記事総数:51

公開済みの記事


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

別れたあとも元カノのことを忘れられずに苦しむ男性は大勢います。別れ際に本音を言えなかったり、愛情が残ったままであったり、別れたことに納得していない場合、男性側のほうが未練を引きずることが多く見られます。未練がましい男性にはどんな特徴があるのか、またどう対応すれば良いのか、お話します。


パートナーとセックスレスになってしまったとき、試してみたいこと

パートナーとセックスレスになってしまったとき、試してみたいこと

いまや夫婦だけでなくカップルにも「セックスレス」という言葉が広がっています。性欲が湧かない、抱き合う気になれない、そんなふたりでは、付き合いを続けても先を考えるのは難しいですよね。できるなら、早いうちにセックスレスを解消したい。それは大袈裟なことではなく、日々のコミュニケーションを見直すことから始まります。


不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

自分は遊びのつもりだったのに、不倫相手のほうが本気になってしまった。勝手に離婚なんかされても困るし、どうしよう……。既婚者がのぼせ上がると暴走しやすく、独身女性のほうは一方的に表舞台に引っ張り出される危険性もあります。そんな事態になったら、何とかして彼から一度距離を取る方法を考えましょう。


男性が恋愛で優位に立ちたがるのは、あなたを守りたいから

男性が恋愛で優位に立ちたがるのは、あなたを守りたいから

「何で男ってこんなにプライドが高いんだろう」。付き合っている男性の態度によっては、そう感じる女性もいるかもしれません。何でも優位に立ちたがる姿を見ると、愛されていないのかと不安になりますよね。ですが、彼女より上にいたがるのは、ひとえにあなたを「守りたい」と思っているから。不器用な男心についてお話しします。


既婚女性が不倫で失ったものは、夫ではなく自分の居場所だった

既婚女性が不倫で失ったものは、夫ではなく自分の居場所だった

不倫していることを簡単に他人に話してしまうのは危険です。秘密を守ると言っても、口の軽い人は罪悪感を抱くことなく、ほかの人に話してしまいます。不倫を嫌悪している人に知られてしまえば、それは友情だけでなく居場所までを失う危機に。ある女性は、不倫をしていることが仲間に知られたことで、大切な空間をなくしました。


別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

自分から別れを選んだのに、いつまでも彼を憎む気持ちが消えない。彼にも嫌な思いをさせたいと思う自分を自覚するのは、とてもつらいことですね。ですが、それは言いたいことをすべて吐き出すことでいつか消えていきます。嫌な自分を認めてあげることが、彼を本当に忘れる第一歩です。


復縁が難しいケースでも、元カレの心をつかむ方法がある

復縁が難しいケースでも、元カレの心をつかむ方法がある

嫌な別れ方で終わると、その後の復縁は難しくなります。焦って自分の存在を押し付けるのは逆効果。それより、彼の前から一度気配を消し、改めて復縁したい理由を考えることができたなら、以前とは違う自分で元カレの前に立てるでしょう。元カレの心をつかむのは、何より「生まれ変わったあなた」であることが大切です。


不倫相手に本気になった既婚女性が、それでも離婚できなかった理由

不倫相手に本気になった既婚女性が、それでも離婚できなかった理由

不倫相手を本気で好きになってしまった既婚者の彼女ですが、夫に離婚を切り出すことはできませんでした。それは、自分が夫に与える痛みの大きさに気がついたから。「許されない恋」は確かに興奮するけど、それより夫を不幸にするダメージのほうが大きいと気がついたとき、彼女は現実に戻ります。


復縁は無理? 「ほかに好きな人ができた」と言われて振られたとき

復縁は無理? 「ほかに好きな人ができた」と言われて振られたとき

自分以外に好きな女性ができた。そんな理由で振られるのは、とてもショックなことです。ですが、事実としてそれを伝えてくれる男性は、誠意のある証拠。諦めきれないなら、自分も同じように誠意を持って彼と接することを心がけましょう。「見守る元カノ」になることで、彼の心が動きます。


元カレからの「相談があって」は復縁のサイン? きっかけが欲しい心理とは

元カレからの「相談があって」は復縁のサイン? きっかけが欲しい心理とは

突然元カレから電話があったと思ったら、何だか暗い声で「話したいことがあって」と深刻な様子。こんな男性には、相談することで復縁のきっかけを作りたいという心理が隠されています。素直によりを戻したいと言えないプライドが、相談という形で自分のペースを守ろうとするのですね。ですが、実は主導権を握っているのはあなたのほうなのです。


既婚者を本気で好きになると、独身者のほうが不自由になる

既婚者を本気で好きになると、独身者のほうが不自由になる

既婚女性と不倫を続ける独身男性。遊びのはずが、気がつけば本気で好きなっていた。そのとき、男性が感じるのはプライドと恋心に挟まれる苦痛です。男性に限らず、既婚者を好きになれば独身側のほうが不自由になります。それは愛情に縛られるから。ですが、先はありません。そんな関係から抜け出すヒントは、現実を見ることにあります。


彼との気持ちの温度差がつらいなら、「期待」を手放してありのままを受け止めてみる

彼との気持ちの温度差がつらいなら、「期待」を手放してありのままを受け止めてみる

彼のために尽くしているのに、何だかいつも素っ気ない態度。本当は好かれてない? こんな不安は、一方的な期待とのギャップから生まれます。望み通りの反応を求められると、男性は逆に愛情を伝えにくくなるものです。気持ちの温度差を感じてつらいときは、心のフィルターを外して、ありのままの彼を受け止めてみてください。


復縁成功後にうまくいくカップルと別れるカップルの違い

復縁成功後にうまくいくカップルと別れるカップルの違い

復縁は、その後も幸せな交際が続いてこそ成功といえます。よりが戻ってからさらに愛が深まるふたりには必ず良い変化が起こるもの。一方、復縁してもやっぱり別れてしまうカップルは、上手くいかない本当の原因を克服できていないことがあります。何のためによりを戻したのか、改めて考えてみる必要がありますね。


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


31歳の人妻が不倫に走った理由は、「秘密」という高揚感だった

31歳の人妻が不倫に走った理由は、「秘密」という高揚感だった

好きな人と結婚して、幸せな結婚生活を送っていた。でも、周りで不倫を楽しんでいる人を見て、自分も興味を持ってしまった。夫以外の男性と肉体関係を持つのは高揚感があって、ハマってしまったけど……。最後、彼女に残されたのは虚しさとリスクだけでした。簡単に不倫に走ることで何を失うか、お伝えします。


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼と別れたくなったとき、どんな言葉を選べば良いか悩む女性も多いでしょう。きれいな別れ方を望むなら、「先はない」つもりで接する潔さが必要です。最後なら、しっかり感謝の気持ちを伝えて「いい女」で終わらせたいもの。覚悟が見えれば男性も別れを正面からとらえることができます。


復縁狙いからセフレになってしまった……このときとりたい正しい距離感とは

復縁狙いからセフレになってしまった……このときとりたい正しい距離感とは

よりを戻したくてがんばっていたのに、気がつけばセックスを求められるだけの関係に。復縁できたと思っていたのは自分だけだった。そんな不毛な関係は「手に入らない距離」を保ち、男性の頭を冷やすことで、変えていきましょう。関係をリセットすることで、自分自身も今後のことを冷静に考えられるようになります。


追わせる恋愛をしたがる男性には「放置」が効く

追わせる恋愛をしたがる男性には「放置」が効く

ネガティブな言葉を吐いては、女性に自分を追うように仕向ける男性。彼らは追わせる恋愛をすることで自分の価値を確認したがります。ですが、いつも従っていては相手も甘えるだけ。一度放置してみて、追わない自分を見せましょう。痛みを実感してもらうことで、無駄な「追わせたい病」を止めることができます。


act dress
女性の電話相談 手相占い 不倫 年下彼氏