膣がゆるむワケ

膣がゆるむワケ

はじめまして、銀座にあるなおえビューティクリニックの喜田直江です。女性の立場で医療に携わりたいと考え、産婦人科医の道へ進み、そこで出会ったのが、自らの女性器に対するお悩みを抱える多くの患者さんたちでした。




 

はじめまして、銀座にあるなおえビューティクリニックの喜田直江です。
女性の立場で医療に携わりたいと考え、産婦人科医の道へ進み、そこで出会ったのが、自らの女性器に対するお悩みを抱える多くの患者さんたちでした。出産後の膣のゆるみ、女性器の形のコンプレックスなど、どこに相談してよいかわからないという悩みを解消することのできるクリニックの必要性を感じ、産婦人科と形成外科を経て、5年前に銀座になおえビューティクリニックを開院しました。

■30代以降、膣は徐々にゆるみ始める
今回は膣のゆるみについてお話していきたいと思います。
みなさんは膣のゆるみって、出産後だけに起こるもの、と思っていませんか?
実は膣のゆるみは、加齢とともに起こってくるものなのです。

膣の中は弾力があって、ふかふかしていますが、加齢とともにコラーゲンが減ってくると、そのハリが失われ、たるみが出てきます。これは肌と同じこと。その結果、尿漏れが起こったり、お風呂から出た後にしばらくして膣から水が漏れてしまったりすることもありますし、そのままにしておくと、膣の弾力が失われて固く萎縮してしまう「膣萎縮」が起こってしまうこともあります。

■高齢出産の人は要注意!
もちろん出産でも膣はゆるむことがありますが、とくに気をつけたいのが高齢出産の場合。若い頃であれば、一度出産でゆるんだとしてもコラーゲンを修復する力があるのですが、30代後半からは元々のコラーゲンの数も減っているため、なかなか元に戻るのが難しくなってしまうのです。「高齢出産は産後の戻りが悪い」とよく言われるのですが、体力の回復だけでなく、こうしたことも産後の戻りが悪いと言われる所以です。

だいたい膣は30代を過ぎると、徐々にゆるんできますが、ストレスの多い生活などを送っていると肌が荒れてしまうように、膣の中の状態も悪くなってしまいます。状態をチェックするには、膣の中に指を入れて弾力や締まり具合を確認するのが一番ですが、普段は肌の状態をチェックして「肌が荒れているときは膣の状態も悪いかな」を意識していくことが大切です。

■メスを使わず痛みもない治療で膣をしめることも可能
膣のゆるみを戻す方法として私のところで行っている治療に「ビビーブ」という方法があります。手術のようにメスも使わず、レーザーも使わず、高周波を使ってコラーゲンを再構築していくことで、膣のしまり感を高め、性的な満足度を高めてくれる効果が期待できます。痛みもなく20分程度で治療でき、効果も1年ほど持続します。出産後も1ヶ月検診が終われば治療可能なので、ゆるみが気になるという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

編集協力=大場真代

この記事のライター

京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術を経験。その後、形成外科医としての技術を幅広く習得した後、美容外科・美容皮膚科全般を行う。特に婦人科系の美容手術は日本有数の症例数を誇る。2011年、銀座で 「なおえビ...

関連するキーワード


女性器 コラーゲン

関連する投稿


女性器の悩みにアプローチ。累計販売10万本のデリケートゾーンお手入れシリーズに新商品

女性器の悩みにアプローチ。累計販売10万本のデリケートゾーンお手入れシリーズに新商品

女性器の悩みといえばにおいや黒ずみなどがあります。それらにアプローチする、デリケートゾーン専用アイテム「イビサ・ビューティー」シリーズに新商品「薬用イビサミスト」が加わりました。2月14日(火)に新発売。


恋愛、出産……女性器の悩みやコンプレックスを克服すれば、女の人生は輝き始める

恋愛、出産……女性器の悩みやコンプレックスを克服すれば、女の人生は輝き始める

女性器に悩みやコンプレックスを持っている女性向けに、婦人科形成クリニックの選び方を喜田直江医師がご紹介します。女性器の悩みやコンプレックスを克服することで、女性の人生はいきいきと輝き始めるはずです。


「ヒダ、大きくない?」女性器の悩みやコンプレックスを深刻化させる一言

「ヒダ、大きくない?」女性器の悩みやコンプレックスを深刻化させる一言

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

臭い、黒ずみ、ヒダの大きさ……女性器の悩みやコンプレックスはどう解消する?

女性器にコンプレックスを持つ女性たちは、具体的にどんな点に悩みを抱えているのでしょうか。そして、それはそのままにしておいていいのか、何か対策を施したほうがいいのか。調査結果をもとに喜田直江医師が解説します。


女性器の悩みやコンプレックスは解消できる

女性器の悩みやコンプレックスは解消できる

ある調査によると20〜40代女性の約6割が女性器に何らかの悩みやコンプレックスを持っている、と答えています。それが理由で男性との交際に進めず、望んでいるのに結婚・出産が叶わない女性も少なくありません。そんな女性器に関する悩みやコンプレックスは解消できます。喜田直江医師が解説します。


最新の投稿


JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

オトナのための爪に優しいネイルポリッシュブランド「JUMII TOKYO(ジュミートウキョウ)」代表で、ビューティプロダクトプランナーの前島ゆみさん。きれいのために夜していることは何ですか?


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。


DRESS部活