LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


LINEでむやみにメッセージを送っているわけでもない。ネガティブなやりとりをしているわけでもない。それなのに恋がうまくいかない人は、LINEで自爆している。それはどうして?

■LINE「既読問題」で恋を自爆させる女

「やっとキュンキュンする人と出会ったわ!」

36歳の派遣社員カヨコさんは、スマホを見つめながらガッツポーズをした。胸ときめくその相手は、38歳の会社員ヒデノリさんだ。

男性が40歳まで、女性が36歳までの婚活パーティで、見事カップルになったのである。帰りに2時間ほどお茶をした後、LINE交換をすることになった。

婚活歴も3年を超えて、やっと巡り会えたキュンキュンする男! 年齢も歳上すぎず、年収も600万円以上あることから、出産後働かなくてもしばらく育児に専念できそうだ。

どう考えてもベストな男! これは逃したくない。

しかし……。初回デートに至ることもなく、この恋は2週間で終わりを迎えてしまったのだ。

それも何かを言ったり、メッセージを送ったりしたことが原因ではなかった。発信が原因じゃないとしたら、一体どういうことなのか。

■LINEが待ち遠しいあまりに、始まる前から失敗した恋

LINEは每日続いた。日中の仕事の話だったり、趣味の話、家族の話だったりと、とりとめのないことのメッセージのやりとりをしていた。

しかし、1週間経っても、彼はカヨコさんをデートに誘おうとしない。

「每日LINEをやっているのに、なんでもう一度会おうと言ってくれないんだろう」

2週間が経とうとしたとき、彼女はだんだん不安になってきた。そして、思い切って、彼にそのことを聞いてみた。

すると「なんかね、LINEが重たいんだよね」という答えが返ってきた。「え?」彼女は茫然となった。

だって、メッセージを送るペースも彼の返信スピードに合わせていたし、嫌なことを送ったりもしていない。

メッセージを送る時間だって、仕事が確実に終わっていそうなタイミングにするなど、配慮している。なのに、一体なぜ?

■LINE「既読の速さ」が重たい女だと思わせている

「いつもメッセージ送った瞬間に、いつでもすぐに既読になるのが、ぼくにとってプレッシャーだったんだよね。24時間チェックされてるじゃんって」

カヨコさんはヒデノリさんとのLINE交換から、スマホを手放せなくなってしまった。

彼からメッセージが来たら、すぐにLINEをチェック。それが仕事中であっても、トイレの中であっても、お風呂の中であっても(ジップロックにスマホを入れている!)、そして、寝ているときであっても。

だからといって、彼からメッセージが来たら、すぐに返信したりはしない。
「彼が返事をくれるスピードに合わせないと、重たい女と思われちゃうかもしれないから」と、気をつけていた。

しかし……。この「チェックされている感じ」がヒデノリさんにとって辛かったということだった。

カヨコさんも、メッセージを待ちすぎて、気づいたらすっかりスマホ依存症になっていたのだ。

■LINEの既読スピードで嫌われないために

人間はそう滅多に人を好きになったり、キュンキュンしたりすることはない。だからそういう出会いがあると、舞い上がってしまう。「普通の自分」でいられなくなることが多い。

だから、カヨコさんのように普段しないような、24時間LINEチェック依存症に陥って、相手を怖がらせてしまうことがある。

解決策は「LINEをチェックする時間を決めること」である。おすすめはウィークデーなら、午前8時と午後8時だ。

この時間はオフのことが多いので、既読がついても相手はそれほどプレッシャーを感じない。休みの日は24時間チェックでも大丈夫。

休みだからLINEをたくさんチェックするのは不自然ではないし、突発的に「会いたい」と言われたときでも、すんなりと対応できるからだ。

くれぐれも、LINE既読=「もう読んだからね」というメッセージであることを忘れないようにしよう。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


LINE 恋愛 SNS

関連する投稿


結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

結婚を意識しない年下彼氏と過ごす日々

今年40歳の私と9歳年下彼氏は結婚しない選択をした交際2年目のカップル。結婚を意識しないで一緒にいるふたりの日常、思うことは――。


年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

年下男性に不評な、年上女性からのLINEメッセージ

今回は、年下男性に不評なLINEメッセージはどんなものなのかを知って、知らぬ間にマイナスな印象を与えていないか振り返ってみましょう。年下男性好きな大人女性だけでなく、年下男性とのLINEのやりとりが多い大人女性は必見です!


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


最新の投稿


「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

投資を始めようと思ったら、NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を活用すれば税制面で有利です。ただ、投資初心者にとって、両方スタートするのは難しい……。どちらを最初に選ぶべきか、比較してみましょう。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!