LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


LINEでむやみにメッセージを送っているわけでもない。ネガティブなやりとりをしているわけでもない。それなのに恋がうまくいかない人は、LINEで自爆している。それはどうして?

■LINE「既読問題」で恋を自爆させる女

「やっとキュンキュンする人と出会ったわ!」

36歳の派遣社員カヨコさんは、スマホを見つめながらガッツポーズをした。胸ときめくその相手は、38歳の会社員ヒデノリさんだ。

男性が40歳まで、女性が36歳までの婚活パーティで、見事カップルになったのである。帰りに2時間ほどお茶をした後、LINE交換をすることになった。

婚活歴も3年を超えて、やっと巡り会えたキュンキュンする男! 年齢も歳上すぎず、年収も600万円以上あることから、出産後働かなくてもしばらく育児に専念できそうだ。

どう考えてもベストな男! これは逃したくない。

しかし……。初回デートに至ることもなく、この恋は2週間で終わりを迎えてしまったのだ。

それも何かを言ったり、メッセージを送ったりしたことが原因ではなかった。発信が原因じゃないとしたら、一体どういうことなのか。

■LINEが待ち遠しいあまりに、始まる前から失敗した恋

LINEは每日続いた。日中の仕事の話だったり、趣味の話、家族の話だったりと、とりとめのないことのメッセージのやりとりをしていた。

しかし、1週間経っても、彼はカヨコさんをデートに誘おうとしない。

「每日LINEをやっているのに、なんでもう一度会おうと言ってくれないんだろう」

2週間が経とうとしたとき、彼女はだんだん不安になってきた。そして、思い切って、彼にそのことを聞いてみた。

すると「なんかね、LINEが重たいんだよね」という答えが返ってきた。「え?」彼女は茫然となった。

だって、メッセージを送るペースも彼の返信スピードに合わせていたし、嫌なことを送ったりもしていない。

メッセージを送る時間だって、仕事が確実に終わっていそうなタイミングにするなど、配慮している。なのに、一体なぜ?

■LINE「既読の速さ」が重たい女だと思わせている

「いつもメッセージ送った瞬間に、いつでもすぐに既読になるのが、ぼくにとってプレッシャーだったんだよね。24時間チェックされてるじゃんって」

カヨコさんはヒデノリさんとのLINE交換から、スマホを手放せなくなってしまった。

彼からメッセージが来たら、すぐにLINEをチェック。それが仕事中であっても、トイレの中であっても、お風呂の中であっても(ジップロックにスマホを入れている!)、そして、寝ているときであっても。

だからといって、彼からメッセージが来たら、すぐに返信したりはしない。
「彼が返事をくれるスピードに合わせないと、重たい女と思われちゃうかもしれないから」と、気をつけていた。

しかし……。この「チェックされている感じ」がヒデノリさんにとって辛かったということだった。

カヨコさんも、メッセージを待ちすぎて、気づいたらすっかりスマホ依存症になっていたのだ。

■LINEの既読スピードで嫌われないために

人間はそう滅多に人を好きになったり、キュンキュンしたりすることはない。だからそういう出会いがあると、舞い上がってしまう。「普通の自分」でいられなくなることが多い。

だから、カヨコさんのように普段しないような、24時間LINEチェック依存症に陥って、相手を怖がらせてしまうことがある。

解決策は「LINEをチェックする時間を決めること」である。おすすめはウィークデーなら、午前8時と午後8時だ。

この時間はオフのことが多いので、既読がついても相手はそれほどプレッシャーを感じない。休みの日は24時間チェックでも大丈夫。

休みだからLINEをたくさんチェックするのは不自然ではないし、突発的に「会いたい」と言われたときでも、すんなりと対応できるからだ。

くれぐれも、LINE既読=「もう読んだからね」というメッセージであることを忘れないようにしよう。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


LINE 恋愛 SNS

関連する投稿


恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

恋愛を冷めさせてしまうLINEとは

年代問わず、LINE(ライン)は恋愛の主たるコミュニケーションツールになっています。しかし、文字やスタンプ、写真で伝えることは意外と難しいものです。会えないからこそLINEで育みたい恋。けれどその恋をいつの間にか冷めさせてしまうことも。そんな、恋愛を冷めさせてしまうLINEとは一体どんなものなのでしょうか。


フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

フォトジェニックな写真をあなたに。プロのカメラマンが同行して撮影する「Lovegraph」が新プランを発表

プロのカメラマンが同行し、恋人や友達、家族写真などを撮影してくれるサービス「Lovegraph(ラブグラフ)」をご存知でしょうか? 今回ラブグラフが「より多くの方に気軽に体験してもらう」ことを目的とした新プランを発表。 夏の思い出作りにいかがですか?


大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂神社(府中) - 恋愛運・人脈運にご利益があるパワースポット

大國魂(おおくにたま)神社は、武蔵国(現在の東京都大部分と神奈川県一部、埼玉県全域)の総社です。総社とは、地域内(ここでは武蔵国)の神社にいる神さまを一カ所に集めた神社のこと。そんな武蔵国の総社である大國魂神社は、恋愛運や人脈運でご利益を得るには東京でも屈指のパワースポットです。


恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

恋愛リベンジを避ける方法〜愛する人との上手な別れかた【経沢香保子】

最近、ネットでのリベンジがすごい。まさに、そこは修羅場と化し、誰も幸せにならない。どうにか止まらなければ、どちらかが社会的に抹殺されるまでのデスゲームだ。一度はともに生きることをきめ、安全地帯となったお互いが心も体も別れるのは身を切る以上に辛いものだ。でも、だからこそ、人間としての魅力や強さが試される時期でもある。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


最新の投稿


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。


不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

不倫話を聞きすぎて、結婚しても不倫されるのではと不安【大人のお悩み相談室 #7】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人に共通する特徴は「口が堅い」こと

信頼される人の特徴は? そう聞かれて思いつくのは、口の堅さではないでしょうか。その人と接していると、安心感と信頼感を感じ取れるはず。今回は信頼される人の共通点であり、条件ともいえる口の堅さをテーマにコラムをお届け。口が堅い人がどうしてそういられるのか、その理由を考えてみましょう。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。