宋 美玄 さんが 2013/04/11 に更新
高齢出産、そのリスクとは?

高齢出産、そのリスクとは?

前回は不妊治療について書きました。人によっては辛く長い道のりである「妊活」ですが、妊娠はゴールではありません。無事に出産するまでにはいくつかのハードルがあります。(出産もゴールではなくスタートなのですけど)

生殖医療 高齢出産 不妊治療 妊娠

前回は不妊治療について書きました。人によっては辛く長い道のりである「妊活」ですが、妊娠はゴールではありません。無事に出産するまでにはいくつかのハードルがあります。(出産もゴールではなくスタートなのですけど)

どの年代で妊娠しても流産は珍しいものではありませんが、高齢出産では流産のリスクが高まります。35歳で約2割、40歳で約4割、42歳で約半分が流産に至ります。妊娠初期の流産のほとんどは染色体異常があるなど受精卵の時点で運命が定められているものです。これは不妊同様、卵子の老化が原因なのです。

卵子の老化で染色体異常が増えるため、不妊、流産の増加以外にダウン症候群をはじめとした染色体異常の子どもが産まれる確率が高くなります。高くなると言っても、35歳で約200分の1、40歳で約80分の1、42歳で約25分の1で、流産のリスクに比べると桁違いに少なくなります。

もしかしたら読者の中には「高齢出産はダウン症のリスクが高いから怖い」と思っている方も多いかも知れませんが、高齢出産の最大のハードルは不妊、次は流産なのです。

うまく妊娠が継続した後は、胎盤から糖の代謝が悪くなるホルモンが出るために起こる妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群(昔でいう妊娠中毒症)、前置胎盤など胎盤の異常、胎盤が剥がれて母子ともに命の危険が伴う常位胎盤早期剥離、難産による帝王切開などが年齢とともに増えます。しかし、実際に臨床をしていると、ほとんどの高齢妊婦さんは淡々と妊娠生活を送り、淡々と産んでいくので、あまり高齢出産のリスクばかりを喧伝する風潮はいかがなものかと個人的には思っています。

また、産んだところで高齢だと子育てが大変という声も聞きますが、かなり個人差が大きいのではないでしょうか。何歳で産んでも体力がいることには違いありません。高齢妊娠の方が、経済的精神的余裕が増すのも事実です。

妊娠はゴールではなくはじまりでしかないのですが、こうやってリスクを書き出してみると、「女に産まれたから出産してみたい」というような漠然とした理由で産むのはおすすめできませんね。でも、家族が欲しいと願う人の背中は押したいと思います。
 

関連する投稿


やっぱり産みたいですか?【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

やっぱり産みたいですか?【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

こと人生において、「計画通り」は難しい。


堀北真希・妊娠で見えた!「愛され婚」こそ女性にとって幸福への近道!?

堀北真希・妊娠で見えた!「愛され婚」こそ女性にとって幸福への近道!?

愛するより愛されて嫁ぐほうが、女は幸せになれるという定説がある。でも、そんなの無理。愛してるって実感がないと、不安に飲み込まれて、結婚になんて飛び込めないよ……。そんなあなたに贈る「愛され婚」のススメ。これを読んで、さあ、あなたもダイブしてみる?


40代で母になる #1 18回もの人工授精、あきらめたら授かった(41歳)

40代で母になる #1 18回もの人工授精、あきらめたら授かった(41歳)

定義上、35歳以上で出産することを高齢出産といいますが、40代で妊娠・出産する人も少なくない昨今。とはいえ、20〜30代のときと比べると、妊娠しづらい現実もある。それでも子どもを諦めたくない。40代で妊娠・出産した女性の声を届けるシリーズ、始めます。


起業に至る道~乳飲み子を抱えて資格取得&フルタイムでの転職を目指した日々

起業に至る道~乳飲み子を抱えて資格取得&フルタイムでの転職を目指した日々

「出産後に働きたい!」と思い、妊娠中から資格取得に励んだ端羽英子さん。無事に米国公認会計士の資格を得るものの、面接で思うようにいきません。そんな端羽さんが強く望んだ日本ロレアルに転職できた理由とは――?


「社内で量より質の仕事を作っておこう」 41歳で出産した女性役員に聞く、産む前にしておきたいこと

「社内で量より質の仕事を作っておこう」 41歳で出産した女性役員に聞く、産む前にしておきたいこと

仕事が楽しすぎて、アラフォーにさしかかるまで、全力疾走——。でも、ふとした瞬間、「何かが足りない気がする」「このままでいいのかな」と迷い、立ち止まる女性もいるのでは。


最新の投稿


まだ間に合う!2016夏ドラマ ご勝手おすすめBEST3

まだ間に合う!2016夏ドラマ ご勝手おすすめBEST3

【2016 夏ドラマ ご勝手予報】を担当しました小耳沢とバルサミコが責任とります! 夏クールの各ドラマ初回放送を観て、お届けしてきましたご勝手レビュー。最終回は、今クールの総括編です。第1話、第2話あたりまで観ていなくてもストーリーに追いつけて、充分楽しめる作品を厳選しました。


【すぐやる実践婚活教室 #2】「凛ふわ」感を身につけて、惚れさせ体質の女になる

【すぐやる実践婚活教室 #2】「凛ふわ」感を身につけて、惚れさせ体質の女になる

婚活がうまくいかなくて悩んでいるあなた。男性から選んでもらおうとしていませんか? 選んでもらうのではなく、選ばせる女性になる。「惚れさせ体質の女」になることこそ、最強の婚活必勝法。すぐやることで身に着くPractice。さあ、あなたも今すぐ始めましょう。


今月の「推しコス暦」 マストバイな新作コスメをご紹介!

今月の「推しコス暦」 マストバイな新作コスメをご紹介!

8月発売のコスメをピックアップ!


「石鹸の香りがする女」は婚活で勝つ

「石鹸の香りがする女」は婚活で勝つ

近づいた瞬間だけ香る女は、婚活界から早々と卒業していくという。一体なぜ?


「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第3話

「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第3話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。