ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

無理に作る必要も、嫌な人と付き合う必要もない。それが友達。皆さんにとって「女友達」とはどんな存在ですか? ほどよい距離感のを保てる女友達とは、関係が長続きします。


■友達との距離感

女友達って、あなたにとってどういう存在ですか?

毎日ベッタリ一緒にいるわけでなくても、何年も会っていなくても、何かのときにふと話すとその時代に戻ったような安心感となんとなく元気になれる一言をもらえたり、励ましてくれたり……いつでも相手を優しい気持ちで受け入れてくれるそんな関係ではないか、と私は思う。

嫌な言い方になるかもしれないけれど、友情が長続きしている女友達との間には、意識はしていないけれど「win-win」の関係が成り立たっているからだと思う。

変な損得関係ではなく、この人といたら落ち着くとか、楽しいとか、勉強になるとか、刺激になるとか、趣味や好みが合うとか、そういったもの。

お互いにそういう思いを感じていないと、一方的な関係は絶対につぶれてしまうと思う。

■ママ友は特殊なつながり

さて、女友達といっても、学生時代の友達、社会人になってからの友達、そして、子どもを通じてのママ友達など、いろいろな相手がいる。

学生時代は、好きなものが一緒とか、おもしろいとか、家の環境が似ているとかで仲良くなるし、社会人になってからは、同じ職場であるとか、趣味嗜好が似ているとかで仲良くなる。
一番厄介なのが、子どもを通じて知り合う場合(笑)。

子ども同士の仲が良いからと、親同士は全然違うタイプなのに、仕方なく友達のように付き合わないといけなくなる。

私も子どもが小さいとき、このしんどさに直面した。

そもそも、ママ友で仲良くなれるかどうかの見極めポイントの一つとして、私は「子どものしつけ方が同じかどうか」をチェックしている。

たとえば、子どもがいたずらなど悪いことをしたときに、怒る私と知らん顔をしているお母さん。
怒るポイントが一緒かどうかは、かなり大事なポイントで、それが違うと関係は長くは続かない。
一方、そこが合う人だと、子どもが大きくなっても家族ぐるみでの良い関係がずっと続く。

■一時期は疎遠になっても、アラフィフ頃、関係が復活する女友達も

20〜30代頃は、友達との付き合いも生活環境によって変わってくる。

子育て真っ最中のときとバリバリ働いているときとは、生活の時間帯も変わってくるし、話す内容も変わってくる。

そうなると、自然に疎遠になってしまうけど、またひと段落した年齢になると関係が戻ったりする。
お互いいろんなことがあったよね〜なんて言いながら(笑)。

50歳も過ぎれば女同士の大人旅もできる。

みんな忙しいから、近場のホテルで現地集合! 翌朝それぞれの時間に現地解散! なんていうご近所1泊2日の旅や、半年以上前からスケジュールを決めて行くアジアの2泊3日の旅とか。
歳を重ねるのも悪くないでしょ(笑)。

最近は、SNSなどで人と知り合う機会も増え、友人と知人の境目がとっても曖昧になっている気がする。

会ってもいないのに友達になったみたいに勘違いしている人も多いのではないのかな?
十分な大人の年齢なのに、SNSの投稿などで「親友の〇〇」なんてわざわざ書いているのもよく見るけれど、とっても薄っぺらく思うのは私だけかな?

それに、表面上は仲良く一緒に写真を撮ってSNSなどにアップしているのに、影で悪口を言っている……なんて話しもよく聞くけど、ホント怖い!

嫌なら一緒に遊ばなきゃいいし、一緒に遊ぶのだったら悪口は言わなきゃいい。
たったそれだけのことなのに(笑)。

自分の中の「友達」というカテゴリに入る人たちは何人もいるけれど、それぞれの関係性は違っている。それぞれに良い距離感をもって付き合えばいいのだと思う。

■大人の友情には距離感と信頼関係が欠かせない

私自身が大切にしていることの一つに、「自分がされて嫌なことはしないこと」がある。

これは、人間関係を築いていく上でも、仕事をしていく上でも、大切で最低限度のこと。
人を思いやる上で自分を基準に考えられるのでわかりやすいと思う。

人間は一人では生きていけない。

もちろん、家族も大切だけど、家族と同じくらい友達という存在は大きいもの。
何かあったときに励ましてくれたり、一緒に泣いてくれたり、そっと見守ってくれたり。
でも、そんな人はたくさんいらない!
だから、友達が少ない……なんて悩むこともないし、無理矢理作る必要もない。

人との距離感の保ち方はみんな違うんですもの。

良いことも悪いこともお互いに思いやりを持って話せて、誰かがその人の悪口を言っても、あの人はそんな人じゃないよと守ってあげられる信頼関係があり、そして、ベッタリではないほどよい距離感を保てる関係を築ければ長続きするような気がする。

本当の友達っていいものですよ。

この記事のライター

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連する投稿


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立たない」なんて時代遅れな議論だ

「男女の友情は成り立つか、成り立たないか」人それぞれ考え方はあるかもしれないけれど、そもそも「友達」や「友情」とはなんなのだろうか? 肩書きや言葉に惑わされて見えなくなっている「男女の関係性」について、掘り下げていく。


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

「嫌いな人間」のことを考え尽くしたら発見があった

嫌いな人間ができるたびに、いけない気がして封じ込めてきた。しかし、好きも嫌いも、人間だからこそわき出る自然な感情だ。嫌いという感情と向き合い、とことん考え尽くすことで、見えてくるものがあると知ってほしい。


大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

大人の女はコミュニティを抜けるも作るも自由

「女とコミュニティ」について考えてみた。思い返せば、私たちは幼い頃から常にコミュニティに属して生きてきた。そうしなければ、安全に生活することができなかったから。しかし、今そのコミュニティに依存しすぎていないだろうか。とらわれすぎていないだろうか。コミュニティに属するのも抜けるのも、本当はもっと自由だ。


最新の投稿


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!


ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

ビールを飲むならコレがおすすめ! 簡単おつまみレシピ3品

暖かくなってきて、ますますビールが美味しくなる季節ですね。今回は、ビールがより美味しくなるおすすめのおつまみレシピを3品ご紹介します。おうちでのひとり晩酌はもちろん、家族や友人との団欒のひとときに作りたいレシピです。