膣がゆるむワケ

膣がゆるむワケ

はじめまして、銀座にあるなおえビューティクリニックの喜田直江です。女性の立場で医療に携わりたいと考え、産婦人科医の道へ進み、そこで出会ったのが、自らの女性器に対するお悩みを抱える多くの患者さんたちでした。




 

はじめまして、銀座にあるなおえビューティクリニックの喜田直江です。
女性の立場で医療に携わりたいと考え、産婦人科医の道へ進み、そこで出会ったのが、自らの女性器に対するお悩みを抱える多くの患者さんたちでした。出産後の膣のゆるみ、女性器の形のコンプレックスなど、どこに相談してよいかわからないという悩みを解消することのできるクリニックの必要性を感じ、産婦人科と形成外科を経て、5年前に銀座になおえビューティクリニックを開院しました。

■30代以降、膣は徐々にゆるみ始める
今回は膣のゆるみについてお話していきたいと思います。
みなさんは膣のゆるみって、出産後だけに起こるもの、と思っていませんか?
実は膣のゆるみは、加齢とともに起こってくるものなのです。

膣の中は弾力があって、ふかふかしていますが、加齢とともにコラーゲンが減ってくると、そのハリが失われ、たるみが出てきます。これは肌と同じこと。その結果、尿漏れが起こったり、お風呂から出た後にしばらくして膣から水が漏れてしまったりすることもありますし、そのままにしておくと、膣の弾力が失われて固く萎縮してしまう「膣萎縮」が起こってしまうこともあります。

■高齢出産の人は要注意!
もちろん出産でも膣はゆるむことがありますが、とくに気をつけたいのが高齢出産の場合。若い頃であれば、一度出産でゆるんだとしてもコラーゲンを修復する力があるのですが、30代後半からは元々のコラーゲンの数も減っているため、なかなか元に戻るのが難しくなってしまうのです。「高齢出産は産後の戻りが悪い」とよく言われるのですが、体力の回復だけでなく、こうしたことも産後の戻りが悪いと言われる所以です。

だいたい膣は30代を過ぎると、徐々にゆるんできますが、ストレスの多い生活などを送っていると肌が荒れてしまうように、膣の中の状態も悪くなってしまいます。状態をチェックするには、膣の中に指を入れて弾力や締まり具合を確認するのが一番ですが、普段は肌の状態をチェックして「肌が荒れているときは膣の状態も悪いかな」を意識していくことが大切です。

■メスを使わず痛みもない治療で膣をしめることも可能
膣のゆるみを戻す方法として私のところで行っている治療に「ビビーブ」という方法があります。手術のようにメスも使わず、レーザーも使わず、高周波を使ってコラーゲンを再構築していくことで、膣のしまり感を高め、性的な満足度を高めてくれる効果が期待できます。痛みもなく20分程度で治療でき、効果も1年ほど持続します。出産後も1ヶ月検診が終われば治療可能なので、ゆるみが気になるという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

編集協力=大場真代

この記事のライター

京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術を経験。その後、形成外科医としての技術を幅広く習得した後、美容外科・美容皮膚科全般を行う。特に婦人科系の美容手術は日本有数の症例数を誇る。2011年、銀座で 「なおえビ...

関連する投稿


わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

わたしは愛される実験をはじめた。第1話「黙って座りなさい、モテる女にしてあげるから」

【読むだけでモテる恋愛実験小説】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が〝愛される女〟をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた〝パンケーキ女〟に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

「アラーム2個使い」で気持ちよく目を覚ませる理由【簡単美容#1】

忙しい現代人にとって、睡眠不足は深刻な悩みです。解決しようにも、睡眠時間を増やせと言われて簡単に増やせる人はほとんどいません。だからこそ、限られた睡眠の質を上げることは賢明なライフハックのひとつです。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


私、この前妊娠したんです【アラフォーで産む#1】

私、この前妊娠したんです【アラフォーで産む#1】

40歳の誕生日を契機に「産まない人生」に舵を切ったつもりが、避妊に失敗し妊娠。その先に待っていたのは、思い描いていた未来が崩れていくことと、想像もしなかった「価値観の変化」でした。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#1「公益経営」って何?

【誰でもできる、本業で社会貢献】#1「公益経営」って何?

社会貢献――最近よく聞く言葉ですが、セレブが多額の寄付をしたり、週末にボランティアをしたりと、普段の生活とは切り離したところにあると思っていませんか? そんなイメージを覆す「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説します。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。