高齢出産、流産の確率は?

高齢出産、流産の確率は?

どの年代で妊娠しても「流産」は珍しいものではありませんが、高齢出産の場合に流産の確率は高まります。今回は、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生に、高齢出産時における流産の「確率」や「原因」についてお聞きしました。


前回は不妊治療について書きました。「不妊治療とは。内容や費用はどんなもの?

人によっては辛く長い道のりである「妊活」ですが、妊娠はゴールではありません。無事に出産するまでにはいくつかのハードルがあります。(出産もゴールではなくスタートなのですけど)

■流産の確率

どの年代で妊娠しても流産は珍しいものではありませんが、高齢出産では流産の確率が高まります。

35歳で約2割、40歳で約4割、42歳で約半分が流産に至ります。

妊娠初期の流産のほとんどは、染色体異常があるなど受精卵の時点で運命が定められているものです。

■原因は「卵子の老化」

これは不妊同様、卵子の老化が原因なのです。

卵子の老化で染色体異常が増えるため、不妊、流産の増加以外にダウン症候群をはじめとした染色体異常の子どもが産まれる確率が高くなります。高くなると言っても、35歳で約200分の1、40歳で約80分の1、42歳で約25分の1で、流産のリスクに比べると桁違いに少なくなります。

もしかしたら読者の中には「高齢出産はダウン症のリスクが高いから怖い」と思っている方も多いかも知れませんが、高齢出産の最大のハードルは不妊、次は流産なのです。

うまく妊娠が継続した後は、

・胎盤から糖の代謝が悪くなるホルモンが出るために起こる妊娠糖尿病
・妊娠高血圧症候群(昔でいう妊娠中毒症)
・前置胎盤など胎盤の異常
・胎盤が剥がれて母子ともに命の危険が伴う常位胎盤早期剥離
・難産による帝王切開


などが年齢とともに増えます。

しかし、実際に臨床をしていると、ほとんどの高齢妊婦さんは淡々と妊娠生活を送り、淡々と産んでいくので、あまり高齢出産のリスクばかりを喧伝する風潮はいかがなものかと個人的には思っています。

流産の確率

■妊娠はゴールではなく「はじまり」

また、産んだところで高齢だと子育てが大変という声も聞きますが、かなり個人差が大きいのではないでしょうか。何歳で産んでも体力がいることには違いありません。高齢妊娠の方が、経済的精神的余裕が増すのも事実です。

妊娠はゴールではなくはじまりでしかないのですが、こうやってリスクを書き出してみると、「女に産まれたから出産してみたい」というような漠然とした理由で産むのはおすすめできませんね。でも、家族が欲しいと願う人の背中は押したいと思います。

前回の記事↓

不妊治療とは。内容や費用はどんなもの?

https://p-dress.jp/articles/74

不妊治療って実際のところどうなんだろう? そう思うアラフォー女性の方も多いかもしれません。今回は、不妊治療の内容や費用の詳細について、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話しをお伺いしました。

関連記事↓

高齢出産になる理由

https://p-dress.jp/articles/134

高齢で出産する人の割合がいま増えています。高齢出産増加の背景や理由、男女の意識の違いについて、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。高齢出産になる理由の1つに、キャリア形成期と出産適齢期がモロにかぶっていることが挙げられます。

ぶっちゃけた話、何歳まで妊娠できるの?

https://p-dress.jp/articles/51

女性の高齢出産。何歳まで妊娠できるのか? 不妊治療は何歳までに行えばいいのか、ぶっちゃけた話、女性が自然妊娠できる年齢はいつまでなのか。今回は、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。

この記事のライター

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

関連するキーワード


高齢出産 子育て 不妊

関連する投稿


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精を始める前に考えてほしい3つのこと【知っておきたい、体外受精の基礎知識#2】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載です。


産後ママのリアル~里帰りなし・親の協力なしでも産後は切り抜けられる

産後ママのリアル~里帰りなし・親の協力なしでも産後は切り抜けられる

子どもが生まれたあとの不安を、そのままにして出産に突入した大泉りかさん。今回は、出産したあとすぐの育児を乗り越えた経験をもとに、今だから思う産後のリアルを語っていただきました。里帰りなし、親の協力なしでも産後は切り抜けられる……? 家事はどうすればいいの……? そんな疑問を解決するヒントが見つかるはず。


「子どもを産み、育てる自分」と、少しずつ仲良くなるために

「子どもを産み、育てる自分」と、少しずつ仲良くなるために

子どもを授かったら、できるだけ前向きでいたい。すがすがしく妊娠・出産に臨みたい。そのための「やっておいてよかったこと」リストや、妊娠初期にずっと考えていた、自分と仕事のこと。


夫婦喧嘩でイライラすることが増えたら、脳の違いを意識してみる

夫婦喧嘩でイライラすることが増えたら、脳の違いを意識してみる

「パパがお休みの日は、育児から開放される」と、お休みを楽しみに待っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。でも、いざお休みの日になると、パパはスマホを片手にずっとゲーム。その姿に、ママはイライラ。ふとした瞬間に我慢していたイライラが爆発し、せっかくのお休みに夫婦喧嘩……なんてことはありませんか?


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。