不倫する既婚女性はセックスレスが原因?単純に責められない複雑な事情

不倫する既婚女性はセックスレスが原因?単純に責められない複雑な事情

ドラマや漫画の中だけではなく、リアルの世界で取り沙汰されることが増えた不倫。既婚の男女ともに不倫にいたる原因の多くは、実はセックスレスである。だからこそ、夫婦になりたいと思ったとき、セックスの相性を無視するのは、怖いことかもしれない。


最近不倫が面白い。

なんていうと不謹慎だが、不倫ニュースが多すぎて、びっくりを通り越して「おまえもかー!」と、テレビに向かって叫んでしまう。

そして不倫はドラマも面白い。林真理子さん原作の大ヒット小説を20年ぶりにドラマ化した「不機嫌な果実」は面白すぎて、放送日の酒の席は22時解散をマストにするほどだ。

このドラマ、なにかとバブル臭を感じる設定はさておき、栗山千明さんと稲垣吾郎さんのすれ違い夫婦の描写がリアルすぎる。そして成宮寛貴さんと市原隼人さんというイケメン不倫相手たちが、女のキュンをこれでもかと突きまくる。ほかにも、親友の夫を寝取るバツイチ女だったり、金のために不細工夫と結婚して不倫しまくる妻だったりと、それぞれのキャラクターや話しの展開が強烈すぎて、毎週目が離せない。

ただ、主人公・麻也子のセックスレスの描写だけは、リアルすぎてゾゾッとなる。彼女は不倫を決意する夜、3年間ご無沙汰な夫にセックスを迫るのだが、セクシーな下着をつけた甲斐もむなしく、「眠いんだから……」と夫にお断りされてしまう。

涙する主人公を見たとき、ここだけは笑えないなーと思ってしまった。というのも、私が出会った不倫をする既婚女性の多くは、セックスレスが原因なのだ。

略奪愛は不幸を呼ぶ?社内不倫やダブル不倫に悩む女性たちへ

https://p-dress.jp/pages/affair

ダブル不倫や社内不倫など、私たちの生活にとって身近なトピックとなってきた「不倫」。ここ最近の間に、略奪愛ともいえる禁断の恋愛に溺れていく人たちが多いのは一体なぜでしょうか。リアルな不倫の体験談やエピソードなどからその真実を追求していきます。

↑『DRESS』では禁断の愛「不倫」を特集しています。こちらもチェックしてみてください。

■不倫相手の子どもを「夫の子」として産む決意

たとえば少し前に話を聞いたある女性。郊外に一軒家を持ち、「なに不自由ない生活」という感じの美人妻な彼女は、不倫することもう2年。夫のことは好きだったというが、セックスは結婚した頃から半ば義務感があったという。それでも“そこ”を重要視せず、定期的な行為には応じていたという彼女。しかし、第一子を授かったところで限界を迎え、彼女の中では完全にコトが無理になってしまったそうだ。

以降本格的なレスが始まるのだが、女としての自分も手放すことができなかったといい、パパ友(こちらは家庭内別居中)の1人と関係を持つ。

と、ここまでならよくある不倫ストーリーなのだが、事実は小説より奇なりという展開が待っている。彼女は不倫相手の子を妊娠。バレないためにタイミングをみて夫とも関係を持ち、ヒミツを抱えて生むことにしたそうだ。

話を聞いたときは既に安定期に入っており、「今後どうするか迷い中」と、淡々と語っていた。
母は強し……って、おい! おい! おい! と驚きまくったけれど、裏側に抱えた寂しさや女としての孤独感がわかるだけに、安易に口出しできない空気がある。

不倫は傷つく人がいることはわかっているけど、内情一つひとつはフクザツだ。片方だけを責めることはできないな……と、話を聞くたび思ってしまう。

■セックスの相性を考えず結婚したらつらいかも

ところで、婚活女子と話をしていると、よく「この人となら結婚しても大丈夫かな?」というセリフを聞く。

大丈夫の中には、金銭的な安定感、価値観、将来像の一致などが含まれているが、思うことが1つある。

「その“大丈夫”の中に、セックスはふくまれていますか?」
まーたそんなことばっかり気にして……と呆れられるかもしれないが、不倫に走る既婚男女の多くの原因はセックスレスだ。

もちろんレスになるまでには、いろいろな要因がある。だけど最近の婚活は、男性の条件や安定性にばかり重きをおいて、セックスの相性は二の次三の次にする人も多い。いや、しなくてもいいとハナから手放す女性もいた。

体の相性だけで突っ走れとは言わないけれど、セックスというコミュニケーションをおざなりに決断すると、体のつながりはそのぶん早く離れると思うし、同時に心のつながりもベリベリと剥がれてしまうことはあると思う。

そういえば、先の不倫に走る女性も、夫とのセックスは「応じている」と表現していた。応じた結果レスになって「私は、損をしている」と、不機嫌な果実の主人公のように愚痴っても、現実は誰も助けてくれない。

不倫がブームのように取り上げられることが多いが、炎上や批判はさておき、増える裏側には別の理由がある気がしてならない。


おおしまりえ
雑食系恋愛ジャーナリスト・イラストレーター
10代より水商売やプロ雀士など人気商売に身を投じ、のべ1万人の男性を接客。20代で結婚と離婚を経験後、現在鋭い観察眼と、男女のコミュニケーションの違いを研究し、各種エッセイを執筆中。
ブログ:http://oshimarie.com

夫婦のセックスレスを解消する、合理的な4つの方法

https://p-dress.jp/articles/3753

今回は夫婦のセックスレスを解消する合理的な方法を4つご紹介していきます。性欲は人間の三大欲求のひとつであるはずなのに、近年日本のセックスレス率は上昇するばかり。日本の夫婦の間に一体何が起きているのでしょうか?

出産後のセックスレス ―― 子供ができても男と女でいるために

https://p-dress.jp/articles/3799

産後セックスレスにはさまざまな原因があります。作家の大泉りかさんは子供ができてからというもの、育児・家事・仕事など抱えるものが増え、セックスレスに近づいていきました。あまりの負担に「セックスする時間があったら、家のことを手伝ってほしい」と思うようにも。そんなときに見つけた「心のケア」とはなんだったのでしょうか。

セックスレスで離婚を考えている夫婦に知っておいてほしいこと

https://p-dress.jp/articles/3760

性欲は人間の三大欲求の一つであるはずなのに、近年日本のセックスレス率は上昇するばかり。そして夫婦のセックスレスは、悪化すると離婚を招きかねません。今回は夫婦のセックスレスで離婚を考えている方に知っておいてほしいことをご紹介していきます。

【プロのカウンセラーに相談】恋愛の電話相談[Excite×DRESS]

https://p-dress.jp/pages/onayami02

恋愛のお悩み電話相談室 [Excite×DRESS]のページです。恋愛、将来の不安、職場や仕事の悩み……。そんな誰にも話せないお悩み、カウンセラーに相談してみませんか。大人のお悩み電話相談室では、100人以上のプロのカウンセラーがあなたの問題解決をサポートします。

誰にも言えない悩み、相談してみませんか。もちろんお悩み内容は厳守いたします。電話相談は1分100円から、メール相談は一通800円から。24時間365日、好きな時に相談できます。

この記事のライター

10代より水商売やプロ雀士、素人モデルなど人気商売に身を投じ、のべ1万人の男性を接客。20代で結婚と離婚を経験し、本音を見抜く鋭い観察眼と分析力を体得。現在、恋愛ジャーナリストとして芸能人の恋愛分析やマッチングアプリの攻略法...

関連する投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


既婚男性が不倫を止めようと思う3つの瞬間

既婚男性が不倫を止めようと思う3つの瞬間

公にできない不倫の恋は、独身者同士の恋愛に比べると、どうしても不安定な付き合いになります。特に男性が既婚者の場合は、独身女性の気持ちに関係なく「終わらせようかな」と思う瞬間が訪れるものです。一度心が離れると、再び戻ることは考えにくいのが不倫。実際にどんな瞬間に既婚男性は不倫を止めようと思うのか、ご紹介します。


不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第5回では、不倫関係におけるイライラを解消する方法について解説してもらいます。


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


35歳の独身女性が不倫で本当に失ったもの

35歳の独身女性が不倫で本当に失ったもの

独身女性が既婚男性と不倫関係を持つのは、リスクの高いこと。バレたときの結末は、男性との関係が終わることだけでなく、社内不倫なら立場が悪くなるなど、良い方向に転ぶことはまずありません。そして、忘れてはいけないのが人の気持ち。社内の人間だけでなく、友人の信頼まで失ってしまう不倫の怖さについてお話します。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。