宋 美玄 さんが 2014/04/10 に更新
間違いだらけの妊活習慣

間違いだらけの妊活習慣

最近「妊活」という言葉を頻繁にききますね。「妊娠可能年齢には限りがある」ということも度々言われるようになり、「ぼんやりしていては妊娠出来ない」「妊娠したければ積極的に活動しないと」と感じている人が多くなったことの現れなのでしょうか。女性にとっての妊活を、「いつかお母さんになるために今出来ること」と定義して、解説しましょう。

妊活 妊娠 性感染症 生殖医療

最近「妊活」という言葉を頻繁にききますね。「妊娠可能年齢には限りがある」ということも度々言われるようになり、「ぼんやりしていては妊娠出来ない」「妊娠したければ積極的に活動しないと」と感じている人が多くなったことの現れなのでしょうか。女性にとっての妊活を、「いつかお母さんになるために今出来ること」と定義して、解説しましょう。

妊娠できるため、そして自分と未来の赤ちゃんの健康のために必要なことは、自分が健康であること。定期的に健康診断を受けて、糖尿病や高血圧、甲状腺疾患などがないかチェックし、必要に応じて治療を受けましょう。そして子宮や卵巣が若々しく元気に働くためには、婦人科検診を受けること。通常の婦人科検診では子宮がんのチェックを受けますが、それだけでなく超音波検査やクラミジアなどの性感染症の検査を定期的に受けることは妊活の観点からもとても重要です。

次に、肥満や痩せ過ぎの人は標準体重に近づけることで排卵がちゃんと起こりやすくなります。基礎体温をつけたことがない人は2~3ヶ月でいいので一度つけてみましょう。洋食も和食もバランス良く食べる、適度な運動と出来るだけ規則正しい睡眠、過度なストレスは避ける、というのは妊活に限らずとも当たり前のことですね。

そして何と言っても赤ちゃんの病気を防ぐために、妊娠の2カ月以上前から葉酸のサプリメントを飲むこと。妊娠した場合、赤ちゃんのいろんな臓器が作られる妊娠12週頃までは飲み続けましょう。

また、先進国として非常に恥ずかしいことに風疹の流行が続いていて、妊娠中に風疹にかかった場合に起こる先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれたというニュースが続いています。そればかりか麻疹(はしか)も流行し始めました。これらの抗体を持っていない妊娠可能年齢の男女は非常に多いです。妊娠してからは予防接種が受けられず、おびえて暮らすしかありません。ワクチンを接種するか、抗体の検査を受けましょう。自治体によっては補助が出るところもあります。

妊活について調べると、出るわ出るわなのが「冷え対策」情報。以前「何でも冷えのせいにしていませんか?」という記事にも書きましたが、残念ながら冷えを直せば妊娠出来るという医学的な根拠はありません。「気は心」みたいなものです。「なんとなくよさそう」「これならすぐにできる」ため、冷え対策がブームになっているようですが、生殖医療の専門家はそのような情報を発信していません。ブームが自己増殖しているものと思われます。わらにもすがる思いで冷え対策をしている方がとても気の毒に感じられるので、たとえそれほど健康被害がなくても(貼るカイロで低温やけどになる人はたびたびみますが)眉唾情報を流すのはやめてほしいと思います。

そして、なんといっても妊活のためには、誰の子どもを産むかのパートナーを決め、子作りをはじめなくてはいけません。作り始めて「なかなかできないな」となって、不妊治療を始めることになった場合、まだ妊娠可能年齢でいるためには、できれば35歳くらいまでに作り始めると良いと思います。が、そこは努力でどうにかなるものではないので、それをすぎればもうだめということはありません。

いつか母親になりたい方、是非参考にしてみてください。

関連する投稿


夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

31歳で未婚の母となった岡本さん。両親学級で「みんなにはお父さんがいるのにあなたにはいないんだね。ごめんね……」と涙した日もありました。気持ちを切り替え、母としてひとりの女性として、強く、凛として生きる岡本さんに、未婚の母という選択をテーマに寄稿いただきました。


最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

2年前、念願の子どもを授かり、未婚の母になる道を選んだ岩田笑子さん。妊娠を歓迎しなかった男性との同棲を早々に解消し、不安を抱えながらも娘を出産。父不在で子どもを産んだこと、母として、働く女性として奮闘する日々のことをリアルな言葉で綴っていただきました。


妻となり、母となり、手放すことでわかった本当に大切にしたいこと

妻となり、母となり、手放すことでわかった本当に大切にしたいこと

結婚、妊娠、出産、子育て……女性たちに押し付けられた「こうあるべき」を手放すことで、自身の価値観がクリアになった――そう語るのは染矢明日香さん。母となり3ヶ月が経った今、思うことを寄稿いただきました。


40代で母になる #2 二度の妊娠で気づいた命の尊さ(42歳)

40代で母になる #2 二度の妊娠で気づいた命の尊さ(42歳)

40代の妊娠・出産にはリスクも多い。だが、数々の経験や思慮を経て、それを受け止める人生経験や知恵があるのも40代。二度の高年齢妊娠で経験した悲しみや喜びから得たものとは。


堀北真希・妊娠で見えた!「愛され婚」こそ女性にとって幸福への近道!?

堀北真希・妊娠で見えた!「愛され婚」こそ女性にとって幸福への近道!?

愛するより愛されて嫁ぐほうが、女は幸せになれるという定説がある。でも、そんなの無理。愛してるって実感がないと、不安に飲み込まれて、結婚になんて飛び込めないよ……。そんなあなたに贈る「愛され婚」のススメ。これを読んで、さあ、あなたもダイブしてみる?


最新の投稿


「したいときだけする育児」が日本を救う【小田桐あさぎ 連載 #1】

「したいときだけする育児」が日本を救う【小田桐あさぎ 連載 #1】

育児も家事も仕事も……日本の母親は「抱えすぎている」。母になっても何も諦めることなく、自分らしく子育てをしよう、と提唱する小田桐あさぎさんの連載がスタート。あさぎさん流「したいときだけする育児」を紹介します。


由樹さんぽ「谷中銀座」

由樹さんぽ「谷中銀座」

小雨降る華金の夜、山本由樹エグゼのホームグラウンドをお散歩するDRESSのイベントに参加しました。


戦隊モノとお姫さまごっこ【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #3】

戦隊モノとお姫さまごっこ【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #3】

ジェンダーバイアスが問題になる子ども向け作品の中にも、多様性はあります。「できれば見せたくないもの」から子どもを遠ざけ、管理することよりも、いっそその多様性を楽しみ、また現実の様々なあり方も見せていけたら――。企業の人材戦略と同じく、子どもの世界でもキーワードは「ダイバーシティ」かもしれません。


腸内フローラと美しい肌の関係

腸内フローラと美しい肌の関係

エステに行っても、高級な美容液を使っても、効果が思ったように出ない……。もしかすると、腸内フローラと関係しているかも。


「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第10話

「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第10話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。