1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

Share

「30代になった。そろそろ結婚を……」女性がそう思っていても、彼は同じように考えてくれているのか? むしろ、結婚なんてしたくないと否定的かもしれない。そんな彼に「結婚したい」と思わせるための方法を3つアドバイスします。

結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

【彼に結婚を考えてもらう方法その1】家事はやりすぎない程度にやる

「家事は女性がするもの」という固定概念は世間一般に……とくに男性にはまだまだ定着しているようです。

同様に女性も「家事ができなければお嫁にいけない」なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

ある程度の”生活力”がないと自立していないと思われてしまうこともありますが、だからといってなんでもこなしてしまうと、あなたは「母親」という役割をひとりで担うことになってしまいます。

そうならないためには、彼に”頼ること”が大切です。

風邪をひいたときにご飯を作ってもらう。

高い場所の掃除はしてもらう。

買い物中に重たい荷物は持ってもらう。

……など、頼り方はさまざま。

パートナーに「ひとりじゃできないこともたくさんあるんだな」と思ってもらい、家での役割と家族を守る責任感を持ってもらいましょう。そうすれば彼もあなたを「母親」ではなく「未来の妻」だと認識する可能性が高くなります。

ひとつ注意していただきたいのは、「家事をほとんどしてあげているんだから、これくらいやって当然でしょ」という態度をとってはいけないということです。

頼みごとをきいてくれたときは、必ず感謝の気持ちを伝えてください。そうすると、次からも彼は気持ちよく頼みごとをきいてくれるはず。

【彼に結婚を考えてもらう方法その2】「他の男性のところに行ってしまうかもしれない」と危機感を持たせる

こちらは、少しリスキーなテクニックです。

ただ危機感がプラスに働くと効果テキメン。

あからさまに男性の影を匂わせるのではなく、多くを語らないようにします。いわゆる「ミステリアスな女性」を演出すること。

長年付き合っていると相手のことをなんでも知っていると思い、興味が失せ、放置型になり、過度な安心感を持ってしまいます。

そうすると「こいつは俺のことが好きだな。どこにもいかないだろうからまだいいか」と結婚を先延ばしにされてしまいます。

そこで、連絡をいつもより遅く返す。

服装やメイクを突然変えてみる。

……など、「非日常」を演出してみましょう。

すると、「あれ? いつもと違う」「雰囲気変わったなあ」「今、なにしてるのかな」と少し不安になるものです。

そこでなぜか聞かれても多くを語ってはいけません。「え? なんで?」「気分だよ」と流してしまいましょう。

たちまち男性は、他の男性にとられたらどうしよう……と危感をおぼえるでしょう。

ただしこちらは、少なくとも1年以上付き合っているカップルでないと、下手をすれば信頼関係がくずれる恐れがあるのでご注意を。

【彼に結婚を考えてもらう方法その3】彼は結婚に対してどう思っているか確認

そもそも彼が結婚に興味がなくては話になりません。一生に関わる大切なことなので、意思を確認するにはやはり直接ストレートに聞くべきです。

世間一般では女性の方が現実的で、男性が夢見がちなことが多くあります。結婚観をじっくり話し合えて納得し合えるのが理想的ではありますが、そうはいかないことも……。

いかにお互いの考えを話し合える場を作れるかどうかがカギとなります。納得し合えるように女性が賢く誘導しましょう。

まず、彼の理想とする結婚生活を聞き出してください。そこから夫婦ふたりが幸せになるためにはどうすれば良いのか、徹底的に話し合う必要があります。

例えば彼が「結婚しても好きなときに好きなものを買いたい」と言ったとしたら、「わかった。でも、子どもを産むならある程度まとまったお金は必要だよね。だから、月にいくらまで使っていいとか決めようか」と返答します。そうすると、互いに議論が生まれ、現実的かつ未来的な話を進めることができるでしょう。

次にあなたとの楽しい結婚生活をイメージさせます。

上記の続きで、「生活費は月初にふたりで出し合って、あとは各々で自分のお金を好きに使いたいね! 私たちなら絶対やりくりできるよ!」というような言葉をかけてみるのも良いでしょう。

あなたと結婚したらどんな結婚生活になるのか、具体的にイメージを持ってもらい、「うまくやっていけそうだな、楽しそうだな」と思わせることがポイント。近い将来だけでなく、自分たちがおじいちゃん、おばあちゃんになったときのことを想像させるのも良いと思います(例:「縁側でふたりでお茶のみながら、孫の話をして、のんびり過ごしたいね」)。

結婚しても今とさほど変わらず、我慢もストレスもないと伝えることが大切です。

もし彼の理想とする結婚生活があまりにも現実的ではない場合、あなたがその彼との結婚生活をイメージしてみてください。本当にその彼と幸せになれるのか、自問自答してみましょう。

■彼との結婚に悩む女性は多いと思います

彼氏と結婚

ここまでテクニック的なことを紹介してきましたが、個人的に一番だと思うのはやはり、「自分からプロポーズをする」ということ。無理だったら次へ、というしなやかな気持ちを持っているとなお良いでしょう。

また、世の男性はなぜ結婚に踏み切れないのか、と考えてみると、やはり、「自分が養っていかなければ」というプレッシャーがあり、そういったことが原因になっているケースが多いように思えます。こうしたプレッシャーを取り除いてあげることも、ひとつの方法です。

ここで紹介したテクニックが、あなたのお役に立てば幸いです。

Text/mahco

Share

DRESS恋愛マガジン

DRESS恋愛マガジンでは、結婚から離婚、不倫に浮気、セックスにまつわるエピソードなど、さまざまな恋愛コンテンツを配信していきます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article