「薬指が長い男性」に気をつけて! 男性ホルモンと指の長さの関係

「薬指が長い男性」に気をつけて! 男性ホルモンと指の長さの関係

薬指の長い男性は、男性ホルモンの量が多いとされています。「テストステロン」という男性ホルモンが多い人は薬指が長くなり、テストステロンが少ない人は人差し指が長くなる、というわかりやすい見分け方があるのだ。結婚相手に適しているのは後者の男性。その理由は?


この間、とある講演会でとても興味深い話を聞きました。

講演会自体は「なぜ残業はなくせないのか?」という経営・人事寄りのテーマ。その中で、経済評論家の勝間和代さんがお話しされていた内容が大変興味深かったです。

勝間さん曰く、男女共同参画が遅れている東アジアの国(日本や韓国など)は「薬指の長い」人が多く、男女共同参画が進んでいる北欧などは「薬指の短い」人が多いのだとか。一体どういうことなのか。

ぜひ手のひらを広げてみてください。あなたは、薬指の方が長いですか? もしくは人差し指の方が長いですか?

これは「フィンガーレシオ」と呼ばれるもので、テストステロンという男性ホルモンが多い人は薬指が長くなり、テストステロンが少ない人は人差し指が長くなるといいます。

つまり、男性ホルモンが多いのか、少ないのかが「薬指と人差し指どちらが長いのか?」を見るだけで一目瞭然だというのです。

■男性ホルモンが多い男性は、結婚相手として要注意?

テストステロンは、通称「モテホルモン」と言われるくらい、「オスの魅力」を象徴するものでもあります。

いわゆる「男らしさ」を演出するホルモンだけに、男性としての性的魅力があるのは間違いない。一方で、競争心や支配欲が強いため、多くの刺激を与えてくれる魅力ある存在ながらも、仕事一辺倒で家庭を顧みない傾向があるため、結婚相手として考えると注意が必要かもしれません。

「男は仕事。女は家庭」という時代であれば、それでも良かったかもしれません。なぜなら、専業主婦の母親に家庭のことを任せっきりにして、父親が家庭を顧みずにひたすら仕事に没頭してお金を稼いできてくれれば良かったから。「テストステロン優位者」ゆえの多少の浮気や不倫は多めに見られたかもしれません。

でも今やそんな時代ではありません。女性が働くのはもはやあたりまえですし「家事や育児が母親の責任」という時代は終わりました。

■男性ホルモン観点から見る、結婚相手に適した男性

現代は「男も育児。女も仕事」という時代です。

女性がいつまでも女性らしく生きるためには、経済的な自立が不可欠です。結婚した相手があまりにも体たらくでどうしようもない男なのに、経済的に依存してるから別れられない! なんてまっぴらごめんですよね。

だからこそ、結婚相手には「薬指の短い家庭的な男性」を選ぶべきなんです。「薬指の長い仕事人間な男性」は、家庭を蔑ろにして妻に家事育児を押し付けたがるので、結果的に女性が仕事やキャリアを諦めざるを得ないことも。

他方「薬指の短い家庭的な男性」は、自分のキャリアを犠牲にしてでも、妻のやりたいこと、挑戦したいことを応援してくれます。その結果、経済的にも自立ができ「仕事における自己実現」と「家庭における自己実現」が両立しやすくなるのです。

■男性ホルモンの多い女性も、出産・産後を経て変わる

余談ですが、出産までは超バリキャリ志向だった女性が、出産後に急に家庭志向に変わるのは、こうしたホルモンバランスが大きく影響しています。それまでの競争社会で、男性ホルモンが多く分泌されていたのに対して、出産や産後の子育てを経て、女性ホルモンが大量に分泌され、男性ホルモンの割合が減ることによって、そうした「バリキャリ女子の急変」が起こるのです。

「薬指の長い男性」と「薬指の短い男性」。もちろん「薬指の長い男性」にも家庭的な人もいますし、その逆も然りで、全員に当てはまる事象ではありません。

ただ、テストステロン(男性ホルモン)の多い、少ないが家庭的かどうかを大きく左右することも、テストステロンが多いと薬指が長くなることは、生物学的・統計的にも明らかなので、あながち「ウソ」ではありません。

合コンやデートのネタまでにどうぞ。

この記事のライター

1988年、神奈川県生まれ。首都大学東京法学系を卒業後、2011年に新卒で大手人材総合会社に入社し、現在は採用担当・新規事業企画を兼務する。本業の傍ら「二兎を追って二兎を得れるよのなかをつくる」をビジョンに掲げ、2015年に...

関連するキーワード


夫婦 結婚

関連する投稿


「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

国籍が違う。それでも愛せますか? 宗教が違う。それでも愛せますか? 子供が産めないかもしれない、体が不自由である、何か障害を持っている、家族に問題がある……それでも愛せますか? 結婚って、それらを試すものなのかもしれません。誰にでもある“結婚の試練”について、いい女.botさんが綴ります。


男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

付き合いはじめはラブラブだったカップルや夫婦。ですが、一緒に暮らしているうちに、相手に対して不満を抱えることが多くなっていませんか? 今回ご紹介するのは、そんな不満を解消するために考えるたったひとつのこと。とある原則を実行すれば、お互いの不満は減っていくはず――。


”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

近年、ますます増加する日本のセックスレス。当然こうした状態にあっても、夫婦円満を築いている家庭はたくさんある。しかし、もしもセックスレスが原因で夫婦仲が悪くなってしまっていたとしたら――。今回は、コラムニスト・大泉りかさんにセックスレス解消のために大切な、”色気を出すタイミング”について綴っていただいた。


ウチの夫は家事ができない

ウチの夫は家事ができない

夫婦での家事分担はなかなか難しい。気がつけば「夫は何もしない」という場合も。そんな中で少しでも家事に取り組んでもらう方法を探っていきたい。これから長い人生を一緒に過ごしていくためにも。


子供を考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生【成功する結婚#5】

子供を考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生【成功する結婚#5】

結婚=「家族になること」。ふたりだけの家族になるのか、それとも子供を授かろうとするのかは、結婚生活を大きく変える重要な決断です。「実際には授かるかどうかはわからない」という不確定要素もあるテーマを、どのように考え、話し合えばいいのでしょうか。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。