1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「程よい距離感」が大人の友情を長続きさせる

「程よい距離感」が大人の友情を長続きさせる

Share

程よい距離感と信頼関係があれば、大人の友情は長く続く。でも、そんな関係を結べる相手なんて、そうたくさんはいないし、無理に作る必要も、嫌な人と付き合う必要もない。それが友達。皆さんにとって「女友達」とはどんな存在ですか? 程よい距離感を保てる女友達とは、良好な関係が長続きします。

「程よい距離感」が大人の友情を長続きさせる

■程よい距離感、保ってる?

女友達って、あなたにとってどういう存在ですか?

毎日ベッタリ一緒にいるわけでなくても、何年も会っていなくても、何かのときにふと話すとその時代に戻ったような安心感となんとなく元気になれる一言をもらえたり、励ましてくれたり……いつでも相手を優しい気持ちで受け入れてくれるそんな関係ではないか、と私は思う。

嫌な言い方になるかもしれないけれど、友情が長続きしている女友達との間には程よい距離感があって、意識はしていないけれど「win-win」の関係が成り立っている気がする。

変な損得関係ではなく、この人といたら落ち着くとか、楽しいとか、勉強になるとか、刺激になるとか、趣味や好みが合うとか、そういったもの。

お互いにそういう思いを感じていないと、一方的な関係は絶対につぶれてしまうと思う。

■ママ友は特殊なつながり

さて、女友達といっても、学生時代の友達、社会人になってからの友達、そして、子どもを通じてのママ友達など、いろいろな相手がいる。

学生時代は、好きなものが一緒とか、おもしろいとか、家の環境が似ているとかで仲良くなるし、社会人になってからは、同じ職場であるとか、趣味嗜好が似ているとかで仲良くなる。

一番厄介なのが、子どもを通じて知り合う場合(笑)。

子ども同士の仲が良いからと、親同士は全然違うタイプなのに、仕方なく友達のように付き合わないといけなくなる。

私も子どもが小さいとき、このしんどさに直面した。

そもそも、ママ友で仲良くなれるかどうかの見極めポイントのひとつとして、私は「子どものしつけ方が同じかどうか」をチェックしている。

たとえば、子どもがいたずらなど悪いことをしたときに、怒る私と知らん顔をしているお母さん。
怒るポイントが一緒かどうかは、かなり大事なポイントで、それが違うと関係は長くは続かない。
一方で、そこが合う人だと、子どもが大きくなっても家族ぐるみでの良い関係がずっと続く。

■一時期は疎遠になっても、アラフィフ頃、関係が復活する女友達も

20〜30代頃は、友達との付き合いも生活環境によって変わってくる。

子育て真っ最中のときとバリバリ働いているときとは、生活の時間帯も変わってくるし、話す内容も変わってくる。

そうなると、自然と疎遠になってしまうけど、またひと段落した年齢になると関係が戻ることもある。お互いいろんなことがあったよね〜なんて言いながら(笑)。

50歳も過ぎれば女同士の大人旅もできる。

みんな忙しいから、近場のホテルで現地集合! 翌朝それぞれの時間に現地解散! なんていうご近所1泊2日の旅や、半年以上前からスケジュールを決めて行くアジアの2泊3日の旅とか。歳を重ねるのも悪くないでしょ(笑)。

最近は、SNSなどで人と知り合う機会も増え、友人と知人の境目がとっても曖昧になっている気がする。

会ってもいないのに友達になったみたいに勘違いしている人も多いのではないのかな?

十分な大人の年齢なのに、SNSの投稿などで「親友の〇〇」なんてわざわざ書いているのもよく見るけれど、とっても薄っぺらく思うのは私だけかな?

それに、表面上は仲良く一緒に写真を撮ってSNSなどにアップしているのに、影で悪口を言っている……なんて話もよく聞くけど、ホント怖い!

嫌なら一緒に遊ばなきゃいいし、一緒に遊ぶのだったら悪口は言わなきゃいい。たったそれだけのことなのに(笑)。

自分の中の「友達」というカテゴリに入る人たちは何人もいるけれど、それぞれの関係性は違っている。それぞれに程よい距離感をもって付き合えばいいのだと思う。

■大人の友情には程よい距離感と信頼関係が欠かせない

私自身が大切にしていることのひとつに、「自分がされて嫌なことはしない」がある。

これは、人間関係を築いていく上でも、仕事をしていく上でも、大切で最低限度のこと。人を思いやる上で自分を基準に考えられるのでわかりやすいと思う。

人間はひとりでは生きていけない。

もちろん、家族も大切だけど、家族と同じくらい友達という存在は大きいもの。何かあったときに励ましてくれたり、一緒に泣いてくれたり、そっと見守ってくれたり。

でも、そんな人はたくさんいらない! だから、友達が少ない……なんて悩むこともないし、無理矢理作る必要もない。

人との距離感の保ち方はみんな違うんですもの。

良いことも悪いこともお互いに思いやりを持って話せて、誰かがその人の悪口を言っても、あの人はそんな人じゃないよと守ってあげられる信頼関係があり、そして、ベッタリではない程よい距離感を保てる関係を築ければ長続きするような気がする。

本当の友達っていいものですよ。

貴田 加野さんの連載バックナンバー

#1綺麗になる力の素晴らしさ

#2働く母は『子どもに寂しい思いをさせている』固定概念を捨ててしまおう

#3美しく歳を重ねる人は、迷いなく“引き算”できる

#4『笑顔美人』は人生を好転させる

#5我が道を行く。人の目を気にしなければ、人生は輝き始める。

#6『仕事と家庭の両立』15年間走ってきた私が見つけたコツ

#7おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

#8若作りとは違う。若々しくきれいに見せる服選び

#9『程よい距離感』が大人の友情を長続きさせる

#10見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

#11SNSを幸せに使いたいなら悪口とウソは書かない

#12人との出会いは奇跡。出会った人を大事にしていると縁がつながっていく

2017年3月31日公開
2019年6月30日更新

Share

貴田 加野

株式会社LiSA LiSA 代表取締役社長。芦屋生まれ、芦屋育ち。55歳。 2001年にカタログを中心とした通信販売による大人の女性のためのファッションブランド「LiSA LiSA」をスタート。 自社カタログやTVショッ...

関連記事

Latest Article