不便という重たい「荷物」とどう向き合う?【新田恵利 連載 #4】

不便という重たい「荷物」とどう向き合う?【新田恵利 連載 #4】

新田恵利さんが今感じている「不便」は老眼で目が見えづらくなったこと。老眼は手術を必要とする病気ではないけれど、明らかに不便を感じる瞬間が増えたという。どう老眼と付き合っていくのか、不便と向き合えばいいのか。


基本、私は荷物を持つのが大嫌い。女性にしては荷物が少ないほうだと思う。

化粧直しも仕事の日以外はまったくしない。化粧ポーチすら持っていない。

連泊の旅番組のロケでも、機内持ち込み可能な小さなスーツケースで事足りる。その中に自分でスタイリングした衣装に加え、コートまで入れていたときには、男性共演者たちから驚かれた。

若い頃、飲みにいくときも、コートやパンツのポケットに携帯と現金を突っ込んで出発。そんな感じで生きてきた私にとって、「加齢」がこんなにも大きな荷物になるとは想像もしていなかった。

もともとバッグは大好きでコレクションしていた時期もあった。それなのに持つのは嫌い。

昔、心理テストで「あなたにとって鞄とは?」という質問があった。

奥さんがいるにもかかわらず、遊んでいる男性スタッフはこう答えた。「大切なものを入れるだけのもの」。 新婚さんだった女性スタッフは「とても大事でなくなったら困るもの」。

ここでの鞄は何を表しているかというと、パートナーや異性をどう思っているか、だという。

ちなみに、私は当時「集めているけれど、持ち歩くのは面倒でイヤ」と答えた。ははは、若気の至りです。断じて、コレクションなどしておりません(苦笑)。

■病気じゃないけど……新田恵利さんが感じる「見えづらい」不便さ

話を戻すと、加齢はとても大きな荷物だ。ずっと視力が良かったので、眼鏡とは縁遠い生活だった。

目の良い人は老眼になるのが早いと言われているが、本当にそうだと思う。

日差しが強いと目が痛くなり、ショボショボするのに気づいたのが始まりだった。それ以降、季節に関係なくサングラスが必要になった。

次に、趣味のハンドメイドをするときだけ、シニアグラスが欠かせなくなった。眼鏡を作りにいったとき、同世代らしき店員さんが「いやぁ〜新田さんが老眼鏡かぁ。何かショックだなぁ〜」とつぶやく。

いやいや、ショックなのはあなたじゃなくて、私ですよ私。そのうち仕事にも支障が出てきた。

久しぶりの女優業。ほぼほぼ台詞は頭に入っているものの、台本を片手に動きをつけていく。

動きが複雑だったり、シーンを前後してるうちに台詞を忘れる。芝居を止めずに台詞を思い出そうと台本をチラ見したいのに、文字がダブって読めない。何てこと⁉︎

これじゃダメだと、シニアグラスの次に遠近両用の眼鏡を作った。三半規管が強くないのですぐに酔う。

慣れだというが、長時間かけ続けたことがないから耳まで痛い。買い物へいくと、値札が¥36,800にも¥88,300にも見える。間違えたら大変!

旅の最中は地図を片手に、サングラスからシニアグラスや遠近両用に掛け替える。アタフタと忙しない。

ああ不便。見え辛いことがこんなに不便だとは……。

■これからも不便な「荷物」は増えていくのだろう

バックの中にはシニアグラスか遠近両用とサングラス。ケースに入った眼鏡は、かさばることこの上ない。

他にもハンドクリームにデンタルフロス、頭痛薬とリップクリーム。どれも若い頃には持って歩かなかった。

バッグの中身は減るどころか増える一方だった。そこで1つでも荷物を減らそうと、遠近両用の調光レンズの眼鏡を作った。

紫外線の量によってレンズに色が付くのだ。使い心地もなかなかのもの。

年を重ねることが嫌だとは思わないが、つくづく不便だと感じさせられる。

そういえば、母が73歳の頃にちょっぴり高価なシニアグラスをプレゼントした。店員さんが「もうこれ以上、(視力の悪化は)進まないですよ」と言うから高価なものにした。

88歳の今、それはもう役に立たなくなっている。いくつになっても視力は衰えるようだ。

ああ不便。ほかにも不便と荷物は次々と増えている。

機会があれば「不便」をテーマにした連載をやりたいもの(苦笑)。

■新田恵利さんプロフィール

1985年、おニャン子クラブ会員番号4番でデビュー。翌年「冬のオペラグラス」でソロデビュー。その後、タレント・女優・作家としてマルチに活躍。趣味はハンドメイド・DIY ・旅行。現在は寝たきりの実母の介護をしながら、夫とチワワ2匹と共に湘南に暮らす。

この記事のライター

1985年、おニャン子クラブ会員番号4番でデビュー。翌年「冬のオペラグラス」でソロデビュー。その後、タレント・女優・作家としてマルチに活躍。 趣味はハンドメイド・DIY ・旅行。 現在は寝たきりの実母の介護をしながら、夫...

関連するキーワード


体の不調 老眼

関連する投稿


不眠症を診てもらえる病院は何科?

不眠症を診てもらえる病院は何科?

不眠症で悩んだとき、病院では何科にかかればいいの? 「不眠症で困っているときに受診するなら精神科か心療内科」と話すのは、ブレインケアクリニック院長、精神科医の今野裕之さん。医師に症状を説明する際のポイントについても教えていただきました。


不眠症の治し方は?医師がすすめる7つの習慣

不眠症の治し方は?医師がすすめる7つの習慣

不眠症はつらいもの。不眠症の治し方をブレインケアクリニック院長、精神科医の今野裕之さんが解説します。今日からでも実践できる方法ばかりなので、悩んでいる方は試してみて。不眠症を治して健康、美容にも良い影響を。


偏頭痛の原因が謎。何科にかかればいいの?【新田恵利 連載 #5】

偏頭痛の原因が謎。何科にかかればいいの?【新田恵利 連載 #5】

偏頭痛の症状とは、拍動を伴って4〜72時間持続したり、症状には吐き気や嘔吐、羞明(しゅうめい/光に過敏になること)があったり、音声恐怖(音に過敏になる)になったり……といろいろある。でも、原因がわからない。何科にかかればいいの? と悩む新田恵利さんにとって、それこそが頭痛の種なのかもしれない。


胃潰瘍が命に関わることも……押さえておきたい症状や治療

胃潰瘍が命に関わることも……押さえておきたい症状や治療

胃潰瘍の症状や治療を救急医がご紹介します。「たかが胃潰瘍」と侮るなかれ。救急に運ばれてくる方の中には、胃潰瘍が原因で命を落とすケースも……。


風邪をひかないために続けている、6つの習慣【MOTOKO美容塾 #6】

風邪をひかないために続けている、6つの習慣【MOTOKO美容塾 #6】

風邪をひいてしまうと、仕事にもプライベートにも悪影響が及びます。できるだけ元気な状態で過ごすために、MOTOKOさんが心がけている6つの習慣を聞きました。


最新の投稿


絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

今回ご紹介するのは赤ワインに合うおいしいおつまみ。まだまだ日本の家庭には馴染みきっていないワイン。簡単にすぐ用意できるものでもおつまみになるし、簡単なのにおしゃれなものもたくさんあります。前回の白ワイン編に続きこちらもおしゃれ晩酌に活用してみてくださいね。


「アユーラ フォンダンルージュ」新発売。インスタでプレゼントキャンペーンも

「アユーラ フォンダンルージュ」新発売。インスタでプレゼントキャンペーンも

アユーラ ラボラトリーズから、新ルージュ「アユーラ フォンダンルージュ」が新発売。それを記念してインスタグラムでキャンペーンを実施します。抽選で10名さまにフォンダンルージュをプレゼント。


レモンとミントとはちみつと――チェコで大人気「自家製レモネード」

レモンとミントとはちみつと――チェコで大人気「自家製レモネード」

冷たい飲み物がおいしい季節になってきましたね。こちらチェコでは、自家製レモネードが人気です。必要なのは、レモンとはちみつとミントだけ。簡単なのに、とてもおしゃれでおいしいので、試してみてくださいね!


吸うリラクゼーション「ポータブル水素吸入器 SÜ(スゥ)」

吸うリラクゼーション「ポータブル水素吸入器 SÜ(スゥ)」

リラックスしたいとき、お気に入りの香りと一緒に水素を吸える、ポータブル水素吸入器「SÜ(スゥ)」が協和医療器より数量限定で新発売。グリーン、ピンクの2色展開です。


表情筋に働きかける、時短&簡単な自宅用美容器が誕生

表情筋に働きかける、時短&簡単な自宅用美容器が誕生

家庭用では業界初。顔専用の中周波(干渉波)を搭載 した、「時短」で「簡単」に使えるオリジナル美容器「ディアンジェ フェイストレーナー」がダイアナから新登場。