1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ココロ/カラダ
  3. 膣まわりのケアをしてますか? 「潤うからだ」のつくり方

膣まわりのケアをしてますか? 「潤うからだ」のつくり方

Share

女性のからだで一番活躍していて、一番大切な場所、膣まわり。清潔で、保湿され、潤っていますか? 日本での植物療法の第一人者である、森田敦子さんの著書『潤うからだ』(ワニブックス)から抜粋し、膣まわりのケアの大切さ、潤うからだのつくり方を、全3回でお伝えします。

膣まわりのケアをしてますか? 「潤うからだ」のつくり方

生理、排泄、セックス、妊娠、出産……。女性のからだで一番活躍していて、一番大切な場所、膣まわり。膣まわりが清潔で、保湿され、潤っていることによって、良質な粘液を出し、免疫力を上げ、膣の萎縮を防ぎ、妊娠力を上げて、出産もスムーズにでき、更年期を穏やかに迎えることができます。

日本での植物療法の第一人者である、森田敦子さんの著書『潤うからだ』(ワニブックス)から抜粋して、膣まわりのケアの大切さ、潤うからだのつくり方を、数回にわたって公開します。

■あなたは、ちゃんと潤ってる?

「私、彼はいるけどセックスはしたくないんです」

植物療法士である私は、セミナーや講演会で多くの女性とお会いする機会があります。植物のからだに対する薬理効果についてさまざまなお話をさせていただきますが、そのなかで多くのみなさんが最も興味を示されるのは、女性の性の話をしているとき。植物療法における妊活や生理、セックスに関する話になると、特別熱心に耳を傾けてくださるのがわかります。

そして、そうした話をした後には植物療法についての質問だけではなく、冒頭のような相談を受けることがとても多くなるのです。

ほかにも、「挿入時に膣が痛くて入らない」「膣がヒリヒリするだけで、エクスタシーを感じたことがない」「何年もセックスしていない」といった悩み、不安、疑問をお持ちの方が本当にたくさんいらっしゃいます。こうした悩みの根本的な原因はただひとつ。

“膣が潤っていない”からです。

■自分の膣まわり、見たことある?

実際、ご自分の膣をご覧になったことがありますか?

自信を持って「はい!」と答えられる人が、どれくらいいるでしょう。自分の目できちんと確かめてみなくては何も始まりません。

いい機会ですから、一度試しに見てみましょう。用意するのは大きめの手鏡。アンダーヘアの奥にある膣部分もきちんと観察するようにしてください。

膣まわりの色合いや形、肌質などの個性は人によって異なります。私は植物療法士として、出産ケアなどのために国内外の女性2000人あまりのデリケートゾーンを観察したことがあります。

日本人はどちらかというと大陰唇が大きく発達し、ヒダ状になっている部分が浅黒くなっている傾向にあります。国籍や人種によって色や形もさまざまですし、それぞれの個性なので違いを気にする必要はありません。

■ケアをしない日本の女性たちへ伝えたいこと

日本の女性は、ほぼ膣まわりのケアをしていません。でも、考えてもみてください。みなさんは顔のスキンケアには手間暇を惜しみませんよね。化粧品にもこだわるでしょう。

クレンジングや洗顔料、化粧水、乳液、美容液など、自分の肌に合うものを選んで念入りにお手入れをしているでしょう。髪の毛にはシャンプーやコンディショナーなどを使い、手足や腕、背中などはボディソープで洗ってオイルやクリームで保湿する。それに対して、膣まわりはどうでしょうか?

膣まわりをデリケートゾーン専用ソープを使って、丁寧に洗っていますか? 膣に専用のクリームやオイルを塗ってきちんと保湿しているでしょうか? お湯で流すだけということはありませんか?

また逆に、からだ用のボディソープを使い、大事なところだからとゴシゴシこすって洗浄しすぎではありませんか? お風呂から出たときもタオルでパパッと拭いて、そのままササッと下着をはいて終了、という人が多いのではないでしょうか。

残念ながらこうしたケアでは、膣まわりの清潔が保てなくなるばかりか、粘膜が乾燥してしまいます。膣の粘膜は薄くなり、大陰唇は広がってたるみ、そのまわりの皮膚は硬くなり、シワシワになってしまうことになるでしょう。

顔のケアをしなければシワが多くなり、頬もたるみますよね。かかとのケアをしていない人は、角質が硬くなってガサガサになってしまいます。膣もそれと同じことです。

良質な膣とは、粘膜が水分をたくさん含んで、伸び縮して弾力がある、潤った膣のことをいうのです。

『潤うからだ』書籍情報

潤うからだ
著者:森田敦子
発行:ワニブックス
単行本:165ページ
発売日:2017/6/26
価格:1200円+税

[公式サイト]
https://www.wani.co.jp/event.php?id=5490

著者 森田敦子さんプロフィール

日本での植物療法の第一人者。サンルイ・インターナショナル代表。大学卒業後、航空会社の客室乗務員の仕事に就くも、ダストアレルギー気管支喘息を発病。その治療として植物療法に出会い、驚くほどの効果を実感。本場のフランスで学びたいと、航空会社を退職し渡仏。フランスでは4年間滞在し、フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学ぶ。
帰国後、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため、会社を設立。2002年には、植物から抽出した抗菌液の研究・開発により、日本バイオベンチャー大賞近畿バイオインダストリー振興会議賞受賞。
AMPP認定・植物療法専門校「ルボアフィトテラピースクール」を主宰するほか、植物療法と医療とのコラボレートや商品開発など、多岐にわたって活躍。主な著書に『自然ぐすり』(ワニブックス刊)など。
http://intime-cosme.com/

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article