育児に関する記事

赤ちゃんや小学生になるまでの子どもの世話をしたり、養育したりすることである。近年では結婚、出産後も仕事を続ける女性が多く、保育園と家庭が一体となって育児におこなうこと家庭も少なくない。育児休業中は育児休業給付金を取得することができ、働く女性が出産・育児をしやすい環境が整えられている。

育児に関連するキーワード

育児休暇
>>育児に関連するキーワード一覧

産後セックスレスを切り抜ける3つの鉄則と“意外な救世主”

産後セックスレスを切り抜ける3つの鉄則と“意外な救世主”

日本の夫婦間セックスレスは半分近いという話もあるように、どの夫婦にとっても他人事ではないセックス問題。とくに産後は、ライフスタイルが急激に変わるため、セックスレスの始まりやすい時期と言われます。そこで今回は、今産後セックスレスを切り抜ける3つのルールと、婦関係維持のために活躍する「ある意外なもの」についてご紹介します。


里帰り出産をするメリットとしないメリット ~じいじ・ばあばと楽しく育児をするために~

里帰り出産をするメリットとしないメリット ~じいじ・ばあばと楽しく育児をするために~

妊娠がわかり、出産についていろいろと考え始めたとき、里帰り出産をするか、しないか、悩む方も多いと思います。どちらを選択しても、育児のスタートは楽しいものにしたいですよね。


子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもの成長とともに、改めて考え始める「育児方針」。作家の大泉りかさんは、自分が親から受けてきた教育をそのまま引き継ぐ気にはなれなかった、と語ります。我が子を思うからこそ、打ち立てた彼女の「育児方針」とはなんだったのか。


育児中の上手な時間の使い方~夕飯の献立をまとめて考える~

育児中の上手な時間の使い方~夕飯の献立をまとめて考える~

育児中、夕飯のレシピで悩むことはありませんか? 献立が決まらないまま、子どもの世話が始まり、考えは一時停止。頭の片隅に気になったまま残っているものですよね。献立を考えるのは毎日のことなので、意外と時間を使うし小さなストレスになることも。今回は、育時間の効率的な使い方について、体験してよかったものをご紹介します。


子どもの夏休みの宿題、手伝う? 手伝わない?

子どもの夏休みの宿題、手伝う? 手伝わない?

楽しいことばかりじゃないのが夏休み……。例えば、「夏休みの宿題」は子ども本人だけでなく、親にとってもネックなのではないでしょうか。特に自由研究の課題に悩まされている親は多いと思います。子どもの夏休みの宿題と親との関わり方をデータでお伝えするとともに、自由研究に役立つアイデアをご紹介します。


育児中にイライラしている自分に気づいてあげよう

育児中にイライラしている自分に気づいてあげよう

朝からなんだかイライラすることってありますよね。寝不足だったり、お腹がすいていたり、気になることが片付いていなかったり……。いろいろな原因があると思いますが、自分ではどうすることもできない原因もあるはず。今回は、育児中に気づいたイライラしたときの対処法をご紹介します。


子どもの夏休みにおすすめ。100均のプチプラアイテム

子どもの夏休みにおすすめ。100均のプチプラアイテム

100均には子どもの遊びにもってこいのプチプラアイテムが揃っています。インスタ映えするアイテムを選べば、子どもだけではなく、大人も楽しめること間違いなし。セリア、ダイソー、フライングタイガーなどをはじめとする100均で、夏休みにおすすめのアイテムを探してみました。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんの『#ピヨトト家』が面白かった【おすすめ育児本】

ぴよととなつきさんといえば、インスタグラムで育児日記をアップしたら、フォロワー10万人と大人気になり、ついに書籍化に至った、あの「なつきママ」。なつきママが子育て絵日記本『#ピヨトト家〜うちのアホかわ男子たち〜』で描く3歳と1歳のふたりの男の子は、アホでかわいくて、子育て中のママ&パパなら、誰もが思わず笑っちゃうはず。


おすすめ育児グッズ「スリング」の使い方! 短い抱っこ期間を楽しもう2

おすすめ育児グッズ「スリング」の使い方! 短い抱っこ期間を楽しもう2

初めての赤ちゃんに、抱っこ紐。初めての育児では、やるべきことがたくさんあります。スリングで抱っこを練習する時間なんてない! という方も多いかもしれません。ただスリングは、練習した時間以上の価値を手に入れられる育児グッズなので、ぜひ試してみてください。


おすすめ育児グッズ「スリング」のメリット! 短い抱っこ期間を楽しもう

おすすめ育児グッズ「スリング」のメリット! 短い抱っこ期間を楽しもう

初めての出産では、何の育児グッズを揃えればいいか悩むもの。ひとつのグッズを選ぶだけでも、さまざまな種類があってさらに悩みます。今回ふれる育児グッズである「スリング」もそのひとつ。今回は、新生児から使える便利な育児グッズ「スリング」をご紹介します。


育児中でも息抜きは必要! 子連れでの夜の外出と、夜更かしについて

育児中でも息抜きは必要! 子連れでの夜の外出と、夜更かしについて

子どもが生まれてから、夜に外に出かけるということを「なんとなくいけないこと」だと感じてやめた方も多いかと思います。でも「たまには夕飯を外で食べたい!」と思うなら、それを実行してみてもいいのではないでしょうか。


育児がつらいときに、思い出してほしい言葉

育児がつらいときに、思い出してほしい言葉

夜中に子どもから何度も起こされて、寝不足状態になる。そんな眠い目をあけると外は雨で気分が落ち込み、ため息をつきながらひとりで自由だった頃を思い出して懐かしむ。たしかに育児はつらいけれど「そのころに戻りたいか?」と聞かれると、答えは「NO」とはっきり言えます。


育児中にかかせない便利グッズ「キッチンバサミ」でラク!を手に入れよう

育児中にかかせない便利グッズ「キッチンバサミ」でラク!を手に入れよう

育児中、小さい子どもと食事をするときに「ママ、小さく切って!」と言われることがあるかと思います。自分の食事が中断され「正直、少し面倒だな……」と思ってしまったことはありませんか? 今回は、そういうときに使える便利グッズ「キッチンバサミ」をご紹介します。


育児に及び腰だった夫。息子と2人きりで過ごした日から、彼は父親になった

育児に及び腰だった夫。息子と2人きりで過ごした日から、彼は父親になった

夫が育児に非協力的でイライラする? そんな人は思いきって夫に育児を任せてみよう。「彼は育児なんてできない」「やり方が下手」などと思わずに。任せることで父親として、子供を育てる自覚が芽生え、結果としてできるようになるのだ。


【オススメの育児本】子育てに少し疲れたら『あかんぼぐらし』を読んでほしい

【オススメの育児本】子育てに少し疲れたら『あかんぼぐらし』を読んでほしい

子どもは可愛いけれど、やっぱり育児は疲れるな……。自分の時間がほしいけど、なかなか休むこと決断できない……。そんな気持ちになったときに、ぜひ読んでほしいオススメの育児本をご紹介します。


「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

昨日と今日で考えていることが変わるのが人間。でも、SNSに縛られて「自分のキャラがブレていないか」「設定から逸脱していないか」と、疲れている人も少なくない。でも、とっ散らかって気まぐれなのが私たち。それでいいんじゃないか。


夫が育児・家事をしない問題、簡単な解決策は「心に余裕を持つこと」【小田桐あさぎ 連載 #5】

夫が育児・家事をしない問題、簡単な解決策は「心に余裕を持つこと」【小田桐あさぎ 連載 #5】

「夫が育児をしない」「夫が育児に非協力的」といった声は世の中少なくない。でも、元から育児に協力的な性格の夫はいないし、夫婦間のコミュニケーション次第で、夫は育児を率先してやるようになるもの。夫が自発的に育児、さらには家事に参加するようになる方法を、小田桐あさぎさんが提案する。


家庭円満、夫婦円満の秘訣は、管理職時代に学んだ「信頼して任せること」

家庭円満、夫婦円満の秘訣は、管理職時代に学んだ「信頼して任せること」

家庭円満や夫婦円満でいるコツって何だろう。パートナーや子供が思い通りにいかないからと、イライラしていては円満でいられるわけがない。でも「他人は自分の思い通りには動かない」が大前提だと理解してコミュニケーションを図れば、案外うまくいくもの。小田桐あさぎさんが自身の管理職時代に学んだことから振り返る。


ベビーシッター代は母子を幸せにする必要経費【小田桐あさぎ 連載 #3】

ベビーシッター代は母子を幸せにする必要経費【小田桐あさぎ 連載 #3】

「子どもをベビーシッターに預けて夫とデート」。そんな発言をした女性芸能人が以前炎上した。しかし、ベビーシッターに子どもを見てもらうことは、悪いことだろうか? むしろ、必要なこと。そう考える小田桐あさぎさん流ベビーシッター活用術は参考になる。