1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 妊娠/出産/家族
  3. 40代で母になる。二度の妊娠・出産で気づいた命の尊さ(42歳)

40代で母になる。二度の妊娠・出産で気づいた命の尊さ(42歳)

Share

40代の妊娠・出産にはリスクも多い。流産の確率は40%を超えるとも。だが、数々の経験や思慮を経て、それを受け止める人生経験や知恵があるのも40代。40代で母になるということ、二度の高年齢妊娠で経験した悲しみや喜びから得たものとは。

40代で母になる。二度の妊娠・出産で気づいた命の尊さ(42歳)

「妊娠、おめでとうございます! お一人目? お二人目?」
「ありがとうございます。一人目です」

このやり取りを何度繰り返しただろうか。

そう、私は42歳で思いがけず、二人目の子を妊娠した。
だが、一人目と答えるのに理由がある。

その理由は4年前に遡る。

■全力で仕事に打ち込みたい……母になることを考えたくなかった

7年前、私はIT業界で必死に働いていた。

いくつものサービスを担当し、数少ない女性マネージャーとしてやりがいを感じる日々。
目標はもっと多くのサービス、それに関わる人を幸せにすること。そのためにはさらに出世してもっと大きな裁量を得ることが必要だと信じて疑わなかった。

その年の私の誕生日に夫が投げかけた言葉。
「今は幸せだけど、この先子どもがいなくても幸せなんだろうか?」
私の一番恐れている話題だ。正直、子どもを持つことは考えたくなかった。だが、持たない決断からも逃げていた。自分の年齡はわかっている。でも考えたくなかったのだ。

母親になりたくなかった理由はいくつかある。当時その中で一番強かったのが「今の仕事を中断したくない。全力で打ち込みたい」というもの。今思うと、いくらでも仕事を続ける手段はあったと思うのだが、その他の理由も手伝っていたのだろう。頑なに拒否していた。
そのとき既に35歳。楽しいはずの夜が私にとって心重たい夜となったことを記憶している。

そのまま仕事に打ち込む日々を過ごし、一年。責任範囲はますます広がり、明らかに次のステップも見えてきていたとき。だが、私の身体は悲鳴をあげていた。

毎朝起き上がるのも辛い。遅刻は絶対にしたくないのでタクシーで会社に通勤する日々。
不思議と仕事をし始めると元気になるのだが、長年猛烈に働いてきたツケと管理職のストレスに身体は限界だった。

そんな私を見かねた夫の「仕事を辞めたら?」という言葉と、徐々に芽生えていた「食」に関わるライフワークに時間を使ってみたいという気持ちに後押しされ、退職を決意した。

Share

平野 響

東京在住・フリーランス。
食べる・呑むことをこよなく愛し、仕事も食関連。
趣味:ホームパーティー、ヨガ・ピラティス

関連するキーワード

関連記事

Latest Article