1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛界は弱肉強食のハードな現場。数を打ち、選び・選ばれを繰り返しては傷ついて、ときにライバルたちと戦って……。

恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。がんばりすぎて、自分を追い込んでいるかもしれない。

思い当たるふしがある方は、張り詰めた心を少しゆるめてみてください。自然体な状態でいるとき、心地よい出会いがふっと舞い込んでくることがあります。

恋愛がしたいけれど、出会うことに疲れた。そんな方へ疲れない、無理をしない、がんばりすぎない出会いのヒントや考え方をご紹介します。

1月16日から随時、特集記事を更新していきます。このページは「疲れない出会い」特集の目次です。ブックマークして新着記事をチェックして、リラックスして恋愛を楽しもう!

DRESS読者に聞いた「出会い」のアレコレ

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

疲れる出会いを生み出す3つの原因

”当たり前のルール”に疲れる女性たちへ



悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか?



「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう

疲れない出会いから恋愛、結婚したカップルたち

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに



2000円の恋、そして結婚



私たち、行きつけの喫茶店で出会いました

出会ったあとのLINEのやりとり

短いフレーズのやりとりで疲れない出会いを



LINEのやりとりから見極める「疲れない恋愛」

「出会い」に対する意識変革

「出会い」という言葉と距離をおいて気持ちを楽にする


表紙イラスト/Drまあや

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


疲れない出会い

関連する投稿


相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。実際に体験してきた、30代前半女性のレポートをご紹介します。


「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第三回目は疲れる原因「ピンとこない男性との出会い」についてお話を伺いました。


悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第二回目は疲れる原因「親や周囲からのプレッシャー」についてお話を伺いました。


”当たり前のルール”に疲れる女性たちへ【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

”当たり前のルール”に疲れる女性たちへ【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。なぜ疲れてしまうのか? それは、あなたのせいではなく、〇〇が原因でした。恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表が教えてくれるその理由とは……。


彼とのLINEのやりとりから見極める「疲れない恋愛」

彼とのLINEのやりとりから見極める「疲れない恋愛」

精根尽き果てる様な、疲れる恋愛になりそうな男性。LINEのやりとりに現れる、その特徴について解説します。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。