間違いだらけの妊活習慣

間違いだらけの妊活習慣

最近「妊活」という言葉を頻繁にききますね。「妊娠可能年齢には限りがある」ということも度々言われるようになり、「ぼんやりしていては妊娠出来ない」「妊娠したければ積極的に活動しないと」と感じている人が多くなったことの現れなのでしょうか。女性にとっての妊活を、「いつかお母さんになるために今出来ること」と定義して、解説しましょう。


最近「妊活」という言葉を頻繁にききますね。「妊娠可能年齢には限りがある」ということも度々言われるようになり、「ぼんやりしていては妊娠出来ない」「妊娠したければ積極的に活動しないと」と感じている人が多くなったことの現れなのでしょうか。女性にとっての妊活を、「いつかお母さんになるために今出来ること」と定義して、解説しましょう。

妊娠できるため、そして自分と未来の赤ちゃんの健康のために必要なことは、自分が健康であること。定期的に健康診断を受けて、糖尿病や高血圧、甲状腺疾患などがないかチェックし、必要に応じて治療を受けましょう。そして子宮や卵巣が若々しく元気に働くためには、婦人科検診を受けること。通常の婦人科検診では子宮がんのチェックを受けますが、それだけでなく超音波検査やクラミジアなどの性感染症の検査を定期的に受けることは妊活の観点からもとても重要です。

次に、肥満や痩せ過ぎの人は標準体重に近づけることで排卵がちゃんと起こりやすくなります。基礎体温をつけたことがない人は2~3ヶ月でいいので一度つけてみましょう。洋食も和食もバランス良く食べる、適度な運動と出来るだけ規則正しい睡眠、過度なストレスは避ける、というのは妊活に限らずとも当たり前のことですね。

そして何と言っても赤ちゃんの病気を防ぐために、妊娠の2カ月以上前から葉酸のサプリメントを飲むこと。妊娠した場合、赤ちゃんのいろんな臓器が作られる妊娠12週頃までは飲み続けましょう。

また、先進国として非常に恥ずかしいことに風疹の流行が続いていて、妊娠中に風疹にかかった場合に起こる先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれたというニュースが続いています。そればかりか麻疹(はしか)も流行し始めました。これらの抗体を持っていない妊娠可能年齢の男女は非常に多いです。妊娠してからは予防接種が受けられず、おびえて暮らすしかありません。ワクチンを接種するか、抗体の検査を受けましょう。自治体によっては補助が出るところもあります。

妊活について調べると、出るわ出るわなのが「冷え対策」情報。以前「何でも冷えのせいにしていませんか?」という記事にも書きましたが、残念ながら冷えを直せば妊娠出来るという医学的な根拠はありません。「気は心」みたいなものです。「なんとなくよさそう」「これならすぐにできる」ため、冷え対策がブームになっているようですが、生殖医療の専門家はそのような情報を発信していません。ブームが自己増殖しているものと思われます。わらにもすがる思いで冷え対策をしている方がとても気の毒に感じられるので、たとえそれほど健康被害がなくても(貼るカイロで低温やけどになる人はたびたびみますが)眉唾情報を流すのはやめてほしいと思います。

そして、なんといっても妊活のためには、誰の子どもを産むかのパートナーを決め、子作りをはじめなくてはいけません。作り始めて「なかなかできないな」となって、不妊治療を始めることになった場合、まだ妊娠可能年齢でいるためには、できれば35歳くらいまでに作り始めると良いと思います。が、そこは努力でどうにかなるものではないので、それをすぎればもうだめということはありません。

いつか母親になりたい方、是非参考にしてみてください。

この記事のライター

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

関連するキーワード


妊娠 性感染症

関連する投稿


卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていく。妊娠を望むなら早めに卵巣年齢検査を

卵子の数は年齢を重ねるにつれ減っていきます。卵子の数が最も多い時期は、胎内にいるとき。月経が始まる頃には最多時の1/3ほどに減っていて、すべての卵子が失われる閉経へと向かっていきます。つまり、妊娠を考えるなら「卵巣の機能や残されている卵子の数」を、しっかり意識する必要があるともいえるのです。


【出産ストーリー】39歳で妊娠した大泉りかさんの場合

【出産ストーリー】39歳で妊娠した大泉りかさんの場合

出産ストーリーは一人ひとり異なる。初産となる大泉りかさんの出産ストーリーを詳しくお届けする。難産ではなかったものの、壮絶な痛みや不安を乗り越えた出産ストーリーは、これから妊娠・出産する方にとって、参考になること、考えさせられることが多いはず。


産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後の体型戻しは「出産直後〜半年」が大チャンス!

産後に体型戻しを望んでいても、産前とはまったく違う体型になってしまい、諦めモードになっている方もいるのでは。産後の体型戻しは、産後6ヶ月の過ごし方が重要です。二度の出産を経験した私が、半年以内に元の体型・体重にコントロールした体型の戻し方をご紹介します。


不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩む夫婦の割合が増えている?

不妊症に悩み、不妊治療を受ける夫婦の割合が増えている昨今。6組に1組の夫婦が不妊治療をおこなっている、ともいわれています。なぜ不妊に悩む人が増えているのか、産婦人科専門医の山中智哉さんが解説します。


妊娠したいなら3つの習慣を実践して、授かりやすい体作りから【百木ゆう子 連載 #3】

妊娠したいなら3つの習慣を実践して、授かりやすい体作りから【百木ゆう子 連載 #3】

「妊娠したい」と思っても、自然に授かることの方が難しい昨今。妊娠しやすくなるための体質改善をおこなってみませんか。自然に妊娠しやすい環境を整えるために取り組みたい3つの生活習慣をご提案します。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。