セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスに関する相談を男女双方から受ける。その度に「まずは相手を休ませてあげて」と思うのには理由がある。セックスレスに到る根本の原因は「疲れ」ではないか。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第5回。


「最近、彼女が全然させてくれないんだけど、なんでだと思う?」

と、相談を受けたことがある。


「ここ3ヶ月、彼がまったく誘ってこないんだけど、男としてどうかと思わない?」

と、愚痴を吐かれたこともある。



「なぜ僕に、その相談を?」という疑問と、

「難しい問題だよなあ」と純粋に思う気持ちが、どちらとも言えないバランスで同居する。

半年〜1年前くらいだったか。
「奥さんとどうにかセックスするため、ディズニーランドのホテルを予約して、頑張ってムードを作ったけれどそれでもダメで、ひっそりとベッド横で泣いた」
という男性のブログが話題になった。

「そこまでやったのに、どうして?」
「奥さん、不倫してるんじゃないか?」
「もっと問題は、別にありそう」

コメント欄にはたくさんの憶測が飛び交っていたが、どれが正解なのかは誰もわからない。
「ふたりはセックスできずに終わった」という事実だけが、のしりと横たわっていた。

「それらしい下着まで穿いたのに、彼はその気になってくれなくて、結局恥ずかしい格好のまま朝を迎えて、もっと恥ずかしい思いをした」
という経験を、半ば笑い話のように悲しい顔をしながら話す友人もいた。

「もう冷めちゃったのかな」
「同棲期間、長すぎたかな」
「ほかに若い女の子と寝てるんじゃないかな」

不安と不満は募る一方のようだった。それに対してどう言葉をかければ良いかわからず、個室居酒屋のその席は、煙もないのにモヤモヤとした空気が漂った。どうにか酸素を取り込むことに必死になる僕がいた。

もちろん僕はセックスレスの専門家ではないので、数字やデータに基づいた話はできないけれど、結婚して、子供がいて、さらに働いている女性の話を聞いていると、常に思うことがある。

「この人たち、めっちゃくちゃ疲れている」と。

保育園の準備、お見送り、朝食、皿洗い、
洗濯、掃除、仕事、お迎え、夕飯、皿洗い、洗濯物取り込み、子供との時間。

もちろん、それらを外注している家庭もあれば、
旦那さんがその多くを負担している家庭もある。

でも、独身時代にはあれほど持て余していた自由な時間を、
今では24時間中30分も取れなくなった人を、何人も知っている。

そんな人たちが、少なからず世の中にはいて、
その人たちは皆、すごく疲れていると思った。

「セックス」を愛情表現の一種と考えるとするなら、
「セックスレス」は愛情の一種が失われていることになる。

その原因のひとつに、僕はこの「疲れ」があるのではと思う。

疲れてしまったから、家ではダラダラしていたい。
疲れてしまったから、魅力的でいようとする余裕がない。

最初のうちはふたりに存在していた緊張感がいつしか途切れ、
肉体的にも、精神的にも、疲れとともに「男女であること」を忘れていってしまう。
そんなことが起き得るのだと思う。

「ずっとそばにいる」という安心は、いつしか怠惰に変わって、
女性から女性をなくし、男性から男性をなくしてしまうのかもしれない。
少しずつ、少しずつ……。

だから僕は、セックスレスの悩みには、
「まずは相手を休ませてあげて」と思う。


男性の場合、

「家事とか向こうに負担かけすぎなんじゃないか?」
「子供の世話、全部奥さんがやってないか?」
「奥さんと出かけるとき、ちゃんとおしゃれしようとか思ってるか?」

など、聞いてみると意外とボロが出る。

「だったら、たとえ1日でも育児家事全部を自分が巻き取って、その間に奥さんには美容室とかエステとか温泉とか、気分が上がる場所に行ってもらったら? 『女性として扱われてる』って感覚が、セックスには意外と大事だと思うよ」と、伝えてみたりする。



女性だって同様だ。

「一緒に住んでるからって、毎日ブラとショーツ別々で、テキトーな下着を履いてないか?」
「付き合いたてのときよりもお互い『ありがとう』とか言う機会減ってないか?」
「よくよく振り返ってみると、彼の話を聞く時間を全然設けていなかったりしないか?」

と尋ねると、ちょっとムキになって返事をされることがある。

「男って意外と単純だから、リスペクトが伝わればそれだけで満足するし、奥さんに若々しくいよう、きれいでいようと努力する姿勢があれば、向こうも良い意味で男らしくいようと努力してくれる気もするよ」と、なんとなく話してみることもある。

結婚して、子供がいて、ふたりとも働いていると、日常が本当に忙しない。
心をなくしていくのと同時に、性までもなくしていく家庭もある。

結婚していなくても、関係が長くなってくると、どこかなあなあになって、「相手にとって特別な存在だと思われたい」という欲求自体が薄れてしまうことがある。

だからこそ、もし問題意識を抱えているなら、今一度見つめ直してみてはどうだろうか。

「わたしたち、男女としてどうなんだろう?」
「彼がどうあったら魅力的で、私はどうなれば彼に好いてもらえるだろう?」
「もう一度好きになってもらうには、どうしたらいいだろう?」

どうにか時間を作って、今の役割を一旦休んでみて、そう考える余裕ができたら、まずは自分から、「ただ隣にいるだけの存在」から脱せるように動いてみよう。

そうしたら、少しずつ少しずつ、ふたりの間に男女を取り戻していける気がする。

カツセマサヒコ 連載 バックナンバーはこちら

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


夫のことが好き? 当たり前である

夫のことが好き? 当たり前である

結婚は恋のゴールではあるかもしれないけれど、新たなスタートでもある。しかし、ただ一緒に過ごしているだけでは、夫婦関係というのは続かない。苦なく関係を続けていくにはどうすればいいのか考えてみた。


「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

家事は女性の仕事だ――そういう意見を持つ男性は、まだ世の中に少なからずいます。今回は、そんな男性が持つ偏った意見に疑問をぶつけ、夫婦ふたりが幸せな形になるためには、どうすれば良いのか考えてみました。


セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


セックスレスの原因は「婚活」⁉ 結婚前こそ大事なセックスレス対策

セックスレスの原因は「婚活」⁉ 結婚前こそ大事なセックスレス対策

ふわふわと美しいウエディングのイメージにほだされて「婚活」をきれいごとで済ませてはダメ。長い人生をパートナーと添い遂げるために、結婚前にこそセックスときっちり向き合って。愛しあって結婚したはずなのに……気づけばキスどころか夫と手を握ったことも数年間ない…そんなセックスレス夫婦にならないためにも、今できること。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい