(わけ)に、ゆっくり目を向けてみる。

そうすると、やがてその想いから一歩外に出て、現状を「どうすれば変えていけるのか」「どのように捉えれば乗り越えられるのか」を考え始めることができます。

■自分が幸せでいれば、いつでも幸せの種をまける

自分の心を大切にしてみると、目の前がどんどん明るく拓けていきました。

本心を素直に見つめ、心に正直に過ごすことを心掛けるようになってしばらく経ち、私はあるとき、ふと思ったのです。「今の私って、ものすごく幸せだ」と。

自分の気持ちを無理やり抑え込んで「なかったこと」にしながら、自分の本心を無視し続けた頃と比べて、心がずっとずっと自由になったのを感じています。

自分の幸せに気付いた瞬間、見える景色が変わっていきました。

私はもう、すでに十分すぎるほど幸せで、おまけに自分で自分のことを幸せにする方法も、少しずつわかってきた。だからこそ、その経験を活かして、今度は誰かの幸せのためにお手伝いがしたいと。

自分らしさを失うことなく、今ならそれができる気がしています。自分の心がまず幸せであることが、周りにも幸せの種をまいていくために、必要なことだったのですね。

私は自分の人生の変化に、「心というものは、不思議なものだな……」と、しみじみ感じています。
なにしろ、自分の心の在り方次第で、生き方も状況も、周囲を取り巻く環境だって、何もかもが180度姿を変えるのですから。

心はもちろん「目には見えない」ものであり、もっとも取り扱いが難しく、それでいて自分の人生を左右するほど重要です。目に見えないからこそ、私たちは迷ってしまったり、どこかで間違えてしまいやすいものなのかもしれません。

かつての私のように、今まさに悩み苦しんでいる人たちにとって、この言葉たちがわずかでも「幸せのヒント」になれば嬉しいです。

どうかあなたも、自分の心を大切にしてあげてください。人を本当の意味で幸せにするには、自分の心が幸せである必要があります。

Share

紺野 うみ

巫女ライター/自己分析アドバイザー 神社愛が止まらず、とある神社で「巫女」としてもご奉仕中の、フリーライター。 執筆の専門分野は、心理学・自己分析・心・神社・神道・生き方など。 すべての人が前向きに、人生を自分らし...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article