モラハラ男との別れ方。まずは「自覚」することから

モラハラ男との別れ方。まずは「自覚」することから

モラハラ男と付き合っているけれど、別れ方に悩んでいる……。そんな人は自分が今被害に遭っているのだと、自覚することからスターとする必要があります。モラハラ男と訣別した女性に話を聞きました。


モラル・ハラスメント、通称「モラハラ」という言葉を聞いたことがありますか? モラハラとは簡単にいうと「言葉の暴力」。今回はそんなモラハラ男の男捨離に成功したカナコさんにお話を伺いました。

■出会った日に意気投合。相性抜群だと思っていたが

カナコさんがミノルさんと出会ったのは、共通の友人アイさん主催のバーベキュー。出会ったその日に意気投合し、お互い恋人がいなかったのもあり、ほどなく付き合うことになりました。

ミノルさんは趣味が筋トレやマラソンというスポーツマン。カナコさんも週1を目安にスポーツジムに通うなど、もともと体を動かすことが好きな方。ふたりで一緒にジムに通ったり、時にはランニングイベントに出たりと、周囲からは理想的なカップルだと思われていました。

■実は彼、モラハラ男だった

ところがカナコさんは、ミノルさんと付き合い始めてからすぐに、「違和感」をおぼえるように。たとえば一緒に公園をジョギングしているだけでも、ミノルさんは「フォームが汚い」「体のバランスが狂ってる」と辛口の評価をします。

アドバイス通りに走っても、「せっかく教えてるのに飲み込みが悪い。全然よくない」といった調子。
普段は温厚でやさしいのですが、「運動」に関してだけはこだわりがあるのか、とにかく言葉がきついのです。

最初は我慢していましたが、だんだん彼と運動するのがつらくなり、付き合い始めて半年後からは、彼と一緒に運動するのを避けるようになりました。

するとミノルさんはカナコさんの体型について、辛らつな言葉を浴びせるようになりました。

「デブ」「後ろ姿が醜い」「体型がたるんでる」など、そんな調子。

最初はカナコさんも「ひどい!」なんて笑いながら受け流していたのですが、あまりにも頻繁に口に出されるので、だんだんイライラするように。

ただ、たまりかねて「そんなに私の体型が気に入らなければ別れて」と切り出しても、「そういう発想だから、いつまで経ってもデブなんだよ」と言い返されてしまいます。

そして「デブ」といったひどい言葉を頻繁に浴びせられているせいで、カナコさんは自分にどんどん自信がなくなってしまいました。

■友人に相談したことで、モラハラはさらに悪化

そんなカナコさんの異変に気づいたのは、ミノルさんとの共通の友人、アイさん。何だか浮かない様子のカナコさんに何か悩んでいるのかと聞いたところ、カナコさんがミノルさんから「デブ」「醜い」といった心ない言葉を、頻繁に浴びせられているのを知りました。

それはひどい、と思ったアイさんは、カナコさんが悩んでいるので、ミノルさんにこれ以上カナコさんにひどい言葉を投げかけないように、と忠告しました。が、あいにくそれがきっかけで、ミノルさんは、カナコさんにますますつらくあたるようになりました。

「デブ」や「醜い」といった体型に関する言葉の暴力だけではなく、その後「口の軽い最低な女」という悪口も、面と向かって言われるようになりました。

■心療内科で初めて「モラハラ」被害に遭っていると気づいた

そんなカナコさんがどうやってミノルさんを「男捨離」できたかというと、心療内科の受診がきっかけでした。

体調がしばらくすぐれず、内科で診てもらったところ、心因性の可能性があるということで、心療内科を勧められたのです。医師に事情を話すと「あなたの体調の悪さは彼が原因。言葉の暴力がおさまらないなら、あなたが参ってしまうから、別れることを勧めます」とはっきりと断言されました。

また、言葉の暴力もハラスメント行為に該当するので、警察に通報もできる、ということを知り、ようやくカナコさんも、ミノルさんの異常さに気づくことができたのです。

そしてもうあなたと一緒にいたくない、とミノルさんにはっきり言うことができ、「そんな根性だからデブなんだ」と言われても、毅然とした態度で、そういう物言いが嫌だ、これ以上言うと警察に相談する、と伝えることができました。

■モラハラ男との別れ方、悩んでいる方は参考にして

たとえ事実であったとしても、パートナーからの心ない言葉をあなたが不快に思い、それをやめてほしいと訴えても改まらないようであれば、それはモラハラに該当します。モラハラは証拠さえあれば相手を訴えられるくらい、重い罪です。

モラハラの厄介なところは、言葉の暴力を受けるのが日常化してしまうと、それがあたりまえになってしまい、ストレスの原因になっていても気づきにくいところです。

最近気分が優れないな、憂鬱だな、と感じたときには、パートナーとの関係が負担になっていないのかを見直してみましょう。

【プロのカウンセラーに相談】恋愛の電話相談

https://p-dress.jp/pages/onayami02

恋愛のお悩み電話相談室 [Excite×DRESS]のページです。恋愛、将来の不安、職場や仕事の悩み……。そんな誰にも話せないお悩み、カウンセラーに相談してみませんか。大人のお悩み電話相談室では、100人以上のプロのカウンセラーがあなたの問題解決をサポートします。

誰にも言えない悩み、相談してみませんか。もちろんお悩み内容は厳守いたします。電話相談は1分100円から、メール相談は一通800円から。24時間365日、好きな時に相談できます。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


恋愛 男捨離

関連する投稿


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


口説かれる女にある4つの"すき"

口説かれる女にある4つの"すき"

草食な男性がスタンダード化している昨今。今回は、口説かない男性がそれでも口説きたくなる女性たちがもっている4つの“すき”について。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい