1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 占い
  3. 【数秘術】誕生数が7の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が7の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

これまで気づかなかった自分の本質や性格がわかると人気の数秘術。ライフパスナンバーを使って、あなたの人生を充実させる道しるべを見つけましょう。ナンバー7は思慮深く、エキスパートとしてのポジションを確立することで評価されるでしょう。日々の幸せを感じられる相手をパートナーにすることで、恋愛や結婚生活以外もうまくいきます。

【数秘術】誕生数が7の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

■誕生数がナンバー7の基本性格

ナンバー7は思慮深く浮ついたところがありません。洞察力が鋭く物事の真実を見抜くのが上手で、自分から目立つことはあまりしないでしょう。でも、ちょっとした発言にも深みがあるため周囲からは不思議と一目を置かれるはず。独特の存在感と色気があり、黙っていても注目を集めたり、ひそかなファンを作ったりするタイプです。

人とは丁寧に付き合うため、人間関係は狭く深くなる傾向があります。大人数で群れることにストレスを覚えやすく、女性ならではの同調圧力は苦手。自分と同じ感覚の友人が少数いれば満足しますし、いったん仲良くなった相手とは長く良い付き合いを続けようとします。

また、ナンバー7は好きなことには寝食を忘れるほどのめり込む一点集中型です。流行りものを追うより、マニアックな好みを追求するとアイデンティティがハッキリするでしょう。

■誕生数7の生き方

1.マイペース

誕生数7はマイペースなところがありますが、それはテンポが遅いという意味ではなく、独自の時間軸と価値観で生きているというニュアンスです。本音をあまり多く語らないタイプですが、頭の中では物事を細かく分析して掘り下げるため、興味を持ったことは周りが驚くような考察を述べるはず。的確に本質を見抜いて理路整然と解説できるはずです。

そんな誕生数7は自分のペースを守ることで人生をうまく乗りこなしていけます。ノーと言うべきシチュエーションでは曖昧な態度を取らずに断るべきですし、待ってほしいときは急かされても慌てないほうがいいでしょう。

2.周りに流されない

誕生数7は自分だけの美学を持っているので、周りに流されないことが大事。「流行っているから」「上司に言われたから」といって従う必要はありません。自分のポリシーを曲げて無理をするとストレスが溜まり、本来の魅力や能力を見失ってしまいます。

誰も共感してくれなくても自分にとって大事なことは譲らずに守る。そんなスタンスをつらぬくと誕生数7は人生が生きやすくなるでしょう。仕事や趣味ではとことんこだわりを追求すると充実できるはず。また、そうすることで本当に解り合える仲間・自分に合った職場が見つかります。

3.適度な距離感で人と付き合う

誕生数7は自分の世界をしっかり確立するタイプで人間関係は狭く深い傾向があり、価値観や好みが合う友人を求めます。そのため、職場や集団では適度な距離を置いた人付き合いになりがちに。素っ気ないと言われるかもしれませんが、慣れ合うだけの人付き合いに得るものが少ないのは事実です。仕事でもプライベートでも、お互いを尊重できる人を厳選すると有意義な関係が築けるでしょう。

お互いに仕事が忙しかったり、家族がいたりすれば、適度な距離を置いて接するほうがちょうど良く、お互いにプラスが多いはず。友人や仕事仲間とは、つねに連絡を取り合うわけではないけれど、会えば良い刺激を与え合う。そんな付き合いを目指すといいでしょう。

4.信念と個性をつらぬく

誕生数7には、クリエイティブな能力やエキセントリックな個性を持つ人が少なくありません。「これが好き」「これが得意」と思うものは、自覚がないままプロ並みのクオリティまで仕上がっている可能性があります。
趣味や創作活動はSNSなどで広く発表するといいですし、きちんとアピールすることで自分の本当の価値が見えてくるでしょう。

誕生数7は自分語りが苦手なところがありますが、遠慮すればかえって損をしてしまいます。「こんなスキルを持った人がいたなんて」「こういう見方もあったんだ」と、高く評価してくれる人が現れるはずです。また、そうした展開が人生の新しい分岐点になるかもしれません。

■誕生数が7の人の恋愛傾向

普段は淡々としているように見えても、実は恋愛体質のナンバー7。好きな人がいないと毎日が退屈に感じるかもしれません。また、恋人との関係がうまくいっているかどうかで毎日の充実度は変わってくるでしょう。ロマンチストなので、恋に落ちると些細なことでも一喜一憂しやすく、想いが報われず苦しい状態が続けばテンションが落ちてしまうはず。仕事や交友関係に影響が出ることも少なくありません。

そのため、ナンバー7は恋人選びが何より大事です。ネガティブタイプと付き合えば不幸街道まっしぐら。悪い影響を受けていると気づけない場合もあるので、恋愛に依存しすぎないようにしましょう。毎日が楽しく幸せだと思えるかどうかが良い恋をしている判断基準になります。

■誕生数7の人が仕事で成功するヒント

職人気質で好きなことや得意分野をとことん突き詰めるタイプです。スキルや研究を極めてプロフェッショナルになりやすく、仕事にはお金よりやりがいを求める傾向があります。

ストイックに自分の信念をつらぬくので、上司や取引先であっても白を黒と言わせる人とは付き合いたくないでしょう。そんな頑固さから出世街道を少し外れた道を進むかもしれませんが、ナンバー7は大器晩成型。エキスパートとしてのポジションを確立すれば、主張を曲げないところが逆に周囲の信頼を集めるはずです。

そして、ナンバー7は上品で洗練された雰囲気を持つため、目立とうとしなくてもなぜか注目を集めてしまいます。うれしい引き立てを受ける一方で、嫉妬や嫌味を言われる可能性も。

女性が多い職場や派閥争いが目立つ部署では、普段は言う必要のないことも丁寧に主張した方がいいでしょう。誤解されずに中立の立場を守れるはず。また、そうして誰にも染まらないことが仕事で成功するカギになります。

■理想の結婚

ナンバー7はパートナーによって結婚後の人生が変わりやすいタイプです。パートナーの人生に寄り添うスタンスを取れば独身時代と同じ仕事を続けるとは限りません。住む場所や人間関係が変わるのをきっかけにそれまでと違う価値観を持つこともあり、結婚はまさに新しいスタートになります。

ただ、そもそも精神的価値を重視するタイプで俗的なことは苦手。お金の管理や姑との関係、ママ友付き合いには少し苦戦するかもしれません。資産形成や運用はパートナーと相談するか、ファイナンシャルプランナーに任せた方がいいでしょう。マイホームの購入、学資保険、老後資金の準備については早めにプランを立てると安心です。

義実家や子どもを通じたお付き合いはほどほどに。自分の中で「ここまでは頑張るけれど、これ以上は無理しない」というラインを作っておくと良さそうです。

■ナンバー7と良い相性の誕生数

恋も仕事もバッチリ! ソウルメイトはナンバー9

すべてを大らかに肯定するナンバー9は、7にとって不思議な感覚を持つ存在です。物事の捉え方が違うので、些細なことにも「そういうやり方があるんだ」と驚かされるはず。一緒にいると困難を乗り越える方法を教わったり、視界に入らないものの存在に気づかされたりするでしょう。
ナンバー9にとって7はサッパリ付き合える心地良い存在です。また、曖昧な考えをつねに内包する9からすれば、つねに自分の考えを明言できるナンバー7は憧れの人でもあるでしょう。

仕事がうまくいく! ビジネスが成功するナンバー7

専門職や得意分野で活躍しやすいナンバー7と、つねに全体を見て丁寧に仕事を進めるナンバー4はベストコンビになります。4が上司やリーダー役を務めるなら、7はのびのびと自分の持ち味を発揮できるでしょう。
また、どちらもベタベタした関係を嫌うので、行動を共にしてもプレッシャーやストレスを感じにくいはず。ナンバー7がつい素っ気ない態度を取っても、ナンバー4はあまり気にしません。淡々とビジネスライクに付き合ってくれるでしょう。

対等に刺激し合うベストフレンド、ナンバー8

ナンバー7からすると8の第一印象は、もしかするとあまり良くないかもしれません。でも、じっくり話してみると8のストイックなスタンスに興味が湧くはず。「そういう真実の求め方もあるのか」と新鮮な印象を抱くでしょう。
やや暑苦しいナンバー8ですが、本質的には求道者。自分の限界を越えた先に可能性を見出したいタイプです。いつも一緒にいて群れることはないとしても、いざという場面では貴重な意見交換ができます。お互いの違いを認めた上で付き合えばプラスの気づきが多いでしょう。

■ナンバー7と良くない相性の誕生数

良きライバルになるのは、ナンバー1

同じ視点を持って同じペースや雰囲気で行動できれば仲良くできますが、足並みが揃わなった途端、一気に険悪ムードが漂います。違和感を覚えたときには立ち止まって分析したいナンバー7と、ゴリ押しで何とかしようとするナンバー1は問題解決の仕方が真逆。しかも、どちらも協調が苦手でお互いの違いをすり合わせることも難しいでしょう。
ナンバー1も7もスタンドプレーが得意なため、ベタベタしない方が良い関係を築けます。和気あいあいと密に付き合うより、ライバルとして少し離れたところから意識し合う方が良い刺激を与え合うでしょう。

本音を言わなきゃ仲良くなれない、ナンバー3

フットワークが軽く社交的なナンバー3とは浅い関係になりがちに。人付き合いが深く狭いナンバー7にとっては、落ち着いて話ができない相手に見えるかもしれません。
ただ、ナンバー3はあなたが熟考しなければたどり着けない本質を一瞬でつかみ取るタイプ。むき出しの鋭い感性と無邪気さで真実を見抜く特性をもっているのです。他愛ないおしゃべりでドキッとさせられることが少なくないはず。パッと見た印象で決めつけず、ナンバー3とは何でも話してみるといいでしょう。

似ているようで実は違う、油断できないナンバー7

基本性質が同じなので気楽に付き合えるナンバー7ですが、自分の世界を大切にする同士だからこそ、お互いに干渉することがありません。そもそも接点も多くはないのがナンバー7同士の関係性です。「必要なときに必要なだけ」といった距離感なので、心を深く交わらせる付き合いは稀でしょう。
ただ、迷いを覚えたり、悩みを抱えたりしたときはナンバー7のアドバイスに助けられるはず。ひとりで考えて答えが出ないなら積極的に意見を求めるといいかもしれません。きっとヒントが得られるはずです。

数秘術で自分の誕生数を調べてみたい方はこちら
【数秘術】誕生数が1の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が2の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が3の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が4の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が5の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が6の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が7の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が8の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が9の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が11の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が22の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

【数秘術】誕生数が33の人の基本性格・恋愛のクセ・仕事で成功するヒント・理想の結婚

※この記事は2021年2月12日に公開されたものです。
※2021年3月10日に誕生数ごとの相性の内容を追記しました。

沙木 貴咲

ライター・占い師。恋愛・婚活・占い・育児・メンタルヘルスなどをtwitterで日々つぶやいています。二児のシングルマザー。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article