母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母親の結婚観に影響を受けて、結婚に前向きになれず、「結婚が怖い」と、回避志向になる女性も少なくない。「母も一人の身勝手な女なんだな」と冷静に気づいたとき、母から受けた“結婚観”を、「自分の幸せ・人生に対して、結婚って必要? どんな結婚ならいいの?」と、ゼロから再構築することから、始めよう。


■結婚回避志向の要因(再掲)

結婚願望を持てず、機会があってもどうにか逃げようとしてしまう妙齢の女性もいる。私は、前回の寄稿「『結婚が怖い」と言ってもいいですか」で5要因を挙げた。

1. 「自分の自由がなくなる」と思って足が遠のく
2. キャリア・趣味などへの自分のエネルギーの割き方が、誰かと生活するには不向きだと悟りきっている、選択的未婚。
3. 身内や近い友達から、「結婚なんてするものじゃない」「子供なんて生むものじゃない」と洗脳されてきた
4. 身内や近い友達が不幸そうだったり苦労している(ように見える結婚をしていた/しているのを見てきた)
5. 世の中の「既婚」「未婚」両方に課されるバイアスが鬱陶しい


今回は、3と4を掘り下げて考えてみようと思う。

■「結婚が怖い」に到ったきっかけのひとつは、母からの言葉

母は、私が思春期になると、しばしば「ユキちゃんは勉強ができるんだから、自立できる。必ずしも結婚なんてしなくていい」と言うようになってきた。

そして、「子供がいなかったら、私はもっとキャリアを構築できたのに」「子供がいなかったら、私はもっと趣味に時間を割けたのに」。日々、こんなつぶやきを聞きながら、育てられてきた。

大人になり、やっとわかってきた。全部、母の盛大な「たられば」だったのだ。

当時母はアラサーの若い女だったのだ。「たられば」を持つことは無理もない。

そして、「あー、たらればね、はいはーい」と受け流せなかった、幼い頃の・思春期の・せいぜい20歳くらいの昔の私。これまた無理もないことだった。

■母親という「女」の理不尽さは、「たられば」から生まれる

所詮は母の勝手な「たられば」にすぎないのに、そのインプットにより、私の結婚回避志向の根っこが構築されている。

これは母からの娘の私にインストールされた思考体系で、いわば洗脳状態にあって、娘の私個人の頭と心でフラットに考えた結果、結婚回避志向になっているのではない。

要因5が根強い場合、必ず人生のどこかの段階で、ゼロベースで結婚の要不要を考え直すという思考の大工事が必要になるのだ。

■なぜ「母」という女は、理不尽な女になっていくのか

過去の寄稿「カマキリ女になってはいけない」に近いかもしれない。

パートナーの男性を搾取する女のことを私は、「カマキリ女」と称した。彼女たちは、「この男は私から逃げていかない・食べてよい」と自信がある女だと。

娘に対して好き勝手、自分のたらればを講釈垂れるようになるのは、おそらく母親は、「娘は私から逃げていかない」と思い込んでいるからだ。

これは、出産という最大のライブイベントを経たからこそ、理屈抜きで本能的にすべての母親という女が持つ感覚なのかも知れない。

もちろん、どこかの娘さんの母親であっても、どこかで娘と自分の境界線を明確に持っている方もいるとは思う。ただ、それはおそらく常に客観的に関係性を見ながら距離を調整できる方に限られるのだろう。

私の母は、いつだかこう言った。

「ユキちゃんと私は別の人間。でも、分身だと思ってる!」

私はひどく困惑したし、未だに母の思いをくみ取りきれていない。

母は私のことを本当に全く別個の個人として切り離したのか、それとも分身として自分の延長線上の存在として捉えているのだろうか。

■母親という「女」から、娘が自立するとき

母親という「女」から、娘が自立するとき――それは、「母って勝手な一人の女のことなんだな」と冷静に気づくときなのではないかと思っている。

かの、よしながふみ女史が、「母というものは要するに 一人の不完全な女の事なんだ……」と名作『愛すべき娘たち』で、オムニバスの中の娘に心の中でつぶやかせているのと同じように。

どちらにせよ、私自身が母を苦しいと思わない関わり方をしさえすれば、よかったのだ。自分がつらくなることを鵜呑みにする必要はなかったのだ。それこそが、自立だった。

それに気づくまでに、私はおよそ30年を要した。

■お母さんも誰かの娘だったし、その娘も誰かのお母さんになるということ

私は深く母を愛していて、世にも勝手で暴力的で、そして魅力的な嵐みたいな女神だと思っている。いつも、一人で北風と太陽をやってのける。

きっと私の母に限らず、子供を持つ多くの女性は、子供を産むと同時にとてつもない業をこの世に追加して、業を業と思わないで生きていく。

子供に、「子供は私から離れないもん」と心のどこかで思いながら。でも、それは本能があなたにそうさせていること。仕方ないこと。

だからこそ、子供を持つすべての女性にお願い。「子供は私から離れないもん」って思ったっていい。多少揺らいだっていいです。

だけど、将来「子供が結婚しない」と悩みたくないなら、「結婚なんてしなくていい」とか、「子供なんて産まなくていい」と言った、初めから選択肢を減らしてしまう言葉=呪いの言葉を口にしては、いけないのです。

この記事のライター

外資系コンサルで奮闘する会社員です。 最愛の彼氏が死んでしまったり、諸事情を抱え、人生要件定義しなおし中です。 働く女性の視点で、あれやこれやと思考をめぐらすのが好きで、このたび記事を書かせて頂きます。

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

付き合う前にセックスした男女は恋人関係になりにくい【桃山商事】

『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。後編では大人女性が抱えやすい悩みとその解決策を伺いました。


結婚は生存戦略のひとつ。だから決断を下せなくて悩んでしまう【桃山商事】

結婚は生存戦略のひとつ。だから決断を下せなくて悩んでしまう【桃山商事】

これまで恋愛相談を受けた人数は1000人以上。9月、『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)を発売した恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之さんに、大人の恋愛にまつわるインタビューを実施。前後編でお届けします。


夫婦喧嘩でイライラすることが増えたら、脳の違いを意識してみる

夫婦喧嘩でイライラすることが増えたら、脳の違いを意識してみる

「パパがお休みの日は、育児から開放される」と、お休みを楽しみに待っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。でも、いざお休みの日になると、パパはスマホを片手にずっとゲーム。その姿に、ママはイライラ。ふとした瞬間に我慢していたイライラが爆発し、せっかくのお休みに夫婦喧嘩……なんてことはありませんか?


最新の投稿


栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

栗をたっぷり贅沢に。銀座・和光の「マロンフェア」

和光アネックス(銀座)では、今が旬の栗をふんだんに使った、秋限定のスイーツを味わえる「マロンフェア」を10月1日〜31日まで開催します。毎年人気のマロンパイのほか、2種類の栗を贅沢に使用したパフェなど、秋の味覚を堪能できる美味しいスイーツが揃います。


オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

オーガニック野菜を100%活かして、美味しく味わおう

体に良さそうだけどお値段高めのオーガニック。でも、食べてみるとひと味違います! 美味しい味わいに驚かされるオーガニック・メニューやオーガニック・クッキング、アメリカと日本で相互認証もされているオーガニックの意味合いなど、日米を行き来するジャーナリストの小野アムスデン道子さんがご紹介。


男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

男性が不倫する理由は性欲だけじゃない。既婚者だけが知る飢餓感とは

既婚の男性の不倫する理由なんて、どうせ性欲だけなんでしょ? と思う女性は多いですが、実際は切実な思いで女性を求めている人もいます。もちろん不倫は許されることではありませんが、なぜ妻以外の女性を求めてしまうのか、そこには家庭があっても満たされない「飢餓感」がありました。


スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルの簡単なやり方【マニュキュアでセルフネイル】

スキニーフレンチネイルが今季、大人気です。マニキュアを使って簡単に挑戦できます。細いラインが繊細で洗練されたイメージ。そんなスキニーフレンチを、スキンカラーに合わせて上品なデザインに仕上げました。オフィスでも浮かない上品なスキニーフレンチのやり方を豊富な画像を交えて解説します。


相手に見返りを期待するような恋に先はない

相手に見返りを期待するような恋に先はない

気持ちの入った料理が食卓に並ぶとつい頬が緩む。「結婚の決め手は彼女の手料理!」はなにも男性ばかりでない。疲れているときに、「今日は僕が料理するね」とラーメンを作ってくれたことに、とても癒されたのを今でも覚えている。ただ、胃袋を掴むつもりが、逆に相手を遠ざけてしまうときもあって……。


MENU

DRESS部活