宋 美玄 さんが 2013/10/21 に更新
オーガニック子宮生活

オーガニック子宮生活

ここ数回、女性ホルモン・男性ホルモンについてのよくある誤解や、酵素を口から飲んで吸収されるかということについてバシバシ斬ったらえらく反響をいただき、まるで「トンデモ斬りコーナー」のようになっている「か…

生殖医療 健康 ナプキン

ここ数回、女性ホルモン・男性ホルモンについてのよくある誤解や、酵素を口から飲んで吸収されるかということについてバシバシ斬ったらえらく反響をいただき、まるで「トンデモ斬りコーナー」のようになっている「からだ問題担当大臣」コラムですが、健康や体にまつわることは幅広く取り上げていきたいと思います。

現代の大量生産、機械化された社会、化学物質などへの漠然とした恐れやマイナスイメージを抱いている人たちの中には、自然に回帰したい、「ていねいに」生きたいと考えている人が多いようです。みなさんの中でも、口にするもの、肌に触れるものは、「オーガニック」「自然派」「植物性」って書いてあるとなんとなくそっちを選びたくなるという人は多いのではないでしょうか。製造者によれば100%オーガニックの材料だけでシャンプーや日焼け止めを作るのは無理らしく、ブランドによっては「100%オーガニック」を謳っていても化学物質が山盛り入っているものも数多く出回っています。「信じて使っていたのに騙された!」という人もいると思いますが、言われるまで気づかなかったのならいいじゃんねってことにしてください。

さて、産婦人科医の私が考える女性の「オーガニック」ライフの象徴と言えば、布ナプキンです。みなさんの中にも「使ってみようかな」と思ったことのある方がいらっしゃるのではないでしょうか。通常「オーガニック」コットンで出来たナプキンで、ゴミが減ってエコだったり市販のナプキンかぶれに悩んでいた人がかぶれなくなったり、利点もあります。しかし、布ナプキン「信者」の中にはありもしない効能を喧伝し、市販のナプキンを害悪のように言い立てる人がいます。

曰く、
・市販のナプキンは石油から作られた高分子ポリマーで出来ており、皮膚から吸収されて有害である
・その高分子ポリマーが子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科疾患の原因となる
・高分子ポリマーのナプキンが開発されてから婦人病が増えた
・布ナプキンは体に良く、つけていると子宮筋腫の発育が止まったり、生理痛が軽くなったりする
・という訳で布ナプキンは地球を救う
とのことです。

そもそも高分子ポリマーのようなその名の通り粒の大きなものは、皮膚から吸収されたりしません。(これも前回の酵素ジュース同様、体の基本を知らない人にしか通用しない嘘ですね)ですから当然子宮内膜症や子宮筋腫の原因にもなりません。生理用ナプキンが初めて発売されたのは昭和36年ですが、その頃から女性が生涯に産む子供の数が少なくなり、妊娠・授乳中に排卵が止まっている期間が少なくなって生理の回数が増えたことが婦人科疾患増加の一因なわけで、生理用ナプキンは関係ないのです。二つの事柄が同時に起こると、まるで因果関係があるかのように印象操作されることがありますが、騙されないようにしたいものです。

生理痛の原因は、子宮内膜(赤ちゃんが宿るのを待ち受けていたクッションのような組織)が剥がれ落ちる時にプロスタグランディンという痛みの物質が分泌されるからです。外側に当てるのがコットンだろうとポリマーだろうと関係ありません。軽くなったと言う人がいるのは「プラセボ効果」です。
ちなみに、コットンの製造法がオーガニックの条件を満たしていても、一度化学洗剤で洗えばそれは「オーガニックコットン」でなくなってしまうので、ほんと「オーガニック」なのはイメージだけと言っていいでしょう。血液を介して家族などに感染する病気もたくさんありますから、衛生面は非常に気になるところです。

エコなどの観点からは優れている部分もある布ナプキンですが、私の業界では「トンデモ」の代名詞のように言われていて、とても悲しい限りです。実際に薬事法に抵触するような宣伝をしている業者もあるので、健康に関わる嘘はちゃんと規制して欲しいものです。ほんま、医療資格者が言うと大変なことになるのに、素人は言いたい放題っておかしいですよ……(愚痴ですが)

1万円のワインと100万円のワインの違いが分かる人がどれだけいるのかというのと同じことで、オーガニックの真価が分かる人がどれだけいるのか分かりません。騙されている方が幸せと思う人もいるでしょう。しかし、真面目にオーガニック製品を作っている人のためにも「トンデモ」は取り締まって欲しいですね。

関連する投稿


Less is More 豊かなLIFESTYLEに本当に必要なものは?

Less is More 豊かなLIFESTYLEに本当に必要なものは?

『DRESS MARKET』 DRESS世代のオトナ女子のライフスタイルを充実させる、全国からのオススメな良品をご紹介します。


ゴルフで美ボディになる3つの理由!

ゴルフで美ボディになる3つの理由!

みなさん、近頃運動されてますか?仕事や飲み会でつい体を動かすのがおっくうに…。大人女子なら誰もが思うことですね。フィットネスクラブやヨガ教室もいいのですが、やはり自然の中で体を動かしながら「ゴルフ」で過ごす1日は格別! ゴルフで身も心も美しくなりませんか?



日本茶美容を始めるなら今!新茶で春の不調を内側からケア。 満木葉子の日本茶美容#2

日本茶美容を始めるなら今!新茶で春の不調を内側からケア。 満木葉子の日本茶美容#2

旬の日本茶で身体の内側からケアして、紫外線や春の鬱をブロック!5月11日には「地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」主催のセミナーで『オトナ女子なら知っておきたい日本茶美容法』についてお話しします。日本茶美容をこの春、始めませんか?


全身の巡りを良くする!ペットボトルでできる簡単経路マッサージ

全身の巡りを良くする!ペットボトルでできる簡単経路マッサージ

肌荒れやしわ、抜け毛、減りづらい体重……個別のお悩みに対処する前に、全身のエネルギーの流れを整えて。


最新の投稿


自分らしい、洗練された眉メイクのコツ

自分らしい、洗練された眉メイクのコツ

眉は顔のフレームとも言われます。それだけに太さや形次第で、洗練されて見えたり、野暮ったく見えたりも……。西村宏堂さんが自分に合った眉の描き方、作り方を解説します。


オトナの美旅スタイル #8 各国大使館が別荘を構えるオトナの避暑地、奥日光へ

オトナの美旅スタイル #8 各国大使館が別荘を構えるオトナの避暑地、奥日光へ

避暑地として有名な奥日光。静かで緑豊かな、癒やしの場所を訪れてきました。


医師から驚かれるくらい元気なぼくは、まだ奇跡を起こし続けられる気がした【前を向いて生きるということ #8】

医師から驚かれるくらい元気なぼくは、まだ奇跡を起こし続けられる気がした【前を向いて生きるということ #8】

30代半ばの働き盛りのときに、胆管がん(ステージ4)の宣告を受けた西口洋平さん。仕事と家庭を大事にしながら、自身と同じ「子どもを持つがん患者」をサポートするWebサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げ、普及させる取り組みを行っています。「今、できること」と向き合い、行動する西口さんの不定期連載をお届けします。


「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第7話

「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第7話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。


顔をスッキリ&リフトアップさせるには?

顔をスッキリ&リフトアップさせるには?

フェイスラインのゆるみが気になる! そんな時は顔のコリをほぐすことから始めてみて。藤原美智子さんがおすすめのマッサージ法を伝授。