宋 美玄 さんが 2013/04/11 に更新
高齢出産、そのリスクとは?

高齢出産、そのリスクとは?

前回は不妊治療について書きました。人によっては辛く長い道のりである「妊活」ですが、妊娠はゴールではありません。無事に出産するまでにはいくつかのハードルがあります。(出産もゴールではなくスタートなのですけど)

生殖医療 高齢出産 不妊治療 妊娠

前回は不妊治療について書きました。人によっては辛く長い道のりである「妊活」ですが、妊娠はゴールではありません。無事に出産するまでにはいくつかのハードルがあります。(出産もゴールではなくスタートなのですけど)

どの年代で妊娠しても流産は珍しいものではありませんが、高齢出産では流産のリスクが高まります。35歳で約2割、40歳で約4割、42歳で約半分が流産に至ります。妊娠初期の流産のほとんどは染色体異常があるなど受精卵の時点で運命が定められているものです。これは不妊同様、卵子の老化が原因なのです。

卵子の老化で染色体異常が増えるため、不妊、流産の増加以外にダウン症候群をはじめとした染色体異常の子どもが産まれる確率が高くなります。高くなると言っても、35歳で約200分の1、40歳で約80分の1、42歳で約25分の1で、流産のリスクに比べると桁違いに少なくなります。

もしかしたら読者の中には「高齢出産はダウン症のリスクが高いから怖い」と思っている方も多いかも知れませんが、高齢出産の最大のハードルは不妊、次は流産なのです。

うまく妊娠が継続した後は、胎盤から糖の代謝が悪くなるホルモンが出るために起こる妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群(昔でいう妊娠中毒症)、前置胎盤など胎盤の異常、胎盤が剥がれて母子ともに命の危険が伴う常位胎盤早期剥離、難産による帝王切開などが年齢とともに増えます。しかし、実際に臨床をしていると、ほとんどの高齢妊婦さんは淡々と妊娠生活を送り、淡々と産んでいくので、あまり高齢出産のリスクばかりを喧伝する風潮はいかがなものかと個人的には思っています。

また、産んだところで高齢だと子育てが大変という声も聞きますが、かなり個人差が大きいのではないでしょうか。何歳で産んでも体力がいることには違いありません。高齢妊娠の方が、経済的精神的余裕が増すのも事実です。

妊娠はゴールではなくはじまりでしかないのですが、こうやってリスクを書き出してみると、「女に産まれたから出産してみたい」というような漠然とした理由で産むのはおすすめできませんね。でも、家族が欲しいと願う人の背中は押したいと思います。
 

関連する投稿


夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

31歳で未婚の母となった岡本さん。両親学級で「みんなにはお父さんがいるのにあなたにはいないんだね。ごめんね……」と涙した日もありました。気持ちを切り替え、母としてひとりの女性として、強く、凛として生きる岡本さんに、未婚の母という選択をテーマに寄稿いただきました。


最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

2年前、念願の子どもを授かり、未婚の母になる道を選んだ岩田笑子さん。妊娠を歓迎しなかった男性との同棲を早々に解消し、不安を抱えながらも娘を出産。父不在で子どもを産んだこと、母として、働く女性として奮闘する日々のことをリアルな言葉で綴っていただきました。


妻となり、母となり、手放すことでわかった本当に大切にしたいこと

妻となり、母となり、手放すことでわかった本当に大切にしたいこと

結婚、妊娠、出産、子育て……女性たちに押し付けられた「こうあるべき」を手放すことで、自身の価値観がクリアになった――そう語るのは染矢明日香さん。母となり3ヶ月が経った今、思うことを寄稿いただきました。


40代で母になる #2 二度の妊娠で気づいた命の尊さ(42歳)

40代で母になる #2 二度の妊娠で気づいた命の尊さ(42歳)

40代の妊娠・出産にはリスクも多い。だが、数々の経験や思慮を経て、それを受け止める人生経験や知恵があるのも40代。二度の高年齢妊娠で経験した悲しみや喜びから得たものとは。


35歳、高齢出産。不安を乗り越えて見えてきた、仕事と私と子どものゆるやかな関係性

35歳、高齢出産。不安を乗り越えて見えてきた、仕事と私と子どものゆるやかな関係性

“好き”を仕事にした料理研究家のオガワチエコさん。著書や連載も数多く、華やかに活躍しているように見えるが、自身はこの働き方でいいのか……と悩みを抱えていた。そんなタイミングでの妊娠発覚。出産時は35歳となる。8ヶ月目を迎え、オガワさんが導き出した仕事との関わり方は――。


最新の投稿


セーラームーンとサッカー少女【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #2】

セーラームーンとサッカー少女【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #2】

アニメ作品の中には明らかに「女の子向け」「男の子向け」のものがあって、それは社会が性別で子どもたちの世界を引き裂いていくひとつの仕掛けになっている――中野円佳さんが自身の「セーラームーンを観なかった」ことによる記憶を振り返りながら考えます。


本当の「思いやり」ができる人から、人生が好転していく

本当の「思いやり」ができる人から、人生が好転していく

夫や家族、地域のコミュニティや職場。様々なシチュエーションで人を悩ませるのが、人間関係です。誰かとの間に不協和音を感じていると、知らぬ間に大きなストレスを抱え込み、心身の不調をきたすことも。そんなとき、重く息苦しい状況を打破するための効果的な方法。それは、あなたの「思い」を相手の傍らへ「遣る」こと……。


アニメの中の大人は「女性=ママ」【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #1】

アニメの中の大人は「女性=ママ」【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #1】

子ども向けのアニメで指摘されるジェンダーバイアスの問題。女の子や女性の描かれ方に違和感を覚えたことがある方もいるのでは? 子どもと一緒に人気番組を見て考えたことを中野円佳さんが3回に渡って綴ります。


美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねる女性は、迷いなく“引き算”できる

美しく歳を重ねている人は、がんばって生きてきた人生経験が、佇まいににじみ出ている。とはいえ、もちろん外見も大事だ。貴田加野さんが考える、アラフォー以降の女性が意識したい上品さと清潔感、こなれ感を演出する方法は?


1:1.38の数字に見る、婚活女性の圧倒的「売り手市場」【ご勝手婚活特報】

1:1.38の数字に見る、婚活女性の圧倒的「売り手市場」【ご勝手婚活特報】

国立社会保障・人口問題研究所が昨年6月、18歳から34歳の未婚男女およそ5000人らを対象に実施した結婚、交際に関する調査結果が発表されました。男女共、意外に高かったのが結婚願望。一方、異性の交際相手がいない人の数は、前回5年前の調査から1割も増加。このデータ、あなたはどう見る?


最近話題のキーワード

ここ最近話題のキーワード


ジェンダー 子供向け番組 アニメ セーラームーン 女児アニメ