セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスに関する相談を男女双方から受ける。その度に「まずは相手を休ませてあげて」と思うのには理由がある。セックスレスに到る根本の原因は「疲れ」ではないか。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第5回。


「最近、彼女が全然させてくれないんだけど、なんでだと思う?」

と、相談を受けたことがある。


「ここ3ヶ月、彼がまったく誘ってこないんだけど、男としてどうかと思わない?」

と、愚痴を吐かれたこともある。



「なぜ僕に、その相談を?」という疑問と、

「難しい問題だよなあ」と純粋に思う気持ちが、どちらとも言えないバランスで同居する。

半年〜1年前くらいだったか。
「奥さんとどうにかセックスするため、ディズニーランドのホテルを予約して、頑張ってムードを作ったけれどそれでもダメで、ひっそりとベッド横で泣いた」
という男性のブログが話題になった。

「そこまでやったのに、どうして?」
「奥さん、不倫してるんじゃないか?」
「もっと問題は、別にありそう」

コメント欄にはたくさんの憶測が飛び交っていたが、どれが正解なのかは誰もわからない。
「ふたりはセックスできずに終わった」という事実だけが、のしりと横たわっていた。

「それらしい下着まで穿いたのに、彼はその気になってくれなくて、結局恥ずかしい格好のまま朝を迎えて、もっと恥ずかしい思いをした」
という経験を、半ば笑い話のように悲しい顔をしながら話す友人もいた。

「もう冷めちゃったのかな」
「同棲期間、長すぎたかな」
「ほかに若い女の子と寝てるんじゃないかな」

不安と不満は募る一方のようだった。それに対してどう言葉をかければ良いかわからず、個室居酒屋のその席は、煙もないのにモヤモヤとした空気が漂った。どうにか酸素を取り込むことに必死になる僕がいた。

もちろん僕はセックスレスの専門家ではないので、数字やデータに基づいた話はできないけれど、結婚して、子供がいて、さらに働いている女性の話を聞いていると、常に思うことがある。

「この人たち、めっちゃくちゃ疲れている」と。

保育園の準備、お見送り、朝食、皿洗い、
洗濯、掃除、仕事、お迎え、夕飯、皿洗い、洗濯物取り込み、子供との時間。

もちろん、それらを外注している家庭もあれば、
旦那さんがその多くを負担している家庭もある。

でも、独身時代にはあれほど持て余していた自由な時間を、
今では24時間中30分も取れなくなった人を、何人も知っている。

そんな人たちが、少なからず世の中にはいて、
その人たちは皆、すごく疲れていると思った。

「セックス」を愛情表現の一種と考えるとするなら、
「セックスレス」は愛情の一種が失われていることになる。

その原因のひとつに、僕はこの「疲れ」があるのではと思う。

疲れてしまったから、家ではダラダラしていたい。
疲れてしまったから、魅力的でいようとする余裕がない。

最初のうちはふたりに存在していた緊張感がいつしか途切れ、
肉体的にも、精神的にも、疲れとともに「男女であること」を忘れていってしまう。
そんなことが起き得るのだと思う。

「ずっとそばにいる」という安心は、いつしか怠惰に変わって、
女性から女性をなくし、男性から男性をなくしてしまうのかもしれない。
少しずつ、少しずつ……。

だから僕は、セックスレスの悩みには、
「まずは相手を休ませてあげて」と思う。


男性の場合、

「家事とか向こうに負担かけすぎなんじゃないか?」
「子供の世話、全部奥さんがやってないか?」
「奥さんと出かけるとき、ちゃんとおしゃれしようとか思ってるか?」

など、聞いてみると意外とボロが出る。

「だったら、たとえ1日でも育児家事全部を自分が巻き取って、その間に奥さんには美容室とかエステとか温泉とか、気分が上がる場所に行ってもらったら? 『女性として扱われてる』って感覚が、セックスには意外と大事だと思うよ」と、伝えてみたりする。



女性だって同様だ。

「一緒に住んでるからって、毎日ブラとショーツ別々で、テキトーな下着を履いてないか?」
「付き合いたてのときよりもお互い『ありがとう』とか言う機会減ってないか?」
「よくよく振り返ってみると、彼の話を聞く時間を全然設けていなかったりしないか?」

と尋ねると、ちょっとムキになって返事をされることがある。

「男って意外と単純だから、リスペクトが伝わればそれだけで満足するし、奥さんに若々しくいよう、きれいでいようと努力する姿勢があれば、向こうも良い意味で男らしくいようと努力してくれる気もするよ」と、なんとなく話してみることもある。

結婚して、子供がいて、ふたりとも働いていると、日常が本当に忙しない。
心をなくしていくのと同時に、性までもなくしていく家庭もある。

結婚していなくても、関係が長くなってくると、どこかなあなあになって、「相手にとって特別な存在だと思われたい」という欲求自体が薄れてしまうことがある。

だからこそ、もし問題意識を抱えているなら、今一度見つめ直してみてはどうだろうか。

「わたしたち、男女としてどうなんだろう?」
「彼がどうあったら魅力的で、私はどうなれば彼に好いてもらえるだろう?」
「もう一度好きになってもらうには、どうしたらいいだろう?」

どうにか時間を作って、今の役割を一旦休んでみて、そう考える余裕ができたら、まずは自分から、「ただ隣にいるだけの存在」から脱せるように動いてみよう。

そうしたら、少しずつ少しずつ、ふたりの間に男女を取り戻していける気がする。

カツセマサヒコ 連載 バックナンバーはこちら

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連する投稿


男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

付き合いはじめはラブラブだったカップルや夫婦。ですが、一緒に暮らしているうちに、相手に対して不満を抱えることが多くなっていませんか? 今回ご紹介するのは、そんな不満を解消するために考えるたったひとつのこと。とある原則を実行すれば、お互いの不満は減っていくはず――。


”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

近年、ますます増加する日本のセックスレス。当然こうした状態にあっても、夫婦円満を築いている家庭はたくさんある。しかし、もしもセックスレスが原因で夫婦仲が悪くなってしまっていたとしたら――。今回は、コラムニスト・大泉りかさんにセックスレス解消のために大切な、”色気を出すタイミング”について綴っていただいた。


ウチの夫は家事ができない

ウチの夫は家事ができない

夫婦での家事分担はなかなか難しい。気がつけば「夫は何もしない」という場合も。そんな中で少しでも家事に取り組んでもらう方法を探っていきたい。これから長い人生を一緒に過ごしていくためにも。


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


コンドームを持ち歩く女性に見る、本当の意味での自立

コンドームを持ち歩く女性に見る、本当の意味での自立

コンドームを女性も持っておき、パートナーが着けようとしないなら「着けてね」とはっきり伝えること――それこそ性的に自立した女性ではないか。経済的、精神的な自立も大切だけれど、自分の心と体を守るため、性的な自立も大事にしなければならない考え方だと私は思う。


最新の投稿


浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

浅田真央さんのこれまでを写真で見る『moment on ice vol.2』が発売に。「THE ICE 2017」撮りおろしも

アスリートが輝く“瞬間"をキャッチするグラフ・マガジン『moment on ice vol.2』が発売に。プロスケーター浅田真央さんの、プロスケーターとしての1st Stepを記録した1冊に仕上がっています。「THE ICE 2017」完全撮りおろしのほか、真央さんの13年の軌跡を振り返る豪華な内容です。


下地に塗って、はがすだけ。ジェルネイルを簡単にオフできるベースコート

下地に塗って、はがすだけ。ジェルネイルを簡単にオフできるベースコート

面倒なジェルネイルのオフから、あなたを解放する「グランジェ ピールオフベースコート」が新登場。シールをめくるように、はがしたいときにはがすだけ。ジェルネイル用のピールオフベースコートです。


同棲中の「家事問題」で彼とうまくいきません【大人のお悩み相談室 #8】by サツキメイ

同棲中の「家事問題」で彼とうまくいきません【大人のお悩み相談室 #8】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

【プレゼント】静岡市美術館でデンマークのデザイン展が開催

北欧諸国であるデンマークは、世界に誇るデザイン大国です。日本とデンマークの外交関係樹立150周年を記念した展覧会が、9月9日(土)より、静岡市美術館で開催します。こちらの招待券を5組10名様にプレゼント。


自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

自分の“やりたいこと”を事業にする3つのポイント【大人のキャリア】

東証マザーズ上場会社の女性最年少取締役のキャリアを経て、2008年に衣食住に携わるコンサルティング会社を設立。 2014年には体験型イベント「日本女子博覧会」を発足し延べ4万人を動員。現在は日本の食文化やアニメ、アイドル市場に着眼した事業展開をするインタラクションメディアグループ取締役の東貴代さんにお話を伺いました。