1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 結婚適齢期なんて人ぞれぞれ。34歳親友の結婚で確信したこと

結婚適齢期なんて人ぞれぞれ。34歳親友の結婚で確信したこと

Share

「女性はクリスマスケーキ」はさすがに死語に近いものになりましたが、「結婚適齢期」は今でも耳にする言葉です。結婚適齢期って、何だろう? いつなの? そもそも全員ひとくくりに同じ適齢期があるの? 一人ひとり違うんじゃない? 親友の結婚をきっかけに、改めて考えてみました。

結婚適齢期なんて人ぞれぞれ。34歳親友の結婚で確信したこと

先日、大学時代からの親友の結婚式に参列した。

友人は学生時代から、ハッキリとした顔立ちの美人。ただ、花嫁姿の彼女は今まで見たどんな彼女よりも美しく、幸せに満ちた柔らかい表情に、彼女の充足感と夫への信頼感が溢れていた。

■「当分結婚しないと思う」と話したあの日

7年前、27歳の夏。

「私ね、当分結婚しないと思う」

結婚準備で慌ただしくしていた私と久しぶりに夕食を共にした日、彼女は唐突に言い出した。

大学時代から結婚願望が強く、ふたりでよく「28歳くらいで素敵な人と結婚したいよね」としょっちゅう話していたのに、ついこの間まで合コンにもたくさん行ってたはずなのに、いったい何が起こったんだ。

びっくりして続きを聴くと、

「周りの結婚した女友達を見てると、『旦那が浮気してるのには気づいてるけど、もう子どももいるし十分なお金を入れてくれればそれでいい』っていう子がいたり、同僚の男の子は結婚しても遊び放題だったり、結婚ってなんなんだろうと思って。かといって、誠実で浮気しないけど全然経済力がないって相手も困る。考えれば考えるほどどういう人とどういう夫婦になりたいのか、わからないんだよね」

だからそのあたりの考えが自分の中で整理できるまで結婚しない、と言う。

大手企業の総合職としてバリバリ働く彼女は、周りのエリートサラリーマンたちの姿を見て、思うところがあったらしい。

何事もきちんと考える彼女らしいなと思った。「素敵な人」を漠然と探すんじゃなくて、実際の結婚生活を思い浮かべながら、ああでもない、こうでもない、とビジョンを定めようとするところが。

私も結婚を決めるまでにパートナーに求める価値観を散々考え抜いたので、その気持ちにはすごく共感した。

その日からしばらく、彼女は本当に結婚しなかった。相変わらず忙しく働きながら、趣味の旅行やダンスを楽しんで世界を広げていた。時間的に余裕のある時期には合コンにも顔を出していたようだが、「これぞ」と思える人には出会わなかったらしい。

■6年後「私、結婚するかも」と言った彼女の目に、迷いはなかった

私の家庭の事情で少し会う間隔が空いた後、33歳になったばかりの彼女を食事に誘った。

おめでとう、33歳はどう? なんて話していると、彼女は「実はね、私、彼氏ができたの」と切り出した。

「それはおめでとう! いつから? どんな人なの?」と矢継ぎ早に聞く私に、彼女は嬉しそうに話してくれた。

マッチングアプリで出会った少し年下の人だという。誕生日も祝ってもらったそうで、そのときの写真や旅行の写真も見せてくれた。どの写真もふたりとも幸せそうに笑っていて、暖かい雰囲気が伝わってくる。

そして彼女は落ち着いた声で言った。「彼と付き合って、初めて『私、結婚するかも』って思った。ふたりの関係についてきちんと言葉にしてくれるし、人柄が信頼できて、すごく落ち着く」と。

なんて嬉しい報告なんだろう。その表情には迷いがなく、かつて「どういう人とどういう夫婦になりたいかわからない」と言った女性とは別人のようだった。

「おめでとう、よかったね」と私はその夜、何度も繰り返した。

■34歳で「適齢期」を迎えた彼女は、いま最高に美しい

その後、ふたりはとんとん拍子で一緒に暮らし始め、結婚を決めた。

結婚式で幸せに満ちた友人の表情を見ながら、私は「今が彼女の結婚適齢期なんだな」と確信した。

お互いに「28歳で素敵な人と結婚したいね」と言っていた通りにはならず、私はそれよりも少し早く27歳で結婚し、彼女は34歳で結婚。時期は違ってもふたりとも、「なんとなく素敵な人と結婚」じゃなく「どういう人とどういう夫婦になりたいか」をよくよく考えて、しっくり来る人と結ばれたと思う。

「当分結婚しない」と彼女は言っていたものの、周りの友人がどんどん結婚していく中で、結婚への焦りやプレッシャーもゼロではなかっただろう。

でも、それに引っ張られずに、しっかりと仕事をして、趣味を楽しみ、人生を充実させながら「この人だ」と思える出会いを待ったからこそ、彼女の最高に美しい笑顔が今ある。

最初の結婚が34歳というのは、かつて言われた“結婚適齢期”よりは少し遅いかもしれない。でも彼女にとっては、間違いなくいまが適齢期だ。

■一人ひとりの結婚適齢期は違う

結婚適齢期とは、自分の築きたい夫婦像がハッキリして、心から「この人だ」と思える人に出会ったとき、だ。

周囲は相対的な感覚で「早い」とか「遅い」とか勝手に言ってくるけれど、それぞれの適齢期は本人にしかわからない。

20歳で結婚して幸せな人もいれば、40代、50代で結婚して幸せな人もいる。振り回される必要はまったくない。胸を張って、穏やかに、自分の適齢期を見定めたらいいのだ。

そしてそのためにも持っていたいのが、経済力と楽しみ。生活のために無理に誰かと結婚しないために、「恋愛してないと何も楽しくない」なんてことにならないために、女性が輝く社会なんて大仰なことは置いておいても、自分のために確保しておきたい。

年末年始にかけて、親や親戚に「あなたもいい歳なんだから、そろそろ結婚しないの? 早いほうが良いわよ」とお決まりのセリフを言われるかもしれない。そんなときには心の中で、「私の適齢期は私が決めるんだから」と(口に出せなくても)思って、胸を張ってほしい。

画像/Shutterstock

Share

吉原 由梨

ライター、コラムニスト。1984年生まれ。東大法学部卒。外資系IT企業勤務、教授秘書職を経て、現在は執筆活動をしながら夫と二人暮らし。 好きなものは週末のワイン、夢中になれる本とドラマ、ふなっしー。マッサージともふもふのガ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article