1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

Share

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第三回目は疲れる原因「ピンとこない男性との出会い」についてお話を伺いました。

「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

20代のころは仕事や趣味、友だちとの時間が楽しくて、恋愛の優先度はそれほど高くなかった。だけど、30代を迎えて「さぁ、そろそろ恋愛を」と出会いに目を向けてみたけど、いざとなるとどうしたら良いかわからない。

異性との出会いの場へと足を運んでみるけど、気疲れしてしまったり、相手のことをどうしても好きになれなかったり……。

こうした出会いの中で、「疲れる出会い」を経験した女性は少なくない。
DRESS読者を対象に行ったアンケート(※1)では、これまで異性との出会いに疲れた経験のある読者は約45%。

※1:アンケート結果はこちら


「どのコメントも『たしかにこれは疲れるよなあ……』と思わされるものばかりですよね。
こんなことで疲れてはいけない、と自分を奮い立たせようとされている方は多いと思うんですが、恋愛における出会いに疲れてしまうことって本人が悪いわけじゃないと思うんですよ」

DRESS読者から送られた「出会いに疲れたと感じた経験」に関するエピソードに目を通しながらそう話してくれたのは、恋バナ収集ユニット「桃山商事」の代表・清田隆之さん。彼はこれまで1000人以上の女性の悩みに寄り添ってきた、いわば恋バナのプロフェッショナルだ。

先日おこなった「恋愛における出会い」に関するアンケートには、「いつもの自分よりも、良く見せようとして疲れてしまう」や「子どもを産める年齢について真面目に考えると出会いに焦ってしまい疲れる」など、さまざまな体験が寄せられた。

清田さんは、200以上あるすべてのエピソードを読み終わってから、穏やかな表情で「みなさん、自分が疲れていることも、その原因や打開策もわかっているんですね。だからこそ、ここでは『自分を責めすぎないで!』『疲れの原因は自分以外のところにあるから!』ということを伝えていきたいです」と話す。

「疲れる出会い」の原因はあなたのせいじゃない

清田さんの話によれば、DRESS読者世代(30~40代)の女性たちが、異性との出会いに疲れてしまう要因は

「社会規範」

「両親や周囲からのプレッシャー」

「ピンと来ない男性との出会い」

という3つに大別できるという。

「疲れる出会いへ処方箋」では、三回に渡ってこれらの実態を明かしながら、疲れの出会いを少しでも緩和できる方法を探っていく。第三回目の最後は「ピンとこない男性との出会い」。

■「年収」や「学歴」を入口に出会う男性にはご注意を

――「出会い」に疲れてしまう原因には「社会規範」「親や周囲からのプレッシャー」、そして「ピンとこない男性との出会い」そのものがあるとお伺いしました。今回は、その出会いそのものによる疲れについて、お話をお伺いさせてください。

「おひとりさまにも疲れてきましたが、年齢で判断されることがあるので、出会いにも疲れます。明らかに年齢がわかったとたん、男性のふるまいが変わりました。そのため、私も年齢に合わせて、男性への振る舞いを変えようと思うようになりました」
40代女性(会社員)

「スペックのよい人に合わせようとして無理しすぎた挙句、わりと雑な扱いで別れた」
30代女性(会社員)

婚活や合コンなどでは、女性から声がかかりやすい男性がいます。
いわゆる高収入・高学歴・高身長に代表される「高スペック」な男性だけでなく、堅実な職業に就いていたり、マジメそうな風貌だったり、モテそうではないが結婚に向いてそうな、そういう男性たちの需要も婚活市場では非常に高い。

性格や価値観といった内面についてはじっくり話を聞いてみないとわからないものですよね。本人からどう申告されても、実際に接する中で判断しないことにはどうしてもわからないわけで。だから、最初はどうしてもわかりやすい「スペック」や「外見」で判断するしかない。そういう中で、声がかかりやすい男性のタイプが偏ってしまいます。

桃山商事代表・清田さん

――「収入」や「学歴」は、出会いの場で数少ない「客観的な指標」になりますからね。

これはやや偏見混じりの意見になってしまいますが、こういった男性たちの中には、「婚活市場で俺はモテる」と経験的に体感してしまったせいか、マジメで身持ちの堅そうな雰囲気とは裏腹に、遊び目的で多くの女性を苦しめている人が少なくありません。

「桃山商事」に寄せられる相談の中にも、いい人そうな感じで女性に近づき、短期間で肉体関係に至ったのち、いきなり音信不通になったりする男性が本当にたくさん登場します……。

■「モチベーションの自家発電」ほど疲れることはない

とくに女性は第一回目でも話題になりましたが「社会規範」のせいで、婚活すれば婚活するほど、つまり年齢を重ねれば重ねるほど、「自分の価値が目減りしていく」と感じる傾向にあると思います。だから自然と、男性に合わせてしまうことが多くなる。

仮にデートした相手がピンとこなくても、「いや、もう少し親しくなれば好きになるかもしれない」「いい人だし、ちゃんと働いてるし、ここで切るのは早すぎるかも」というように、自分を奮い立たせるようにして、男性とのデート関係を続けてしまうこともよくあるそうなんです。

「相手に興味がある」から自然と「また会いたい」と思うことと、「ピンとこなかったけど、もしかしたら好きになるかもしれない」からと自分を盛り立てて「また会ってみよう」という気持ちを持つことは、大きく違いますよね。

この「モチベーションの自家発電」とも言うべき行為が疲れの一因になっているケースは本当に多いと感じています。

――「モチベーションの自家発電」! たしかに疲れるのはそれが原因かも。「疲れを感じた出会い」のアンケートでも、こんなコメントが寄せられてました。

「好きなわけでもない人とデートするのは時間の無駄と感じたし、でも回数を重ねれば好きになるのかも、と謎の努力をしていた」
30代女性(会社員)

「若いときみたいに貪欲になれない」
40代女性(自営業)

前者はまさに「モチベーションの自家発電」の典型的な例ですね。また後者の声も、若い頃は自然に沸き上がっていたモチベーションを、今は無理やり発電しているというか、どこか自分にムチを打って婚活に向かわせているようなしんどさを感じます。

さらに、散々自家発電したにも関わらず、その関係がご破算になったときや、やっぱり無理ってなったときのダメージも相当大きいですよね。「今までの時間を返せ!」「私、一体なにをやっていたんだろう……」って、怒りと絶望で自暴自棄な気分になってしまうこともあると思います。


――たしかに、そう言われてみると、ピンとこない男性とはすぐに関係を断った方が良いとは思います。ですが、婚活中ということになると、出会う男性の中に良いところを見つけようとしてしまいます。

相手の良いところを見つけようとするのは素敵なことだと思いますが、実感としての「良さ」がないのに無理やり探そうというのはしんどいですよね。自分の感情を矯正するというのはそれだけで疲れる行為なので……。

また、年齢や能力で値踏みしてくるような相手は、今後もずっとそういった視点で評価してくる可能性が高い。たとえ「高スペック」であったとしても、ピンと来ないなら次に行くことをオススメします。

もっとも、「ピンと来ない」というだけでせっかくのチャンスを逃していいのか……という気持ちも残ると思います。ピンと来るというのはいわゆる“勘”や“直感”のことですが、それらは自分が全身で収集した情報を元に、言語化以前の段階で下した判断のことです。

例えば「嫌な予感」というのもそのひとつですが、いったん歩みを止め、なぜ自分がそう感じたのかをじっくり考えてみると、それなりの理由が存在していたってことが多々ありますよね。それと同じで、「ピンと来ない」は全身が教えてくれる危険シグナルなので、「高スペックだから」「いい人だから」と理屈で押さえつけて無視してしまうのはとてもリスキーなこと。

“勘”や“直感”が働いたら無理に抗わない。これが疲れない恋愛のコツだと思います。

――たしかに「何回会っても疲れる」は、次に行く目安になりそうです。

そうですね。

あとひとつ、相手からの誘いを断ったり、「もう会えない」と告げたりするのは、それ自体が気の重い作業です。相手の気分を害し、最悪恨まれたりするリスクもあるわけで……。だから極端な話、次に行く時はこの際「LINEをブロック」でもいいんです。

誘いをお断りすることが億劫になり、気が重くなってしまうよりは、いっそのこと連絡手段を断ってしまうのも手です。黙ってブロックだと粘着されてしまうかもしれないので、就活の“お祈りメール”のように、「ご縁がありませんでした。幸せを願ってます」とひと言送ってあとはブロック! という感じで気持ちを切り替えてみてください。

取材協力/桃山商事代表・清田隆之

Text/佐藤牧子

編集・写真・イラスト/小林航平

1月大特集「疲れない出会い」はこちらからご覧いただけます。

1月大特集「疲れない出会い」

https://p-dress.jp/articles/5968

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!

”当たり前のルール”に疲れる女性たちへ【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

https://p-dress.jp/articles/6084

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。なぜ疲れてしまうのか? それは、あなたのせいではなく、〇〇が原因でした。恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表が教えてくれるその理由とは……。

悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

https://p-dress.jp/articles/6109

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第二回目は疲れる原因「親や周囲からのプレッシャー」についてお話を伺いました。

清田隆之(桃山商事)プロフィール

1980年生まれ。東京都出身。恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。これまで1000人以上の悩み相談に耳を傾け、恋愛とジェンダーをテーマに執筆活動を行う。ウェブメディア「wezzy」や「cakes」などで連載。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)、『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)がある。ニコ生番組「桃山商事の恋愛よももやまばなし」も更新中。

『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)

生き抜くための恋愛相談

「好きな人からセフレの誘い…」「いい人だけどつまらない…」「すぐ不機嫌になる男って何なの?」そんなアラサー女子の悩みを徹底解明!『逃げ恥』作者の海野つなみ先生も絶賛した桃山商事の最新刊。

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article