友達に関する記事

「友達」とは何でしょうか。皆さんは”友達の定義は?”と聞かれたらどう答えますか。女友達、男友達、大人の友達、SNS上の友達。そんな様々な「友達」についてここでは考えていきます。

友達に関連するキーワード

女友達
>>友達に関連するキーワード一覧

“親友”と呼べない私。友達ってなんだろう。

“親友”と呼べない私。友達ってなんだろう。

あなたにとって友達とは? なんて聞かれると少し困ってしまう。あの子との関係はこうだから、友達。そう考えながら付き合っているわけじゃない。でも、あらためて「友達」について思いめぐらせると、気づくことがある。大人になってから考える、大人になったからこそ考えたい、友達。


 #だからひとりが好き ディレクターがすすめる「ひとり」に勇気をくれる本5冊

#だからひとりが好き ディレクターがすすめる「ひとり」に勇気をくれる本5冊

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今あらためて友達について考えます。同時に、友達という他者とではなく、ひとりで過ごす時間にも目を向けてみては。誰かとの時間も尊いものだけれど、ひとりで自分と向き合う時間もとても大切なもの。ひとりが好きな人、ひとりでいることに不安を感じる人、どちらにもおすすめの本をご紹介。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 『DRESS』でお届けする1月特集は「トモダチってナニ?」。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


大人の友だち付き合いで大切なのは”感情”よりも”タイミング”

大人の友だち付き合いで大切なのは”感情”よりも”タイミング”

友人はかけがえのないものだ。しかし、絶対にいなければならない、ということではない。友人との良好な関係を続けようとして、無理をしたり、愛想笑いを浮かべ続けることは本末転倒と言えないだろうか。


他人の行動背景を想像できる人になろう

他人の行動背景を想像できる人になろう

どうしてこの人はこんなことをするのだろう? そう疑問に感じる場合がある。予想外の言動に動揺したり。でも、それには必ず理由がある。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだと分かりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、現代の結婚観にこそ問題があるのかもしれない。今回は複数人と同時交際を行う「ポリアモリー」とともに、“婚外”で性関係を持ってもいいとして、注目を集める「オープン・マリッジ」という結婚の形について掘り下げていく。


「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立つか、成り立たないか」人それぞれ考え方はあるかもしれないけれど、そもそも「友達」や「友情」とはなんなのだろうか? 肩書きや言葉に惑わされて見えなくなっている「男女の関係性」について、掘り下げていく。


「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

嫌いな人間ができるたびに、いけない気がして封じ込めてきた。しかし、好きも嫌いも、人間だからこそわき出る自然な感情だ。嫌いという感情と向き合い、とことん考え尽くすことで、見えてくるものがあると知ってほしい。


ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

無理に作る必要も、嫌な人と付き合う必要もない。それが友達。皆さんにとって「女友達」とはどんな存在ですか? ほどよい距離感のを保てる女友達とは、関係が長続きします。


大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

「女とコミュニティ」について考えてみた。思い返せば、私たちは幼い頃から常にコミュニティに属して生きてきた。そうしなければ、安全に生活することができなかったから。しかし、今そのコミュニティに依存しすぎていないだろうか。とらわれすぎていないだろうか。コミュニティに属するのも抜けるのも、本当はもっと自由だ。


女友達と疎遠にならないことの難しさ

女友達と疎遠にならないことの難しさ

女友達と疎遠になる時期がこれまで何度かあった。そして今、私に女友達はいない。世の大人の女性たちは、一体何人くらい女友達がいるのだろうか。既存の女友達との関係を継続するのは、新たに女友達を作る以上に難しいと思う。女性同士はそれぞれの環境の変化が原因で、疎遠になってしまうことをつくづく実感する今日この頃である。


女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達とは、何かを共有していれば、共感していれば、ずっと仲良くやっていけると思っていた。でも、年齢を重ねるにつれ「それは違うんじゃない?」と思う部分が出てくる。慣れたはずのやりとりを忘れてしまう瞬間とは。


寒い冬は、誰かと一緒に銭湯がおすすめ【銭湯日記Vol.5】

寒い冬は、誰かと一緒に銭湯がおすすめ【銭湯日記Vol.5】

めっきり寒くなりました。めっちゃ寒いこの季節、銭湯への道のりが果てしなく遠く思えますが、友達と一緒に銭湯に行ってみたら、何ということでしょう、あれほど高かった敷居がするする下がってしまいました。入浴後はホカホカのまま、何を食べるか楽しい相談。誰かと一緒の銭湯が、こんなに楽しいなんて!


Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebook美人はやっている。Facebook「友達」とのストレスフリーな付き合い方

Facebookは数あるSNSの中でも「友達」との付き合い方が難しいもの。友人、上司、取引先など、様々な人間関係がフラットに並ぶからこそ、使い方に悩む人も多いです。今回はFacebookで「少し苦手だな」と感じる友達とスムーズに、きれいに距離を置ける友達付き合いの方法をご紹介します。


おんなともだち

おんなともだち

会うたびにないがしろにされ、何かを横取りされたような気もちになる……そんな女友達がいたとしても、10年後、20年後には「私もあなたも、よくやったよね」と言い合える日が来る。それが女友達というもの。


裏切りの素顔

裏切りの素顔

「そんな人だと思わなかった」と言われたことはあるだろうか。私はしょっちゅうだ。と言っても、別に友人と絶交したり、仕事仲間とトラブったりしたわけではない。インタビューに訪れた記者さんに「テレビで見た印象…


“ともだち”は、線ではなくて点

“ともだち”は、線ではなくて点

子供の頃、とても人見知りだった私は、未だにその気質が抜けていない。仕事をしているときは「小島慶子」といういわばショウケースにおいてある売り物なので、初対面の人でもこちらをある程度は知ってくれている。こ…


再会続き

再会続き

37歳を過ぎた頃から、妙な偶然が続くようになった。縁が切れていた学生時代の友人とばったり会ったり、知り合った人がたまたま高校時代の友達の知り合いだったり。中学時代の友人と仕事で偶然再会して、その子の紹介で、これまた小学校6年生のときに一緒に四谷大塚に通った同級生とも20数年ぶりに繋がった。