1. DRESS [ドレス]トップ
  2. セックス
  3. スローセックスの気持ちいいやり方。魅力や体験談も紹介

スローセックスの気持ちいいやり方。魅力や体験談も紹介

Share

スローセックスはお互いの心身を満たす、たっぷり時間をかけてゆっくり行うセックスのこと。気持ちいいと評判のスローセックスですが、そのやり方にはどのような方法があるのでしょうか。今回は、体験談やスローセックスの魅力を女性たちに聞いてまとめました。

スローセックスの気持ちいいやり方。魅力や体験談も紹介

スローセックスはゆっくり時間をかけて穏やかにするセックスのこと。ふたりが心身共に満たされるセックスともいえるスローセックス。その体験談や魅力を女性たちに聞いてまとめました。

気持ちいいと感じたり興奮したりするポイントは人それぞれ。だからこそ相手に向き合い、隅々まで知り尽くし、皮膚や粘膜の感覚をゆっくり呼び覚ます、そんなスローセックスに魅力があるのです。普段のセックスに導入できるテクニックもご紹介します。

スローセックスに抱くイメージは? ゆっくりするセックスは想像できない?

スローセックスの体験談

女性の皆さんはスローセックスに対してどんな印象を持っているのでしょうか。

「スローセックスという言葉は聞いたことがありますが、私とは関係のない話だと思っていました。自分たちがそんなにうっとりと素敵なセックスをするイメージが持てません……」

「興味があり、昔、インターネットで調べたことがあります。スローセックスをやってみたい気持ちはありますが、触り方や体位などが難しそうで、どう自分たちのセックスに取り入れたらいいのかわかりません」

「彼氏に言われてスローセックスにチャレンジしたことがありますが、結局ふたりとも我慢できなくなってしまい、すぐに挿入して終わってしまいました。彼が早漏なので、長くセックスを続けてみたい気持ちはあります。またリベンジしてみたいと思っています」

「本当に気持ちいいの? と疑問です。スローセックスにはなんとなく怪しいイメージがあって。ゆっくり触られているうちに興奮が醒めてしまわないのでしょうか」

「スローという言葉から、時間がかかるイメージ。スローセックス自体に興味はありますが、なかなか夫婦の時間がなくて経験がありません」

「夫婦のセックスがマンネリ化してきたので、スローセックスを取り入れてみたいです。乳首を舐められて挿入するのにも飽きてしまいました。もっといろんなところを触って性感帯を開発し合いたい。出会ったころのような新鮮さを取り戻したい」


スローセックスという言葉を一度は耳にしたことがある人は多いようです。積極的に試したい女性、不安に思う女性、持っているイメージは人それぞれ。

まずは、スローセックスの体験談をご紹介

そもそもスローセックスのやり方って? 時間がかかるの? 本当に気持ちいいの? そんな疑問も多いことがわかります。

そこで、ここからはスローセックスを実践したことのある女性たちに、具体的な体験談を聞いてみました。スローセックスに興味のある方にとって、参考になるはずです。

スローセックス体験談1:愛の確認作業ができた

スローセックスの体験談

「昼下がり、彼とベッドでイチャイチャしていて、セックスの雰囲気になっていく中で、私から『スローセックスっていうのがあってね』って話したんです。

その人は私に初めて肉欲を覚えさせた男。彼のことをひたすらに好きでたまらなかったから、いろんな方法でその体を味わいたかった。スローセックスにはもともと興味があって、インターネットで調べたことがありました。彼なら応えてくれると思ったんです。

私が説明しながら、『こう?』『気持ちいい?』『そう、それやって、ずっと撫でて』などと話しながら進めていきます。ひたすらにゆっくり、時間をかけて触れて触れて、撫で合いました。

もどかしくて息を荒げながらも、欲情の鋭さは切り落とそうと試行錯誤して、笑い合ったりしながら。私はマタタビを与えられた猫みたいにドロドロになってしまいました。

お互いもう本当に無理、我慢できないってなったときに、時間をかけて挿入しました。じわじわと、まるで血液が沸騰していくみたいでした。

気を抜くと欲情に任せて激しく動きそうになってしまうのを、少し会話をしたり、軽いキスをしたりして、目を見合って落ち着かせます。挿入したお互いの肉の感覚をじっくり味わいました。

ひたすらに愛があふれ、『好き』『好き』とどんなに言っても止まりませんでした。スローセックスは愛の確認作業だと思います。

長い時間をかけてセックスをするうちに、お互い絶頂に達することもなく、疲れてそのまま眠ってしまいましたが、とても幸せでした」


スローセックスに興味を持っていた女性から男性を誘った体験談です。ふたりで時間をかけて試行錯誤すること自体が、関係構築の手段となっていますね。

愛のある相手だからこそ、さらに愛を深めるセックスができる。まさにスローセックスは愛の確認作業ともいえるのです。

スローセックス体験談2:人間の温かさを感じ合った

スローセックスの体験談

「今の彼と付き合うまでは、激しいセックスしか経験がありませんでした。激しいセックスは息継ぎして、喘いで、膣を締めて、変顔にならないように意識して……となかなか忙しいんです。

若いときの彼は激しく遊んでいたようですが、女性経験を重ねる中で、スローセックスで優しくゆっくり女性を喜ばせるのが好きになったようです。

私はゆっくりじっくり愛撫される方が不思議とイきやすいです。絶頂の波が何度も何度も来て、足先から頭のてっぺんまでぞくぞくと上り詰めるのは、初めての経験でした。

激しいセックスとは違って、挿入したまま動かないでいると、中で彼のものが脈打ってるのが直に感じられます。彼も私の中のとろけ具合が感じられるようです。とっても温かい。運動している熱とは違うんですよね。人間の温かさです。

熱をお互いに感じながら、合間にキスをしたり笑ったり、顔をじっと見つめてこのパーツが愛しいなって改めて思ったり。そういう余裕が感じられるのも幸せです」


温かいって幸せですよね。激しく動かさないことで恋人の温度がじわじわと伝わってくる。人間の温かさを感じ合い、幸せを共有できるのがスローセックスの魅力ですね。

Share

雨あがりの少女

セックスは舞台。いつも世界の背景に溶けてる地味な私でも、ベッドの上では主役になれる。日々ツイッターでセックス&オナニーポエムを書いてます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article