女友達と疎遠にならないことの難しさ

女友達と疎遠にならないことの難しさ

女友達と疎遠になる時期がこれまで何度かあった。そして今、私に女友達はいない。世の大人の女性たちは、一体何人くらい女友達がいるのだろうか。既存の女友達との関係を継続するのは、新たに女友達を作る以上に難しいと思う。女性同士はそれぞれの環境の変化が原因で、疎遠になってしまうことをつくづく実感する今日この頃である。


■女友達と疎遠になると「縁が終わった」と自己完結しがち

こんなこと恥ずかしくて公には言えないけれど、私には女友達がいない。”彼氏がいない”よりも”友達がいない”方が人として恥ずかしい気がするのは私だけだろうか。

友達がいないと言うと、私が相当変わった人間だと思われるだろうが、決してそんなことはない。実際に会った人からはほぼ100%の確率で、社交的で明るくて友達も多そう、という風に見られる。実際に人間関係は全方位問題ない。

ここで言う女友達とは、「今現在、気軽に連絡して飲みにいったりお茶したりできて、近況を包み隠さず話せる同性の友人」を指す。

大学時代の友達や前職の同僚、今の会社の同僚、社外の友達などはたくさんいる。ただ、今が一番仲の良い時期ではないため、連絡するのに気を使ったり、しばらく連絡していなかったりするため、気軽には連絡できないのだ。

急に連絡して相手がどう思うのかを考えると気になってしまうため、悩むくらいならいっそひとりで快適に過ごそう、といつも落ち着いてしまう。

さらに、連絡できない期間が長くなり疎遠になってくると、自分から縁を切ったと思って自己完結する癖がある。

そう、自分でも私は面倒な女だということを自覚している。

■環境が変わるとき、女友達と疎遠にならずにいるのは難しい

女友達との縁を切ることが多発したのは、いずれも環境の変化を迎えるタイミングだった。これまでの大きな環境の変化は3回。

1つめは大学入学のために上京したとき。住む場所に加え、人間関係も一新。しばらくは頻繁に帰省して、その度に高校までの友達に会っていたが、東京での生活や友達といる方が楽しくなり、段々と帰省も億劫に。

そして2つめは、社会人になったとき。生活において仕事が占める割合が一気に増え、同期や先輩など人間関係も倍増。この頃になると地元の友達や少し違和感を感じていた大学時代の友達とは、時間を取って会うことも面倒になっていった。

そして最後は、周りの友達が結婚・出産を迎えたとき。大学時代の友達はみんな東京近辺にいることもあり定期的に会っていたが、さすがに結婚・妊娠を迎えると関係が少しずつ変わっていった。不思議なことに30歳を迎える頃には大部分は結婚し、翌年には妊娠・出産を迎えていく。

そうなると、途端に会うにも旦那や家族の調整が必要になり、会う場所もお店ではなく誰かの家で、会う時間も昼間限定で、会うときには必ず子ども同伴。あっという間に出産する友達も増え、最近ではめっきりママ会と化してしまった。

どのタイミングでも誰かとケンカをしたわけではないので、ある時点から急に関係が変わるわけではなく、環境の変化を機に少しずつ関係値が変化していった。

■離れる時期を経て、いつか再び友達になれるとき

私は気にしすぎな性格で人間関係に悩むことが多いせいか、自分を守るためにかなり淡白な考えを持つようになってしまった。あまり相手に思い入れを持ってしまうと、後で自分が辛い思いをすることになる。

そのため、友達でも無理に関係を続けるようなことはせず、お互いに必要な時期が過ぎれば一度離れた方が良い、疎遠になっても良い、と考えるタイプ。そして一度離れたらそれで最後だとも思っている。

しかし、あるときDRESSを読んでいて、目からうろこが落ちた。「女友達は30代の頃に一度関係が疎遠になっても、50歳を過ぎればまた仲良くなる」といった内容のコラムだったと思う。

このコラムを読んでから、自分の考えが変わった感覚がある。これまでは女友達との関係が疎遠になる度に、(自分勝手だが……)その女友達はもう自分には必要のない人だと思って、縁を切る感覚を持っていた。

でも、人生において仲良くなったのも、何かの縁。一度離れても、お互いにまた縁がまわってきてまた近づくこともあるんじゃないかと。縁を切るという感覚は自分でも辛かったことに気づいて、少し楽になれた。

女友達とまた仲良くなったときに、一緒に過ごした頃の思い出や会えなかった時期の出来事をたくさん話せたら、きっと楽しいだろうな。いつ来るのか、本当に来るのかわからないけど、今からそのときが楽しみである。

ほどよい距離感が心地よい女友達とは長続きする

https://p-dress.jp/articles/2444

無理に作る必要も、嫌な人と付き合う必要もない。それが友達。皆さんにとって「女友達」とはどんな存在ですか?

この記事のライター

東京で働く30代シングル。仕事・恋愛・結婚・人間関係・健康・趣味など、一通りのことは悩んでます。毎日楽しくご機嫌で暮らしたい。

関連するキーワード


人間関係 友達 女友達

関連する投稿


引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

引き留めないのは、プライドが邪魔をするから。別れを受け入れる男性の心理とは

意を決して別れ話を切り出したのに、何だか彼はあまりショックを受けていない様子……。そんなとき、「愛されてなかった」とショックを受ける女性は多いですが、男性だって大きな悲しみを感じています。引き留めないのは「男のプライド」があるから。別れを受け入れるしかない男性の心理についてお話します。


彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼ときれいな別れ方を望むなら「先はない」言葉を選ぶ

彼と別れたくなったとき、どんな言葉を選べば良いか悩む女性も多いでしょう。きれいな別れ方を望むなら、「先はない」つもりで接する潔さが必要です。最後なら、しっかり感謝の気持ちを伝えて「いい女」で終わらせたいもの。覚悟が見えれば男性も別れを正面からとらえることができます。


頂点に立ちたがる女たち。

頂点に立ちたがる女たち。

女性同士で集まると、すぐに格付けをするらしい。「らしい」というのは、あまりにも無意識のうちにやっていて、本人たちは気がついていないようだから。格付けして、例えば、トップになったとして、女性たちは何になりたいんだろう。


すぐに「大好き」という人が嫌いだ

すぐに「大好き」という人が嫌いだ

「大好き」というポジティブな言葉。でもあまり好きではない。いや、嫌いだ。「大好き」と言われた瞬間に、安く心を買われたような気になる。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


最新の投稿


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

2017年10月16日〜18日、インテックス大阪で開催された西日本最大の総合ビューティ見本市「ビューティーワールドジャパンウエスト」に行ってきました。女性にとって、美は永遠のテーマ。今回は印象に残ったブースをご紹介しつつ、見本市の楽しみ方をお伝えします。


【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

急に冷え込みが強まってきた今日この頃。おしゃれも暖かさもあきらめないファッションテクを押さえておきましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年10月第3週は「こなれた靴下コーデ」をテーマにお届けします。


NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

「FEELCYCLE」というエクササイズをご存知でしょうか。これはNY発祥、ハリウッドセレブやモデルたちを魅了した、世界中で爆発的な人気を誇る暗闇バイクエクササイズのこと。今回はこの「FEELCYCLE」を、DRESS読者におすすめするため、編集部が体験してきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活