LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


LINEでむやみにメッセージを送っているわけでもない。ネガティブなやりとりをしているわけでもない。それなのに恋がうまくいかない人は、LINEで自爆している。それはどうして?

■LINE「既読問題」で恋を自爆させる女

「やっとキュンキュンする人と出会ったわ!」

36歳の派遣社員カヨコさんは、スマホを見つめながらガッツポーズをした。胸ときめくその相手は、38歳の会社員ヒデノリさんだ。

男性が40歳まで、女性が36歳までの婚活パーティで、見事カップルになったのである。帰りに2時間ほどお茶をした後、LINE交換をすることになった。

婚活歴も3年を超えて、やっと巡り会えたキュンキュンする男! 年齢も歳上すぎず、年収も600万円以上あることから、出産後働かなくてもしばらく育児に専念できそうだ。

どう考えてもベストな男! これは逃したくない。

しかし……。初回デートに至ることもなく、この恋は2週間で終わりを迎えてしまったのだ。

それも何かを言ったり、メッセージを送ったりしたことが原因ではなかった。発信が原因じゃないとしたら、一体どういうことなのか。

■LINEが待ち遠しいあまりに、始まる前から失敗した恋

LINEは每日続いた。日中の仕事の話だったり、趣味の話、家族の話だったりと、とりとめのないことのメッセージのやりとりをしていた。

しかし、1週間経っても、彼はカヨコさんをデートに誘おうとしない。

「每日LINEをやっているのに、なんでもう一度会おうと言ってくれないんだろう」

2週間が経とうとしたとき、彼女はだんだん不安になってきた。そして、思い切って、彼にそのことを聞いてみた。

すると「なんかね、LINEが重たいんだよね」という答えが返ってきた。「え?」彼女は茫然となった。

だって、メッセージを送るペースも彼の返信スピードに合わせていたし、嫌なことを送ったりもしていない。

メッセージを送る時間だって、仕事が確実に終わっていそうなタイミングにするなど、配慮している。なのに、一体なぜ?

■LINE「既読の速さ」が重たい女だと思わせている

「いつもメッセージ送った瞬間に、いつでもすぐに既読になるのが、ぼくにとってプレッシャーだったんだよね。24時間チェックされてるじゃんって」

カヨコさんはヒデノリさんとのLINE交換から、スマホを手放せなくなってしまった。

彼からメッセージが来たら、すぐにLINEをチェック。それが仕事中であっても、トイレの中であっても、お風呂の中であっても(ジップロックにスマホを入れている!)、そして、寝ているときであっても。

だからといって、彼からメッセージが来たら、すぐに返信したりはしない。
「彼が返事をくれるスピードに合わせないと、重たい女と思われちゃうかもしれないから」と、気をつけていた。

しかし……。この「チェックされている感じ」がヒデノリさんにとって辛かったということだった。

カヨコさんも、メッセージを待ちすぎて、気づいたらすっかりスマホ依存症になっていたのだ。

■LINEの既読スピードで嫌われないために

人間はそう滅多に人を好きになったり、キュンキュンしたりすることはない。だからそういう出会いがあると、舞い上がってしまう。「普通の自分」でいられなくなることが多い。

だから、カヨコさんのように普段しないような、24時間LINEチェック依存症に陥って、相手を怖がらせてしまうことがある。

解決策は「LINEをチェックする時間を決めること」である。おすすめはウィークデーなら、午前8時と午後8時だ。

この時間はオフのことが多いので、既読がついても相手はそれほどプレッシャーを感じない。休みの日は24時間チェックでも大丈夫。

休みだからLINEをたくさんチェックするのは不自然ではないし、突発的に「会いたい」と言われたときでも、すんなりと対応できるからだ。

くれぐれも、LINE既読=「もう読んだからね」というメッセージであることを忘れないようにしよう。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


大人のLINE術 恋愛 SNS

関連する投稿


『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』で知る“品のいい意地悪”術

『いとも優雅な意地悪の教本』という書籍をご存知ですか。SNSで見知らぬ誰かから投げかけられる、心ないコメントや意地の悪い反応――SNSを使っている人の中には、そんな負の感情をぶつけられたことがある方もいるのでは? 意地悪するのもやり返すのも、どうせなら優雅にやってみる、というのはいかがでしょうか。


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい