1月特集「新世界を嗜む」

1月特集「新世界を嗜む」

『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。2018年は新世界へ足を踏み入れてみませんか。自分にとっての新世界=「未体験の趣味」の世界は、自分の生きる範囲を広げてくれることでしょう。さらに、その世界で手にするさまざまな感情や経験は、私たちの人生をカラフルにしてくれるはずです。さぁ、新しい趣味の世界へ。


『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。ここで定義する新世界とは、未体験の趣味の世界。

「自分の人生にこれがないとつまらない」「これがあるおかげで日々が楽しい」。そんな風に思える趣味はありますか?

ある人はもちろん、ない人も、2018年、新世界に足を踏み入れてみませんか。趣味が自分の生きる世界を広げてくれて、日々を今よりもっとカラフルな、豊かなものにしてくれるはずです。

スポーツ(観戦含む)系、文化系に分けて、趣味に熱中している人たちが、魅力や楽しみ方を愛があふれ出す文章で語り尽くします。

1月2日から随時、特集記事を更新していきます。このページは「新世界を嗜む」特集の目次です。ブックマークして新着記事をチェックして、今年は新世界へ飛び出そう!

ポールダンス

ポールダンスは女性であることを楽しめる時間

プロレス観戦

プロレスには人生のエッセンスが詰まってる。だから私は観戦にいく

相撲観戦

カメラ、旅行……相撲好き「スー女」になって増えた楽しみ

茶道

「気づき」の繰り返しで素敵な人になる茶道

クロスフィット

クロスフィットが「今」に集中する私をつくってくれた

ベリーダンス

ベリーダンスは女性である自分と向き合う癒やしのひととき

キックボクシング

ストレス吹き飛ぶ! 気分爽快になれるキックボクシング

ボルダリング

自分が「成長している実感」を得られるボルダリング

落語

女ひとり、深夜の寄席へ

観劇

大人の趣味としての「観劇」。おすすめ公演からマナーまで

護身術

覚えて損なし! 女性でもできる「護身術」を習いに行ってみた

書道

新しい趣味としての「書道」

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


新世界を嗜む

関連する投稿


「きれい」だった能楽が「楽しい」に変わるまで【和のお稽古体験談】

「きれい」だった能楽が「楽しい」に変わるまで【和のお稽古体験談】

素人ながらに芸道を学ぶ……それはいったいどのような世界なのでしょうか。今回は、お稽古を始めて今年で12年目という、会社員のユウコさんにお話をお聞きしました。実際に社中会で能を上演した経験もあるというユウコさんがお能を始めたきっかけは、「好きな役者さんがお能の稽古をしていると聞いたから」という意外な理由でした。


覚えて損なし! 女性でもできる「護身術」を習いに行ってみた【新世界を嗜む】

覚えて損なし! 女性でもできる「護身術」を習いに行ってみた【新世界を嗜む】

最近は物騒な事件が増え、女性でも自分の身は自分のみで守る必要がある時代となりました。「護身術」を身に着けて強くなりたい! というわけで今回は、女性でも簡単にできる護身術を学びに行きました。


「能楽」で好奇心の扉を開く。素敵なあなたにすすめたい和の習い事

「能楽」で好奇心の扉を開く。素敵なあなたにすすめたい和の習い事

日本の伝統的なエッセンスがたくさん詰まった伝統芸能「能楽」。じつは「観る」だけでなく、お稽古ごとして「習う」こともできるということをご存知でしょうか?


女ひとり、深夜の寄席へ【新世界を嗜む】

女ひとり、深夜の寄席へ【新世界を嗜む】

『DRESS』1月特集は「新世界を嗜む」。2018年は新世界=「未体験の趣味」と出会ってみませんか。趣味は自分の生きる世界を広げてくれて、日々を今よりもっと素敵にしてくれるもの。本記事で紹介するのは「落語」。寄席に行き始めたサトコさんに寄稿いただきました。


新しい趣味としての「書道」【新世界を嗜む】

新しい趣味としての「書道」【新世界を嗜む】

文化庁文化交流使にも選ばれた、墨アーティストで書道家の海老原露巌(えびはらろげん)先生に、新しい趣味としての「書道」というテーマで執筆いただきました。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。