ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガ八支則を応用して、幸せな人生を手に入れる【長谷川朋美 連載 #12】

ヨガの八支則から学ぶ、真の豊かさと幸せを手に入れるための方法を長谷川朋美さんが紹介します。


こんにちは、長谷川朋美です。

10年ほど前から趣味でヨガをしていた私。昨年末からヨガの学校に通い始め、本格的にヨガを勉強しています。

6年前にスリランカでアーユルヴェーダ(*)も勉強し、学校に通っていたこともあります。アーユルヴェーダの中にもヨガが出てきます。

そのとき、その考え方に強く感銘を受け、いつか勉強することになるだろう……と思っていましたが、そのときがどうやらきたようです。

というのも実は、私が普段開催しているセミナーや本でお伝えしていることは、ヨガの哲学そのものだったからです。アーユルヴェーダやヨガを勉強していくうちに、自分が大切にしていたことや伝えたかったことの点と点が、線でつながったようなそんな感覚でした。

*アーユルヴェーダとは、インドやスリランカ発祥の伝承医学であり、サンスクリット語で「生命科学」を意味し、「生きる知恵」を示しています。

さて、その中でも今日は、【ヨガの八支則】の中から、1番目と2番目にでてくる、「ヤマ」と「二ヤマ」についてお伝えしたいと思います。

ヨガをしたことがある方は、「アシュタンガ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

「アシュタンガ」という言葉は、サンスクリット語で八支則を意味し、ヨガの聖典、聖者パタンジャリが説いた「ヨーガ・スートラ」の中に出てくる、ヨガ哲学の基本的な教えとなります。

一般的にヨガと言えば、呼吸とともにポーズをとることだとお思いの方が多いかもしれません。しかし、実はポーズをとることはヨガ哲学の一部であり、実はこちらで紹介する八支則の「ヤマ」「二ヤマ」を実践できなければ、ポーズをとる地点ではない、というほどのものでもあります。

ヨガとは哲学であり、「ヤマ」「二ヤマ」は、本当の意味での豊かで幸せな生き方を導く、と私は思います。

以下、ヨガの八支則の中の「ヤマ」「二ヤマ」と、私なりの解釈をお伝えしたいと思います。

これは私たちの心と体が健康で、毎日を穏やかに幸せに過ごすために時代を問わず必要だと思うことですので、ぜひ取り入れてみてください。

1.ヤマ〜禁ずること〜

アヒムサ:非暴力
身体的暴力のみならず、言葉の暴力も含まれます。
そして他人にだけでなく、自分自身へも同じくしてはいけません。

サティヤ:嘘をつかないこと
人に対して、自分に対して正直で誠実であること。
嘘はエネルギーを消費し、結局は他人のみならず自分自身への信用も失ってしまい、嘘を繰り返して生きていると生きていることが辛くなります。

アスティヤ:不盗
人の時間・空間・立場を奪ってはいけない。
自己中心的な考えや執着、エゴを捨てること。

ブラフマチャリア:禁欲
元々は性欲を断つということを意味していましたが、現代では利己的な欲を満たすことを避けるというような意味もあります。
また、欲がまったくないのは成長しないと思いますが、欲がありすぎるのは無駄なエネルギーを使って、結局は本来大切なことに集中できなくなるのではないでしょうか。

アパリグラハ:非所有
ものを持ちすぎないこと。ものを多く持ちすぎると、本当に大切なものが見えなくなってしまうだけではなく、それを失うことへの恐れや執着が湧いてきてしまいます。中毒や依存も招きます。

2.ニヤマ〜進んで行うとよいこと〜

シャウチャー:清浄
心身を清潔に保つこと。身だしなみを整えることは人に不快感を与えないために必要なことである。
また、心の清潔さとは、嫉妬や嫌悪などネガディブな感情や思いを持ち続けないこと。
持ってしまうことは人間なので仕方ないと思うのですが、持ってしまったなら、自分ですぐに気づいて手放せるようにしましょう。

サントーシャ:知足
今あるものに感謝をすること。
感謝をすることは、自分自身がより満たされ幸せになる手段です。

タパス:苦行
人生で起こる困難や問題を受け入れ、先に進む勇気を持つこと。それを受け入れる覚悟とは、大きくて穏やかで優しい心であり、それを持つこと。
ピンチは自分自身を成長させるチャンスでもあり、それをきちんと糧に変えられる自分になること。

スワディヤーヤ:学習
自分の心を善い方に導いてくれる本を読んだり、知識を得ること。
そしてその知識を知恵に変えていくことが大切。そのために日々、自分自身や周りで起こることに意識的になり、学びを深めていきましょう。

イシュワラプラニダーナ:神性への祈念
信仰心を大切に、自分の中にある神聖なものを信じること。
全てのことに感謝と尊敬の心を忘れずに、献身的に生きること。
自分ではどうしようもできないような自然のことなどは受け入れ、身を委ねること。

ここまでが、社会的・個人的行動規範の「ヤマ・二ヤマ」となりますが、他にも八支則には以下のようなものがあります。

3.アーサナ

〜座法、体位法〜
ヨガのポーズのこと。体壁の矯正。
気持ちを落ち着かせるために体を動かすこと、アーサナは快適で安定したものでなければなりません。もともとは瞑想を深めるための座法のこと。
アーサナをとることでリフレッシュしたり、深いリラックス感を手に入れることができます。また、自分と静かにじっくりと向き合えて、体と心の整理になります。

4.プラーナヤーマ

〜調気法〜
調気を行うことで心の安定をはかり、心の輝きが現れる。
「プラーナ」は、生命エネルギーを意味します。
「プラーナヤーマ」は呼吸をコントロールすることによって、自分の中のエネルギーを調整することを意味します。
また、呼吸は自律神経を整えるために、一番手軽にすぐにできる方法です。

5.プラティヤハーラ

〜制感・感覚のコントロール〜
感覚に意識的になり、意識を外側でなく内側に向けていくこと。
他と自分を比べるのではなく、自分自身を深く見つめ感じることによって、外に流されずに感覚や感情をコントロールできるようになる。

6.ダーラナ

〜凝念〜
集中・止めること・維持すること、を意味します。
心を一点に集中させることで、そのものに向かうエネルギーを強くします。

7.ディヤーナ

〜瞑想〜
プラティヤハーラと、ダーラナが深まっている状態。
自分と他の意識の境界線がなくなり、雑念がなく、深い瞑想状態。

8.サマディ

〜悟り〜
ヨガの最終地点。
ディヤーナが長く続けられると、このサマディの状態に入ります。
とくに6〜8は、瞑想の深さによって徐々に進行していきます。

ヨガはポーズをとることだけではないことが、わかっていただけたと思います。

エクササイズとしてのヨガだけではなく、心と体の両方に作用し、豊かで幸せになるための「ヨガ的生き方」を、取り入れられる部分から取り入れて、ぜひ実践してみてくださいね。

この記事のライター

長谷川朋美(はせがわ ともみ) 美LIFEクリエイター、ホリスティック美容家、株式会社ルミエール代表。 東京・青山を中心に、美容・健康・ライフスタイル・マインド・ビジネス・女性の生き方など、さまざまな内容の講演・執筆活動...

関連するキーワード


ヨガ 生き方

関連する投稿


「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」という時代遅れな呪い――SNS時代に蔓延する「自己承認欲求おばけ」

「愛され女子」「愛されメイク」「愛されファッション」など、世の中に溢れる愛され女子を盛り立てるムード。「丸の内にゃんにゃんOL」騒動や、安室奈美恵の引退ニュースにつく「女性の幸せ最優先」というタイトルからも未だに「愛されることこそが女性の幸せ」という世の圧力を感じます。


新感覚の心地よさ。メイド・イン・ジャパンの「畳×ヨガマット」

新感覚の心地よさ。メイド・イン・ジャパンの「畳×ヨガマット」

畳の素材として知られる「い草」には、香りの良さや消臭効果、サラサラとした気持ちよさetc.ヨガマットに求められる要素がたくさん詰まっています。そんない草を使ったヨガマットが新発売に。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

「女なんかにはできない!」という言葉――それでも強い気持ちで入った「講談」の世界【一龍斎貞鏡】

日本三大話芸のひとつである「講談」。そんな伝統芸能の世界で、DRESS世代の女性が活躍している。美人講談師として人気の一龍齋貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さんだ。今回は、男性社会の風潮が色濃く残る講談を舞台に活躍する彼女に、お話を伺った。


既存のスポブラじゃない、スポーツランジェリー。秋の新作登場

既存のスポブラじゃない、スポーツランジェリー。秋の新作登場

ヨーロッパ発の下着メーカーならではの発想と技術力を活かした、新発想のスポーツランジェリー「triaction by Triumph(R)」秋冬コレクションが10月4日に新発売。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい