「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立つか、成り立たないか」人それぞれ考え方はあるかもしれないけれど、そもそも「友達」や「友情」とはなんなのだろうか? 肩書きや言葉に惑わされて見えなくなっている「男女の関係性」について、掘り下げていく。


「男女の友情は成り立つか」

これは昔から議論されているテーマだ。

そもそもなぜ、そんなテーマが普遍的に議論されているかというと、男女というのは恋愛関係に陥る可能性があり、もし恋愛関係が破綻してしまった場合に、友情を保つのが面倒だから。

そのため「男女の友情は成り立たない」と片づけて、友情については面倒になる可能性が低い同性で満たした方が良い、と考える人が多かったからだろう。

■肉体関係を結ぶと友情は壊れるのか?

そもそも男女が面倒な関係になると言われているのは、体の関係を結んでしまったら「付き合わなくてはいけない」「友達ではなくセフレになってしまう」などという貞操観念と強迫観念を持っている人が多いからではないだろうか?

相手から「恋人」というポジションを要求される可能性があること、友達ではなくなることなど、ふたりの関係性が変わってしまうことに不安を抱いているのかもしれない。

でも体の関係を結んだだけで、相手のことを「友達ではなくセックスをした相手」という風に、今までと違うフィルターで見る必要は本当にあるのだろうか?

たしかに「体を許すと情が湧く」というのはわかる。そこから始まる恋もあるだろう。でも相手との関係性を変えたいわけではなく、少しのアクシデントやちょっとした弾み、単純に欲情して男友達と性行為をしてしまう場合もある。

それはエンターテインメントやコミュニケーションの一つとして割り切って、これまで通りの関係を続けることもできるはずだし、そう望む人も多いだろう。

セックスをしたからって友達関係を終わらせる必要はないし、その程度で友情が崩壊するならふたりの間に友情という情愛があったのか疑わしく思う

■大切なのは行為ではなく、そこに「情愛」があるかどうか

たしかに性行為をきっかけに、相手とぎくしゃくしたりするのは面倒だ。

しかし、人間的に面白みを感じ、異性としても魅力を感じるという人は、決して恋人やパートナーだけではないはず。そんな魅力的な人と「肉体関係を結びたい」と思うのは人間として自然な欲求ではないだろうか。

そして本当に友達として付き合いたい相手ならば、「ぎくしゃくするかも……」なんていう面倒くささくらい引き受けて、友達関係を続けるべきだ。それでも相手が友達としての価値を不意にして、異性としてしか見ない対応をしてくるならば、その相手はそれだけの人間だ。

そもそも「友情」とは「友達の間の情愛。友人としてのよしみ」という意味。

つまり、相手と性的な肉体関係があるかどうかは友情に影響せず、それよりもその関係性に「情愛」が存在していることの方が重要なのだ

だから肉体関係を結んだかどうかよりも、ふたりの間にそれでも情愛があるかどうかを注目して見るべきだと思う。

■今ある言葉に規定されない関係性にこそ価値がある

最初の議題に戻ると、個人的には男女の友情は成り立ってほしいと思っている。しかしそれよりも、男女の関係性を言い表す言葉が「友達」「セフレ」「恋人」「夫婦」くらいしかないことの方が問題であるような気もする

人類が約25万年生きてきて、世界に60億人も人間がいて、世の中に存在する男女の関係がそんな少ない言葉に既定されるわけがない。もっと多くの関係性が存在するはずだし、情愛の形だって様々なはずだ

「友達」「夫婦」を超えていく

昨年末放映されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』でも、「夫婦」という枠を超えた関係性が描かれていた。この作品が人気を呼んだのも、今ある男女の関係性に疑問を持っている人が少なからずいたからではないだろうか?

太古の昔には「恋人」「友達」なんて言葉はなかったし、概念すらあったか謎だ。

言葉で定義されることで、自分自身が安心できることもある。しかし、肩書きや言葉に縛られ過ぎるのは窮屈だし、人間同士の関係を狭める可能性もある

「夫婦だから子供を作らなくてはいけない」「友達だから性行為をしてはいけない」、そんな肩書きに縛られたルールなんて不自然だ。今ある言葉や肩書きに規定された関係を、軽々と越えてくれる関係にこそ、価値があるのではないだろうか。

この記事のライター

下北沢を愛するフリーライター、コラムニスト。女性向けウェブメディアでの編集・ライター経験を活かし、女性の生き方・働き方、恋愛や結婚など男女関係についてのコラムに加え、グルメメディアでの経験を活かしたグルメ記事、食レポを執筆中...

関連するキーワード


恋人 友達 人間関係

関連する投稿


化けの皮は最後までかぶっていてほしい

化けの皮は最後までかぶっていてほしい

多くの人は、好きな人の前ではちょっとだけいい自分を見せたい。恋愛でも友情でも。けど、少し心の距離が縮まると、決まってありのままの姿を見せようとする。しかし、相手はありのままの姿を見せられることを望んでいるのだろうか。


女が男を捨てるとき

女が男を捨てるとき

女性が男性に別れを切り出すときの理由には、正当性がある。大切なのは「こりゃないな」という気持ち。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


夫婦のセックスレスを解消する、合理的な4つの方法

夫婦のセックスレスを解消する、合理的な4つの方法

今回は夫婦のセックスレスを解消する合理的な方法を4つご紹介していきます。性欲は人間の三大欲求のひとつであるはずなのに、近年日本のセックスレス率は上昇するばかり。日本の夫婦の間に一体何が起きているのでしょうか?


最新の投稿


セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

セックスへの積極的度心理テスト~誘うときは自分から? 彼から?

今回はセックスへの積極度を診断する心理テストをご紹介します。パートナーと愛し合う大切な時間に、あなたはどんな誘い方をしますか? 積極的に誘う人、とにかく待つ人、誘わせるよう仕向ける人など、さまざまかと思います。このテストで、そんなあなたの深層心理が見えてくるかも。


表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

表面カリカリ、中モチモチ。ハワイ発のマラサダドーナツ店が関東初上陸

ハワイ発のマラサダドーナツ店が浅草に10月15日よりオープンします。注文を受けてから手づくりで提供されるドーナツは、もっちり感をその場で味わえるのが魅力。10月10日からの3日間はプレオープン期間として、マラサダドーナツの無料提供も。


男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

男だけの美しいコメディ・バレエ「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が来日!

ニューヨーク発の大人気コメディ・バレエ団「トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団」が30回目となるジャパンツアーを開催中! 格式高いと敬遠されがちなクラシックバレエを明るく笑えるものに変え、世界を魅了したそのテクニックと芸術性は、単なる女装バレエにとどまりません。一度は観たい、彼らの舞台の魅力に迫ります。


【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

【100万円のオンナ貯金#5】お金を増やすことが習慣化する! お金を貯めるクセをつけよう

「継続は力なり」という言葉があります。これはスポーツや勉強だけに限らず、貯金も同じこと。少額でもいいので、少しでも長くお金を貯めた方がいいのです。でも継続するって、難しい。そんなあなたのために、今回の【100万円のオンナ貯金】ではお金を貯めることをクセにする方法をご紹介します。


コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

コットン100%なのに撥水性を備えた、優秀チェスターコート

ニューヨーカーが、綿100%でありながら、撥水性に優れた素材「MENNANONY(メンナノニー)」を使用したチェスターコートを、9月29日より新発売。秋冬のファッションを軽やかに楽しめるシンプルなチェスターコートは、オン・オフ問わず様々なシーンで活躍するはずです。


おっぱい