結婚に関する記事

結婚とは、好きあった者同士が生活すること。お互いに助け合って、補って、互いのことを心配して、協力し合って生活すること。

結婚に関連するキーワード

婚約 再婚 同性婚 プロポーズ 同棲 結婚相手の条件 選択的未婚 成功する結婚 結婚生活
>>結婚に関連するキーワード一覧

母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母親の結婚観に影響を受けて、結婚に前向きになれず、「結婚が怖い」と、回避志向になる女性も少なくない。「母も一人の身勝手な女なんだな」と冷静に気づいたとき、母から受けた“結婚観”を、「自分の幸せ・人生に対して、結婚って必要? どんな結婚ならいいの?」と、ゼロから再構築することから、始めよう。


「結婚が怖い」と言ってもいいですか

「結婚が怖い」と言ってもいいですか

相手が誰であれ、いわゆる「結婚」が怖い。幽霊よりも怖い――そう語るユキ・クリヤマさん。自らを「結婚回避思考」になっていると分析し、結婚回避思考になる要因を5つ挙げる。うち2つを細かく見ていきたい。


不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

不信感が募る……結婚式プロデュース会社の微妙な対応【NEO花嫁の結婚式奮闘記#8】

相場の倍近く費用がかかる結婚式プロデュース会社と契約したものの、その対応に疑問を感じる私。なんとか無事に進めたいと祈るものの、担当者とのやりとりにモヤモヤが膨らんでいくばかりで……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#8をお届けします。


パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

パートナー以外ともセックスOK? 「オープン・マリッジ」という結婚の形

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだと分かりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、現代の結婚観にこそ問題があるのかもしれない。今回は複数人と同時交際を行う「ポリアモリー」とともに、“婚外”で性関係を持ってもいいとして、注目を集める「オープン・マリッジ」という結婚の形について掘り下げていく。


人はなぜ他人を結婚させたがるのか

人はなぜ他人を結婚させたがるのか

どうして赤の他人から結婚する・しないについて、ああだこうだと言われ続けなければならないのだろうか。もっと他人の人生について無責任であってもいいのでは、と思う。誰かの「しなくてはならない」が私たちを息苦しくさせる。


結婚は「誰もが見るドラマ」じゃなくなった【小野美由紀】

結婚は「誰もが見るドラマ」じゃなくなった【小野美由紀】

結婚は「誰もが見るドラマ」、たとえば昔の月9みたいなドラマではなくなった。人々のライフスタイルや人生の選択は多様化し、今や「結婚=して当然のもの」ではないからだ。小野さんの連載【オンナの抜け道】#2では結婚をテーマに書いていただきました。


理想ばかり追いかけて決められない「のび太系男子」の生態 - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(前編)

理想ばかり追いかけて決められない「のび太系男子」の生態 - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(前編)

『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)には「のび太系男子」と名付けられたアラフォー男性の興味深い生態が書かれています。彼らの実態を著者の稲田豊史(いなだ とよし)さんに前後編に渡ってインタビューしました。


「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

「のび太系男子を好きになったとき」の神対応は? - 『ドラがたり』稲田豊史さんに聞く(後編)

『ドラがたり のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』(PLANETS)には「のび太系男子」と名付けられたアラフォー男性の興味深い生態が書かれています。彼らの生態について聞いた前編に続き、彼らを攻略&落とす方法を著者の稲田豊史(いなだ とよし)さんに伺いました。


「カマキリ女」になってはいけない

「カマキリ女」になってはいけない

カマキリ女化、していないだろうか。「女性はみんなカマキリだ」。これはKさん(外資系金融・アラフィフ・二児の父)の言葉。男性が恐れる、"カマキリ女"とは一体……?


結婚式準備中、プロデュース会社に不安を感じた瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#7】

結婚式準備中、プロデュース会社に不安を感じた瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#7】

結婚式プロデュース会社に相談を始めたのは、これはと思えるウエディングプランナーと出会えなかったから。しかし、これが波乱の幕開けだった―――。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#7をお届けします。


『Pen』が結婚の意味を考え尽くす

『Pen』が結婚の意味を考え尽くす

結婚の意味について考える『Pen』4月15日号の特集は「いまこそ、結婚の話をしよう。」。


高学歴・高収入女性と外国人男性のカップルがうまくいく理由

高学歴・高収入女性と外国人男性のカップルがうまくいく理由

高学歴・高収入女性のパートナーには外国人男性が適している――医師で選択的シングルマザーとして、外国人男性との間にふたりの子供を持つ岡本彩さんは、自身の経験を振り返ってそう語ります。その理由について詳しく綴っていただきました。


2人のママと2人の娘。精子バンクで子供をもうけた女性カップルの話 in シアトル

2人のママと2人の娘。精子バンクで子供をもうけた女性カップルの話 in シアトル

最近は、日本でも渋谷区が同性のカップルを対象としたパートナーシップ証明書の交付を始めたこともあり、同性カップルへの理解が少しずつではあるものの進んできています。アメリカでは2015年6月に同性婚が合法化されています。 今日は、そんなアメリカにおいて精子バンクを利用し、双子の女の子をもうけた友人カップルのお話をします。


私たちって「略奪婚」?”エロい”女性部下から、”サエない”バツイチ上司へ【キス・オブ・ライフ #3】

私たちって「略奪婚」?”エロい”女性部下から、”サエない”バツイチ上司へ【キス・オブ・ライフ #3】

河崎環さんによる「キス」をテーマにした連載「キス・オブ・ライフ」。第3回はバツイチ男性と結婚し、子供を授かった女性のストーリー。帰宅後はふたりの子供たちを抱き締め、毎日たくさんキスする夫の姿を見て思うことは――。


夫婦ふたりの老後を想像し始めた

夫婦ふたりの老後を想像し始めた

夫婦ふたりきりで暮らしていると「老後はどうするの?」とよく聞かれる。「子供がいないと大変だよ」と言う人もいる。もちろん、夫婦二人の老後のことは、考えていないわけではない。じゃあ具体的には……? 少しずつ、小さなことから、夫婦二人の未来を決め始めた。


交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

最高のパートナーと出会う「オトナの恋愛」をしたいなら、頭・心・体という3つのチャンネルをフル活用することが大事です。一つひとつの活用法を詳しくご紹介し、最高のパートナーと出会う方法をご紹介します。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。


働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚することは、どういうことか。結婚に対する価値観の変化にともない「家事育児は女性がするもの」という古風な考えが変化していきています。男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れてみては?


人は人、自分は自分。

人は人、自分は自分。

「人の幸せは一般解じゃなくていい」と気づいたときから、人は人、自分は自分という価値観で生きてきたというイラストレーターの進藤さん。他人の尺度で、自分の幸せを測らないコツとは?


フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

まもなく日本で公開されるフランスの恋愛映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』。対照的な男女がふとしたきっかけで恋に落ちる。男女の10年間の軌跡と葛藤を描き、カンヌ映画祭では、主演のエマニュエル・ベルコに女優賞をもたらしたフランスの有名女性監督・マイウェンにインタビュー。(プロフィールは文末)