これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

LINEのメッセージをみただけで、脈があるのかないのかを判断する方法があるのか? 今回は、コミュケーションコンサルティングを行う西澤さんに、"LINEでの大人男性の脈ありサインを見極めるポイント"を尋ねてみました。お愛想・社交辞令なLINEを見極めて、大切な時間を本命有望株にしっかり投資していきましょう!


メールと違って、きちんとした文章でなくとも何となく許されてしまう「LINE」。

フランクでカジュアルなメッセージでも気にならないため、スタンプや短文の一言レスなどのやり取りを交わしていくうちに相手との距離が近く親しい関係のような印象になります。

その「親しさ」が単なるフレンドリーな関係と思っているのか、恋愛として脈ありなのか、相手の自分への気持ちを見極めるのは意外と難しいもの。

一人で勝手にドキドキした結果「ああ勘違い」なんてオチになることは絶対避けたいところです。

LINEで脈あり

■リアルの場での“褒め“はその気のサイン

「いいな」と思った相手には即アクション。恋愛至上主義の時代に青春を送った大人男性は未だにハンター精神が旺盛な人が多い世代です。

出会ったその場で口説く超肉食系アプローチは大人になった今、控える傾向が強いものの恋愛対象として魅力的な女性と出会った時の行動はまだまだスピーディーでストレート。

40代後半の実業家、山本さんは設楽統さんに雰囲気が似ている柔らかな語り口の上品なジェントルマン。
一見、草食系に見える山本さんですが、実は自他共に認める恋多き恋愛達人です。

「タイプと思った女性には、これでもかっていうくらいに褒めます。ひねったりせずに“綺麗”や“可愛い”と外見を褒める事が多いかな」

なるほど。

確かに山本さんはカフェでインタビューしている間も注文を運んできたウェイトレスに対しても、

「モデルさんみたいに可愛いね」

と笑顔でさらりと褒め攻撃。ウェイトレスの女の子もまんざらではなさそうな様子。ルックスが軟派な感じではないので褒めもいやらしくならない山本さんです。

「その場では積極的に口説くことはしませんが、アリと思った女性とは100%LINEのIDを交換をします」

LINEのIDを交換できているということは、相手に恋愛対象としてみられる可能性があるということです。

■「脈あり」サインはメッセージのここに違いがでる

具体的なお誘いは、LINEで脈ありのサイン

少しでも可能性があると感じた人との繋がりは結んでおく。恋のチャンスを逃さないタイプに共通のアクションです。

「けれど、タイプはタイプでも “アリ” かな?くらいの女性と、本気で口説きたいと思った女性ではメッセージのやり取りに違いが出ますね」

本気で口説きたいと思った女性には、早々に具体的な誘いを入れていくそうです。

「“アリ”くらいの女性に対しては、 “是非またご飯でも行きましょう”という様な漠然とした誘いの一文をいれますが、本気で口説きたい女性に対しては“来週か再来週に美味しい和食の店があるのでご馳走させてください”と具体的に誘います」

あなたの返信に対して「具体的なプラン」で誘いがきた場合は恋の脈ありサインです。

■「探りのアプローチ」は本気のサイン!?

LINEで探りは脈ありのサイン

男性も女性も、大人になっても興味がある相手に対しては"知りたい欲求"を抑えられません。だから気になる相手に対しては、探りのアプローチが入ります。

ちょっと甘えん坊な雰囲気の加藤さんは30代後半の2代目社長。歴代の彼女は皆年上という生粋の年上好きです。

「LINEで "モテそうですね" という振りは、今、口説かれてる人がいるのか? 気になっている人がいるのか? の探りです」

若い頃なら振られてもダメージは少ないけれど、大人になっての失恋は男性にとってもキツイ出来事です。どんなにタイプでも“可能性0”の相手は避けようとする防衛本能が働きます。だから本格的に攻めに行く前に、こうしたリサーチを欠かしません。

「LINEで雑談を交わせるようになってきたら"前の彼はどんな人だったの?"と前回の恋愛に関するリサーチはしちゃいますね」

“どんなタイプが好きなのか“ が気になるのは男性も同じですね。

「あと、 “話が合いますよね” とか “価値感や好みが似てますよね” というフレーズを意識的に使って相性の良さをアピールします」

こんなフレーズがメッセージに含まれる回数が増えてきたら脈ありサインと見なしても良さそうです。

但し、芽吹いたばかりの恋心は砂でできた山のように脆いもの。

サインを逃してしまうと、すでに恋心は冷めてしまったなんてこともあるのでタイミングを逃さない様にしましょう。

この記事のライター

1968年生まれ横浜市出身。株式会社ループ 代表取締役社長。 短大卒業後モデル、MC、テレビレポーターとして活動後、大手電器 メーカーの法人営業部門で13年間勤務。 その後、年間四十万人以上を動...

関連するキーワード


LINE 恋愛 SNS

関連する投稿


ハズレ合コンは女としての市場価値を確かめる機会にする

ハズレ合コンは女としての市場価値を確かめる機会にする

ハズレ合コンを「ああ、参加しなきゃよかった」と不貞腐れて、適当にやりすごすのはもったいない。いい人がいなくても、その場にいる男性から「女性として扱われるか」「女性として見られているか」チェックする機会として活用してはいかがだろうか。そのほうが楽しいし、意味のある時間になること間違いなし。


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

元彼との復縁を考えるとき、まず可能性があるかどうかが気になりますよね。もし可能性があるなら頑張りたいけど、さっさと次に進んだ方が良い場合もあります。復縁は相手がいてこそできるもの、元彼の態度や今後の関係についてしっかり考えましょう。今回は、復縁できる可能性を見極められる3つのポイントをご紹介します。


「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

幸せな結婚や恋愛を望んでいても、うまくいかない……その原因の1つは「男嫌い」にあるかもしれない。筆者自身もつらい恋愛経験が多く、男性不信の一歩手前だった。しかし現在は男嫌いを克服し、男性の良さや素敵さに目を向けられるようになった。それからは不思議と恋愛もうまくいくように。男嫌いを脱却する方法をご紹介する。


結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


最新の投稿


WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

WAKA TAKAHASHI高橋和伽さん「世界観を形にしていくのがデザイナーの仕事」

バッグのメゾン「WAKA TAKAHASHI(ワカ タカハシ)」を立ち上げた新進気鋭の若手デザイナー、高橋和伽さんをインタビュー。憧れの職、デザイナーになるまでの道のりやWAKA TAKAHASHIのバッグに込めた想いを伺いました。


映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

映画『LIFE!』感想。人生を変える、壮大な旅がはじまる!

この春、新しい自分を見つけてみませんか? ベン・スティーラ監督・主演が描く感動のヒューマン・ドラマ『LIFE!』シネマの時間第4弾は、映画『LIFE!』の魅力と感想をアートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


簡単に手作りできる!ドレッシングレシピ3つ

簡単に手作りできる!ドレッシングレシピ3つ

簡単に手作りできて保存もきくドレッシングのレシピを3つご紹介します。使う油や調味料を変えてみて、自分が一番好きなドレッシングと出会ってくださいね。


SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

SNSデトックスのすすめ。SNS疲れを感じたら

FacebookやTwitterなどによる「SNS疲れ」。他人の投稿をみて「いいね」ではなく「いいな」と思ってしまった人は要注意。そんな方には、週末にSNSデトックスをすることをおすすめします。SNSと距離をおくことで、SNS疲れをなくしましょう!


大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

大人ベーシックファッションはFrank&Eileenシャツ×デニムで仕上げる

ベーシックファッションを大人流に楽しむなら、シャツ×デニムで品格漂うコーデを作ってみませんか。取り入れる色次第で、ナチュラルにもフェミニンにも見せられるコーデ、挑戦してみては?