「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立つか、成り立たないか」人それぞれ考え方はあるかもしれないけれど、そもそも「友達」や「友情」とはなんなのだろうか? 肩書きや言葉に惑わされて見えなくなっている「男女の関係性」について、掘り下げていく。


「男女の友情は成り立つか」

これは昔から議論されているテーマだ。

そもそもなぜ、そんなテーマが普遍的に議論されているかというと、男女というのは恋愛関係に陥る可能性があり、もし恋愛関係が破綻してしまった場合に、友情を保つのが面倒だから。

そのため「男女の友情は成り立たない」と片づけて、友情については面倒になる可能性が低い同性で満たした方が良い、と考える人が多かったからだろう。

■肉体関係を結ぶと友情は壊れるのか?

そもそも男女が面倒な関係になると言われているのは、体の関係を結んでしまったら「付き合わなくてはいけない」「友達ではなくセフレになってしまう」などという貞操観念と強迫観念を持っている人が多いからではないだろうか?

相手から「恋人」というポジションを要求される可能性があること、友達ではなくなることなど、ふたりの関係性が変わってしまうことに不安を抱いているのかもしれない。

でも体の関係を結んだだけで、相手のことを「友達ではなくセックスをした相手」という風に、今までと違うフィルターで見る必要は本当にあるのだろうか?

たしかに「体を許すと情が湧く」というのはわかる。そこから始まる恋もあるだろう。でも相手との関係性を変えたいわけではなく、少しのアクシデントやちょっとした弾み、単純に欲情して男友達と性行為をしてしまう場合もある。

それはエンターテインメントやコミュニケーションの一つとして割り切って、これまで通りの関係を続けることもできるはずだし、そう望む人も多いだろう。

セックスをしたからって友達関係を終わらせる必要はないし、その程度で友情が崩壊するならふたりの間に友情という情愛があったのか疑わしく思う

■大切なのは行為ではなく、そこに「情愛」があるかどうか

たしかに性行為をきっかけに、相手とぎくしゃくしたりするのは面倒だ。

しかし、人間的に面白みを感じ、異性としても魅力を感じるという人は、決して恋人やパートナーだけではないはず。そんな魅力的な人と「肉体関係を結びたい」と思うのは人間として自然な欲求ではないだろうか。

そして本当に友達として付き合いたい相手ならば、「ぎくしゃくするかも……」なんていう面倒くささくらい引き受けて、友達関係を続けるべきだ。それでも相手が友達としての価値を不意にして、異性としてしか見ない対応をしてくるならば、その相手はそれだけの人間だ。

そもそも「友情」とは「友達の間の情愛。友人としてのよしみ」という意味。

つまり、相手と性的な肉体関係があるかどうかは友情に影響せず、それよりもその関係性に「情愛」が存在していることの方が重要なのだ

だから肉体関係を結んだかどうかよりも、ふたりの間にそれでも情愛があるかどうかを注目して見るべきだと思う。

■今ある言葉に規定されない関係性にこそ価値がある

最初の議題に戻ると、個人的には男女の友情は成り立ってほしいと思っている。しかしそれよりも、男女の関係性を言い表す言葉が「友達」「セフレ」「恋人」「夫婦」くらいしかないことの方が問題であるような気もする

人類が約25万年生きてきて、世界に60億人も人間がいて、世の中に存在する男女の関係がそんな少ない言葉に既定されるわけがない。もっと多くの関係性が存在するはずだし、情愛の形だって様々なはずだ

「友達」「夫婦」を超えていく

昨年末放映されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でも、「夫婦」という枠を超えた関係性が描かれていた。この作品が人気を呼んだのも、今ある男女の関係性に疑問を持っている人が少なからずいたからではないだろうか?

太古の昔には「恋人」「友達」なんて言葉はなかったし、概念すらあったか謎だ。

言葉で定義されることで、自分自身が安心できることもある。しかし、肩書きや言葉に縛られ過ぎるのは窮屈だし、人間同士の関係を狭める可能性もある

「夫婦だから子供を作らなくてはいけない」「友達だから性行為をしてはいけない」、そんな肩書きに縛られたルールなんて不自然だ。今ある言葉や肩書きに規定された関係を、軽々と越えてくれる関係にこそ、価値があるのではないだろうか。

この記事のライター

下北沢を愛するフリーライター、コラムニスト。女性向けウェブメディアでの編集・ライター経験を活かし、女性の生き方・働き方、恋愛や結婚など男女関係についてのコラムに加え、グルメメディアでの経験を活かしたグルメ記事、食レポを執筆中...

関連するキーワード


恋人 友達 人間関係

関連する投稿


別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

自分から別れを選んだのに、いつまでも彼を憎む気持ちが消えない。彼にも嫌な思いをさせたいと思う自分を自覚するのは、とてもつらいことですね。ですが、それは言いたいことをすべて吐き出すことでいつか消えていきます。嫌な自分を認めてあげることが、彼を本当に忘れる第一歩です。


人の美醜を笑うな

人の美醜を笑うな

他人の外見を笑うのは当然のことながら褒められた行為ではない。美人かそうでないかは大げさではなく人生を左右する。しかし、時代が変われば美人の定義も変わる。美人とはいったいなんなのか。


彼と別れたい……付き合い始めたけど、やっぱりダメだったときの対処法

彼と別れたい……付き合い始めたけど、やっぱりダメだったときの対処法

告白されてとりあえず付き合ってみたけど、やっぱり彼のことを好きになれない……から別れたい。でも、彼は私のことが大好きで、すごく良くしてくれている。こんなとき、別れ話をするのに罪悪感を持ってしまいがち。そこで今回は、自分に原因がある場合における、彼との上手な別れ方をご紹介します。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼と別れたくなったとき、どんな言葉を選べば良いか悩む女性も多いでしょう。きれいな別れ方を望むなら、「先はない」つもりで接する潔さが必要です。最後なら、しっかり感謝の気持ちを伝えて「いい女」で終わらせたいもの。覚悟が見えれば男性も別れを正面からとらえることができます。


最新の投稿


白ワインで痩せる? 『医者が教える食事術 最強の教科書』が面白い

白ワインで痩せる? 『医者が教える食事術 最強の教科書』が面白い

趣味と実益を兼ねて『医者が教える食事術 最強の教科書』を読みました。「医学的に正しい食べ方」が書かれた本の内容は、アラフォーの美容と健康の学びになる1冊。読書の習慣がない方でも読みやすく作られたこちらの本。いつまでも健康で美しくいたい方におすすめです。


「土鍋ローストチキン」をクリスマスに作ろう! オーブンいらずの簡単・美味メニュー

「土鍋ローストチキン」をクリスマスに作ろう! オーブンいらずの簡単・美味メニュー

クリスマスの定番料理といえば「ローストチキン」。難しそうなイメージがある料理ですが、実はオーブンがなくてもOK。"土鍋"を使えば簡単に作ることができます。今回は美味しすぎるローストチキンのレシピをご紹介します。


ご褒美アイスが今年も登場。ハーゲンダッツのスペシャリテ「抹茶のオペラ」

ご褒美アイスが今年も登場。ハーゲンダッツのスペシャリテ「抹茶のオペラ」

年に一度のご褒美です。今年は抹茶が主役のぜいたくスイーツSpécialité(スペシャリテ)「抹茶のオペラ」が11月21日より期間限定で新発売に。濃厚な抹茶アイスクリームと大人な味わいのブロンドチョコレートアイスクリームがポイントです。


「自分らしく」働きながら、求められる人材になるヒント~「自己分析」できていますか?

「自分らしく」働きながら、求められる人材になるヒント~「自己分析」できていますか?

広告代理店、ITベンチャー会社の転職を経て、女性向けメディアアプリ「LOCARI(ロカリ)」セールスマネージャーとして活躍する木村沙友里さん。自分らしい働き方を手に入れ邁進する彼女に、女性が陥りがちなキャリアの悩みを解きほぐすコツや自己分析方法をお聞きしました。


ブラジリアンワックス脱毛で、ランジェリー選びが自由になる

ブラジリアンワックス脱毛で、ランジェリー選びが自由になる

VIOなどのムダ毛を簡単かつきれいに脱毛できるブラジリアンワックス。衛生面以外にも、たくさんのメリットがあり、日本でもかなり普及してきました。今回はブラジリアンワックス脱毛の基本や、アンダーヘアをきれいにして挑戦したい、Tバックやタンガのランジェリーをご紹介します。


おっぱい