「カマキリ女」になってはいけない

「カマキリ女」になってはいけない

カマキリ女化、していないだろうか。「女性はみんなカマキリだ」。これはKさん(外資系金融・アラフィフ・二児の父)の言葉。男性が恐れる、"カマキリ女"とは一体……?


■“カマキリ女”とは

「渡辺純一の『失楽園』の文中に出てくるカマキリのメスって、卵産んでオスがいらなくなると、オスを食べちゃうんだよ」

そうKさん(外資系金融・アラフィフ・二児の父)は教えてくれた。

さすがの私も、
「えーと、奥様は、"カマキリのメス"なのですか?」
とは聞けなかった。

Kさんは非常にクレバーな方なので、私の困惑を読み取ってくれたのだろう、
「俺はまだ、食べられてはない。生かされているということは、まだ利用価値があるということなのだろう」と続けて言って、にやっとした。

■少しずつ、少しずつ変わっていく女

得てして、男性はロマンチストで、女性はリアリスト。
したがって日常生活において、女性は男性に「この女性は俺のことが好きなかわいいやつだ」と思わせるスキルが必要なこともある。

そして、”恋愛”の初期フェーズだと、そのテクニックを駆使するのが女性というもの。

みなさん、身に覚えはないでしょうか。電話やメールにはすぐ返していたでしょうし、家でご飯を作って待ち構えていたり。男性が、「うざいな~」と言いながらも、「この女性は俺のことが好きなかわいいやつだ」と思ってくれる方法、とってはいませんでしたか(私だけでしょうか……)。

一方、めでたくご結婚/同棲・同居、となるとどうでございましょう。

ことに、女性はだんだん"かわいいフリ"をしなくなる。そして、男性のことを、次第に衣食住を維持するための"手段"としてみるようになっていくのですよ。

平日残業をしてくる旦那さん/彼氏の夕飯を作っておいてあげない・もしくは残しておかない。
だけど、子供の土日の習い事の送り迎えの運転手は、前もって旦那さん/彼氏のカレンダーに入れておく。

旦那さん/彼氏がたとえ気を使って、
「夕飯は俺の分を残しておかなくてもいいよ~」
と言ったとしても、"かわいいフリ"をする女であれば、ご飯一膳とおかずをキープしておかないだろうか。

どうですか、みなさん、旦那さんが名実ともに”彼氏”だった頃には、そういうこと、していたでしょう。

そう、この変化こそ、"カマキリ女"への大きな一歩。

■"カマキリ女"のなにが悪いか

「うちの旦那/彼氏はATM」「うちの旦那/彼氏は家事もしない」「うちの旦那/彼氏は運転手ならできる」etc.

結婚ステータス問わず、long term-relationship(長期的に特定のパートナーがいる関係)を持つ"カマキリ女"から、よく耳にする言葉。

このご発言の裏にあるのは、男女平等の思想というよりは、「この男は私にとって"使える"or"使えない"」のジャッジではないだろうか。

生活はおままごとではなく、一種の超長期プロジェクトのようなものだから、旦那/彼氏/パートナーの家事能力を冷静に査定・ジャッジし、レバレッジをかける(=得意なものやできることを伸ばして最大限活用する)ことは確かに必要。

しかし、男性は、「この女は俺をジャッジしている」と思った途端に、夢を見ることができる”素敵な・好きな女性”として見られなくなっていく。

そりゃそうです、生活のための能力査定をされたら、パートナーが会社の上司か同僚みたいになり、おうちなのに会社にいるみたいになってしまうもの。

■"カマキリ女"を妻にした男は、高確率で浮気をする

男性がパートナーの女性を、"カマキリ女"だと認識したとき、その男性が社会的・金銭的に甲斐性があったり、人間として他の女性を引き付ける魅力があったりする場合、かなりの確率で男性は浮気に走るようです(ユキ総研調べ。サンプル数はアラフォー以上の既婚男性20人程度)。

自尊心を満たしてくれるほかの女性を探す。上司か同僚ではない、ロマンスを与えてくれる別の女性を見つける。むむむ。

ところがしかし、“カマキリ女”は、そういうときに臆さず、開き直ります。浮気に気づいて咎めたとしても、別れさせたとしても、決して離婚はしない。

「今さら何を言ってるの?」

その開き直りは、まさに用が済んで(=交尾が済んで)、オスを栄養源にせんとすカマキリのメスがカマを降りかかるまさにその瞬間。

パートナーの男性を生活のための"ツール"として見ていた! という開き直りのカマがきらりと光るのです。

■"カマキリ女"にならないことは、女性から男性への最大の誠意かもしれない

こと生活、とくに家事や育児については、女性が舵を切らなければならないのが、まだまだ現実としては多い。それでも、女性が家事や育児の舵を切るにしても、外資系の無慈悲なUp or Outを決め込むマネジャーのようにパートナーの男性に接してはいけないの。

生活のためにあなたといる、ではなく、「あなたといたいから、一緒にいる」と伝える機会やまなざしを忘れずにいることは、カマ(ジャッジ)は隠しておくということ。すんでのところで"カマキリ女"にならないということ。

それが何よりも、女性から男性への最大の誠意かもしれませんね。

この記事のライター

外資系コンサルで奮闘する会社員です。 最愛の彼氏が死んでしまったり、諸事情を抱え、人生要件定義しなおし中です。 働く女性の視点で、あれやこれやと思考をめぐらすのが好きで、このたび記事を書かせて頂きます。

関連するキーワード


結婚

関連する投稿


トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

トランプ氏とマクロン氏の年の差婚が「強欲」と「美談」にわかれるワケ

アメリカ新大統領トランプ氏と奥様のメラニアさんの年の差は25歳。フランス新大統領マクロン氏と奥様のブリジットさんの年の差も25歳。この男女が逆転した歳の差婚を、あなたはどう感じましたか……?


母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母という理不尽な女 -「結婚が怖い」と言ってもいいですか #2

母親の結婚観に影響を受けて、結婚に前向きになれず、「結婚が怖い」と、回避志向になる女性も少なくない。「母も一人の身勝手な女なんだな」と冷静に気づいたとき、母から受けた“結婚観”を、「自分の幸せ・人生に対して、結婚って必要? どんな結婚ならいいの?」と、ゼロから再構築することから、始めよう。


もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

もう限界! 私が結婚式プロデュース会社に怒った瞬間【NEO花嫁の結婚式奮闘記#9】

結婚式プロデュース会社への不信感は募るばかり。度重なるモヤモヤに堪忍袋の緒が切れ、ついに信頼貯金がゼロに……。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#9をお届けします。


「結婚が怖い」と言ってもいいですか

「結婚が怖い」と言ってもいいですか

相手が誰であれ、いわゆる「結婚」が怖い。幽霊よりも怖い――そう語るユキ・クリヤマさん。自らを「結婚回避思考」になっていると分析し、結婚回避思考になる要因を5つ挙げる。うち2つを細かく見ていきたい。


人はなぜ他人を結婚させたがるのか

人はなぜ他人を結婚させたがるのか

どうして赤の他人から結婚する・しないについて、ああだこうだと言われ続けなければならないのだろうか。もっと他人の人生について無責任であってもいいのでは、と思う。誰かの「しなくてはならない」が私たちを息苦しくさせる。


最新の投稿


いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性に共通する4つの習慣

いくつになってもスタイルがいい女性を見て、いいなと思う方もいるのでは。確かに年を重ねるにつれ、太りやすく・痩せにくくなるのは事実。しかし、スタイルがいい女性たちの習慣を取り入れることで、美しいスタイルを長く維持できるようになるはず。彼女たちに共通する習慣をご紹介します。


フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスになる前に知っておきたいお金のお話<収入編>

フリーランスという自由な働き方が気になる方もいるのでは? そんな方に知ってほしい「お金の話」シリーズ。フリーランス歴13年目で、ファイナンシャルプランナーでもある筆者が、「フリーランスはどれくらい収入があれば良いか」を解説します。


あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

あなたにおすすめのコーヒー豆は? 自分好みの味に出会う

今回ご紹介するのはおすすめのコーヒー豆について。日々の生活に欠かせないコーヒー。せっかくなら自分好みの味を見つけたいですよね。コーヒーは豆の種類や加工方法で大きく味が変わります。豆の違いを知って、自分好みの味を見つけてみませんか。


現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

現代東京のリアルな空気を感じる -『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#11

2016年5月に発売され、現代詩集としては異例の27000部の売り上げを記録した詩人・最果タヒによる詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。この詩集を、映画『舟を編む』の石井裕也監督が実写化。2017年現在の東京を舞台に、不器用ながらもひたむきに生きる二人の男女の孤独と希望が、観る者の胸を切なく、静かに打ちます。


かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

かるくて、ぜいたく、はなやかなBAKEの「生どら焼き」

BAKE初の和菓子ブランド。新食感の生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が誕生。