ぼくだからできる2つの「最後の仕事」【前を向いて生きるということ #9】

ぼくだからできる2つの「最後の仕事」【前を向いて生きるということ #9】

30代半ばの働き盛りのときに、胆管がん(ステージ4)の宣告を受けた西口洋平さん。仕事と家庭を大事にしながら、自身と同じ「子どもを持つがん患者」をサポートするWebサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げ、普及させる取り組みを行っています。「今、できること」と向き合い、行動する西口さんの不定期連載をお届けします。


セカンドオピニオンを実施し、生存率の低さを認識し、奇跡という言葉を聞き、そして自分は今ここで生きている。何も変わらない日常を取り戻したと思っていて、ときに幻想の世界から一気に現実に引き戻される感じがあった。ぼくの中にはがん細胞がある。けっこう厄介ながん細胞がある。手術ができないがん細胞がある。抑えることしかできないがん細胞がある。悪さをすれば3ヶ月というがん細胞がある。そう、ぼくの中には、がん細胞がある。まぎれもない事実があった。

長くはない。このときに強烈に感じたことだ。そこから考えたのは、明日死ぬとしたら、今日はどんな仕事をするのか? ということだった。もちろん、今日元気な自分が、病気によって明日死ぬことはないのだが、それを問われていると感じたぼくは「最後の仕事」について考えはじめた。

■ぼくにしかできない、最後の仕事

当時のぼくは急きょ入院し、手術し、長期にわたって休暇をくれた会社に復帰させてもらい、週1回の通院治療にも行かせてもらい、職場からの理解もあり、働く環境としては本当にありがたいものだった。そんな環境があるにも関わらず、「最後の仕事」を考えたとき、疑問が浮かんだ。はたして、これが最後の仕事であっていいのか。本当にやりたいことはなんなのか。

キャンサーペアレンツの活動に時間を使いたい。ユーザーのがん患者の方が何に悩んでいることを聞いて、とにかく良くしていきたい。サービスや社会、制度など、いろいろあるけれど、とにかく良くしたいと思った。ぼくだからこそできること。それは、当事者として当事者の先頭に立って、みんなの意見を聞き、代弁し、とにかく良くしていくことだと思った。それしかないと思った。この活動途中に、もし病に倒れたとしても、うまくいくまでは死にたくはないけれど、納得はできるかもしれないと思った。まあ、できるはずはないけれど。

■15年育ててくれた会社に恩返しもしたい

そんなことを考えながら、もう一つの想いにもぶち当たる。それは、お世話になった会社のこと。右も左もわからない新卒社員の頃から面倒を見てもらい、今に至るまでの15年間。文句も言ったし、やるせないこともあったし、悲しいこともあったし、楽しいこともあったし、悔しいこともあった。ぼくの社会人としての時間は、この会社とともにあった。キャンサーペアレンツという、ぼくの本当にやりたいことが見つかったことで、はいサヨナラと言えるだろうか。そうしてやった仕事が、本当に「最後の仕事」と言えるだろうか。

ぼくの中では2つの「最後の仕事」は決まっていたが、家族や上司に相談した。もちろん、会社(新卒で入った会社の子会社)を辞めようと考えていたので、生活費や治療費はどうするのか? という不安は出てきた。また、会社に対して何か恩返しをしたいという気持ちもあったものの、そんなことをさせてもらえるのか、そんな仕事があるのか、そもそも週2~3日のように、キャンサーペアレンツに活動の軸を移しながら働く、ということを会社は理解してくれるのか。

■やりたいことと恩返し――今向き合う2つの仕事

5月上旬のセカンドオピニオン。考えを巡らせて迎えた5月末のある日。ぼくは社長に話をした。2つの最後の仕事がしたいということを伝えた。キャンサーペアレンツの活動と、お世話になった会社への恩返し。なんの躊躇もなくOKだった。あっけないほどに。社長は、すぐに人事と調整し、制度上どのような形で進めたらよいのかを確認してくれた。

ある意味、ぼくのわがままである。ぼくのやりたいことである。それを理解してくれた、家族や会社のためにも、最後の仕事で成果を出さないといけない。というか、何も気にせず思い切ってできる。思い切ってやるしかない。ぼくの中には、相変わらずがん細胞はあるが、大きなチャレンジができることにワクワクがある。がんであろうがなんであろうが、ワクワクできるんだ。2016年6月末で子会社を退職し、7月から親会社での恩返しと、本格的にキャンサーペアレンツの活動を開始させた。

■バックナンバーはこちらから
#1(https://p-dress.jp/articles/1758
#2(https://p-dress.jp/articles/1800
#3(https://p-dress.jp/articles/1865
#4(https://p-dress.jp/articles/1911
#5(https://p-dress.jp/articles/2064
#6(https://p-dress.jp/articles/2132
#7(https://p-dress.jp/articles/2194

(つづく)

Text=西口洋平

1979年大阪生まれの36歳。神戸商科大学(現:兵庫県立大学)卒業。一児(7歳)の父であり、両親も健在。
2015年のはじめ、ステージ4の胆管がんであると告知され、そのときに強烈に感じた孤独感。仲間がいない。話し相手がいない。同じ境遇の人が周りにいない。それなら自分でやってやろうと、ピア(仲間)サポートのWebサービス「キャンサーペアレンツ」を2016年4月に立ち上げる。
現在も抗がん剤による治療を続けながら、精力的に活動を続けている。

■キャンサーペアレンツ:http://www.cancer-parents.com
※Twitter:@cancer_parents
※Facebook:https://www.facebook.com/cancerparentscom

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


挑戦を続ける2つの意味【前を向いて生きるということ #10】

挑戦を続ける2つの意味【前を向いて生きるということ #10】

30代半ばの働き盛りのときに、胆管がん(ステージ4)の宣告を受けた西口洋平さん。仕事と家庭を大事にしながら、自身と同じ「子どもを持つがん患者」をサポートするWebサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げ、普及させる取り組みを行っています。「今、できること」と向き合い、行動する西口さんの不定期連載をお届けします。


医師から驚かれるくらい元気なぼくは、まだ奇跡を起こし続けられる気がした【前を向いて生きるということ #8】

医師から驚かれるくらい元気なぼくは、まだ奇跡を起こし続けられる気がした【前を向いて生きるということ #8】

30代半ばの働き盛りのときに、胆管がん(ステージ4)の宣告を受けた西口洋平さん。仕事と家庭を大事にしながら、自身と同じ「子どもを持つがん患者」をサポートするWebサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げ、普及させる取り組みを行っています。「今、できること」と向き合い、行動する西口さんの不定期連載をお届けします。


【前を向いて生きるということ #7】厳しい環境こそチャンス

【前を向いて生きるということ #7】厳しい環境こそチャンス

30代半ばの働き盛りのときに、胆管がん(ステージ4)の宣告を受けた西口洋平さん。仕事と家庭を大事にしながら、自身と同じ「子どもを持つがん患者」をサポートするWebサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げ、普及させる取り組みを行っています。「今、できること」と向き合い、行動する西口さんの不定期連載をお届けします。


【前を向いて生きるということ #6】次から次へと出てくる課題、どう立ち向かう?

【前を向いて生きるということ #6】次から次へと出てくる課題、どう立ち向かう?

30代半ばの働き盛りのときに、胆管がん(ステージ4)の宣告を受けた西口洋平さん。仕事と家庭を大事にしながら、自身と同じ「子どもを持つがん患者」をサポートするWebサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げ、普及させる取り組みを行っています。「今、できること」と向き合い、行動する西口さんの不定期連載をお届けします。


【前を向いて生きるということ #5】サービス開発の進め方が変わった日

【前を向いて生きるということ #5】サービス開発の進め方が変わった日

30代半ばの働き盛りのときに、胆管がん(ステージ4)の宣告を受けた西口洋平さん。仕事と家庭を大事にしながら、自身と同じ「子どもを持つがん患者」をサポートするWebサービス「キャンサーペアレンツ」を立ち上げ、普及させる取り組みを行っています。「今、できること」と向き合い、行動する西口さんの不定期連載をお届けします。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。