ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

無理に作る必要も、嫌な人と付き合う必要もない。それが友達。皆さんにとって「女友達」とはどんな存在ですか? ほどよい距離感のを保てる女友達とは、関係が長続きします。


■友達との距離感

女友達って、あなたにとってどういう存在ですか?

毎日ベッタリ一緒にいるわけでなくても、何年も会っていなくても、何かのときにふと話すとその時代に戻ったような安心感となんとなく元気になれる一言をもらえたり、励ましてくれたり……いつでも相手を優しい気持ちで受け入れてくれるそんな関係ではないか、と私は思う。

嫌な言い方になるかもしれないけれど、友情が長続きしている女友達との間には、意識はしていないけれど「win-win」の関係が成り立たっているからだと思う。

変な損得関係ではなく、この人といたら落ち着くとか、楽しいとか、勉強になるとか、刺激になるとか、趣味や好みが合うとか、そういったもの。

お互いにそういう思いを感じていないと、一方的な関係は絶対につぶれてしまうと思う。

■ママ友は特殊なつながり

さて、女友達といっても、学生時代の友達、社会人になってからの友達、そして、子どもを通じてのママ友達など、いろいろな相手がいる。

学生時代は、好きなものが一緒とか、おもしろいとか、家の環境が似ているとかで仲良くなるし、社会人になってからは、同じ職場であるとか、趣味嗜好が似ているとかで仲良くなる。
一番厄介なのが、子どもを通じて知り合う場合(笑)。

子ども同士の仲が良いからと、親同士は全然違うタイプなのに、仕方なく友達のように付き合わないといけなくなる。

私も子どもが小さいとき、このしんどさに直面した。

そもそも、ママ友で仲良くなれるかどうかの見極めポイントの一つとして、私は「子どものしつけ方が同じかどうか」をチェックしている。

たとえば、子どもがいたずらなど悪いことをしたときに、怒る私と知らん顔をしているお母さん。
怒るポイントが一緒かどうかは、かなり大事なポイントで、それが違うと関係は長くは続かない。
一方、そこが合う人だと、子どもが大きくなっても家族ぐるみでの良い関係がずっと続く。

■一時期は疎遠になっても、アラフィフ頃、関係が復活する女友達も

20〜30代頃は、友達との付き合いも生活環境によって変わってくる。

子育て真っ最中のときとバリバリ働いているときとは、生活の時間帯も変わってくるし、話す内容も変わってくる。

そうなると、自然に疎遠になってしまうけど、またひと段落した年齢になると関係が戻ったりする。
お互いいろんなことがあったよね〜なんて言いながら(笑)。

50歳も過ぎれば女同士の大人旅もできる。

みんな忙しいから、近場のホテルで現地集合! 翌朝それぞれの時間に現地解散! なんていうご近所1泊2日の旅や、半年以上前からスケジュールを決めて行くアジアの2泊3日の旅とか。
歳を重ねるのも悪くないでしょ(笑)。

最近は、SNSなどで人と知り合う機会も増え、友人と知人の境目がとっても曖昧になっている気がする。

会ってもいないのに友達になったみたいに勘違いしている人も多いのではないのかな?
十分な大人の年齢なのに、SNSの投稿などで「親友の〇〇」なんてわざわざ書いているのもよく見るけれど、とっても薄っぺらく思うのは私だけかな?

それに、表面上は仲良く一緒に写真を撮ってSNSなどにアップしているのに、影で悪口を言っている……なんて話しもよく聞くけど、ホント怖い!

嫌なら一緒に遊ばなきゃいいし、一緒に遊ぶのだったら悪口は言わなきゃいい。
たったそれだけのことなのに(笑)。

自分の中の「友達」というカテゴリに入る人たちは何人もいるけれど、それぞれの関係性は違っている。それぞれに良い距離感をもって付き合えばいいのだと思う。

■大人の友情には距離感と信頼関係が欠かせない

私自身が大切にしていることの一つに、「自分がされて嫌なことはしないこと」がある。

これは、人間関係を築いていく上でも、仕事をしていく上でも、大切で最低限度のこと。
人を思いやる上で自分を基準に考えられるのでわかりやすいと思う。

人間は一人では生きていけない。

もちろん、家族も大切だけど、家族と同じくらい友達という存在は大きいもの。
何かあったときに励ましてくれたり、一緒に泣いてくれたり、そっと見守ってくれたり。
でも、そんな人はたくさんいらない!
だから、友達が少ない……なんて悩むこともないし、無理矢理作る必要もない。

人との距離感の保ち方はみんな違うんですもの。

良いことも悪いこともお互いに思いやりを持って話せて、誰かがその人の悪口を言っても、あの人はそんな人じゃないよと守ってあげられる信頼関係があり、そして、ベッタリではないほどよい距離感を保てる関係を築ければ長続きするような気がする。

本当の友達っていいものですよ。

貴田 加野さんの記事一覧

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連する投稿


電車でマナーが悪い人にイラッとしたら「移動」する【大人の上手な怒り術#1】

電車でマナーが悪い人にイラッとしたら「移動」する【大人の上手な怒り術#1】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。身につけると生きやすくなり、イライラするストレスから解消される効果も期待できます。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする本連載では、アンガーマネジメントのレッスンを毎月2回ご紹介します。


同性に愛されるしなやかな人とは

同性に愛されるしなやかな人とは

できれば誰からも嫌われたくない。いろんな人から好かれたい、と思う。しかし、どうすればいいのか。同性に好かれるような人になるために必要なことは実はとても簡単なことなのだと思う。


SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

SNSの使い方にはその人自身が現れる。SNSはその人の分身と言ってもいい。SNSを使っていないのが珍しいといえるくらい、すっかり普及しているSNSだが、SNSをきっかけとした揉め事も少なくない。自分なりのルールを設けてSNSを楽しみ、ポジティブな影響をもらう方法とは――。


興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

興味ないのにLINEしてくる人への賢い対応【いい女.bot】

「興味ない」のにしつこくLINEしてくる相手に対し、どう反応すればよいのか……悩んだことはありませんか。飲み会や忘年会が増え出会いも増える年末に向けて、LINEでしつこい人に対処する方法や気をつけたいことを考えてみました。


別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

別れた元カレをいつまでも憎んでしまうのはどうしてなの?

自分から別れを選んだのに、いつまでも彼を憎む気持ちが消えない。彼にも嫌な思いをさせたいと思う自分を自覚するのは、とてもつらいことですね。ですが、それは言いたいことをすべて吐き出すことでいつか消えていきます。嫌な自分を認めてあげることが、彼を本当に忘れる第一歩です。


最新の投稿


ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは - 新しい投資のカタチ

ソーシャルレンディングとは何かご紹介します。最近話題の、インターネットを使った資金調達方法のクラウドファンディング。その中でもとくに旬なのがソーシャルレンディング。株や債券など、今まであった投資対象に加えて、これを機にあなたも新しい投資を始めてみませんか?


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


おっぱい