相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。実際に体験してきた、30代前半女性のレポートをご紹介します。


恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。

合コンという場に疲れを訴える人もいますが、通常の合コンとは少し異なるシステムの合コン。実際に体験してきた、Emikoさん(30代前半)のレポートをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

https://p-dress.jp/articles/5968

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!

相性鑑定のカリスマ 小林了先生主催の「心断!本気合コンin銀座」に行ってきました。いままで開催した富山、石川、長野、銀座、横浜の会ではカップル成功率62%以上という合コン。

事前に両親と自分の生年月日を提出して、先生が心断書を作って相性の良い2名をピックアップしてくれる珍しいスタイルです。

当日、期待に胸を膨らませて銀座カツキ本店へ。この日の参加者は男性14人、女性14人。女性の方が年齢層高めな感じでした。

受付を済ませると名札がわりのナンバープレートと自分の心断書がもらえます。自分保管用1枚とナンバー記載の異性へ渡す用5枚。

受付〜開始までは自由に座って待機しながら心断書に目を通します。個人的な占いをしたことが今までなかったので、この結果を見るのがまず楽しみでした。

いざ見てみると、恋愛についてだけでなく仕事への姿勢や生き方のこだわりなど、今までの私の人生を覗いていたんじゃないか!? と思うくらいしっくりくる内容ばかり。結婚観、インナーセンス、恋愛観、在り方など、両親と自分の誕生日だけでここまでわかるんだ、と驚きました。

恋愛観の中には、「あなたはこういう人はだから、こんな人を選んだ方がいい」というアドバイスも。これだけ見抜く先生が選んでくださった相性のいい2名とは、どんな人なんだろうとワクワクしながら定刻を待ちました。

■相性がいい男性と歓談するシステム

定刻になり、スタッフの方と小林先生の挨拶から合コンがスタート。男性側の心断書には女性のナンバーがふたつ書かれたカードが添えられていて、1番目のナンバーはその男性から見て相性がいい人。2番目のナンバーは女性の側から見て相性がいいとなった人だとか。

さらに、「最近は草食系の男子が多いけど、自分からどんどん積極的に話しかけなければいけないよ」と男性陣に向け、先生から叱咤激励もありました。

挨拶終了後、女性がナンバー順にテーブル席につき、男性が1番目のナンバーの女性のもとへ。1回目の歓談スタート。

まずは心断書を交換して、お互い内容を読んでから会話をスタートします。事前に相性がいいと言われてマッチングされてるので、初対面であっても抵抗は少し軽減されている気がしました。

ただ、名前も年齢もわからず、最初に聞いていいものか悩み、とりあえずお互い相手の心断書をみて、「こう書いてありますが当たってますか?」など質問をし合い、一通り心断書の話をしたら、仕事の話や趣味の話を楽しみます。

確かにしばらく話してみると、話しやすい人で雰囲気も嫌いじゃないな、先生すごいなぁと思いました。

■相性診断のプロが恋愛相談に乗ってくれるコーナーも

30分歓談して2回目の歓談へ。女性から見て相性がいい人のもとへ男性が移動。

流れは1回目と同じ。この時間からビュッフェのお料理がスタートしました。一緒に料理をとりにいくテーブルもあれば、ずっと話し込んでいるテーブルも。私の元には1回目と似たような心断書の方が来て、偶然なのか面白いなと思いました。話の流れはほぼ1回目と同じで心断書をとっかかりに、仕事や趣味の話をしました。2回目の方も話しやすかったです。

2回目の歓談後は立食形式でフリータイムになりました。気になる人に話しかけて心断書を交換したり、LINEの交換もありとのこと。

ただ、横長の会場でどんな人が来ているかまったくわからず、そこまでの時間ではマッチングされたふたりの方としか話してない、というか顔も見れてない状態。いきなりフリータイムで中央に集まったけど、果たしてどの人に話かけたらいいか? 一言も話していない人もいるから、気になる・気にならないという判断も難しいなぁと思いました。こういう場に慣れてないからかもしれませんが……。

ただ、フリータイム中は小林先生がひとり3分だけ恋愛相談にのってくれるというサービスが! 私も先生に見てもらうと、親の性格やどういう人を好きになるか、などズバリ言い当てられました。

そして、マッチングされて話したふたり以外に、参加者の中から話しやすそうな人を再度ピックアップしてくれて話す機会を作ってくれました。自分からなかなか話しかけられない人にとっては、話す機会をセッティングしてくれるのはありがたいと思いました。

フリータイム終了後、アンケート用紙に
お付き合いしたい人(ひとり)
友達から始めたい人(複数可)
のナンバーを記入してスタッフさんへ提出。
小林先生がマッチング作業をしてくれます。

15分ほどして結果発表、今回は5組のマッチングが成立で、今までの開催の中では成立は少なかったようでした。マッチング成立した人(付き合いたいか、友達からかわかりませんが)にはスタッフさんが個別に声かけて同じテーブルに座らせ、その後個々に連絡先を交換している様子。そして、先生とスタッフさんからの結びの挨拶で終了。

私もこの日LINEをひとりの方と交換しました。どんな人なのかは、今後個別に会うなどして、知っていきたいと思います。

全体の感想としては、マッチングされているという後押しと、手元に心断書というネタがあるので初めての方とも少し話しやすかったです。スタッフの方々が気を使って、ひとりになっている人に声かけたり、先生の3分相談の予約管理をして常に気を配ってくれていたのもいいなと思いました。しかし、フリータイムは初対面の方々と話すのが苦手な人だと、すこし過ごしにくいかも……。でも、そこは自分で乗り越えなきゃいけないのかなとも思いました。

自分の心断書でわかったことも今後に活かせるので、有意義な時間を過ごせたなと感じました。一般の合コンに疲れた人には、相性鑑定の先生が事前に「相性がいい相手」をピックアップしてくれるこのシステムだと、疲れを感じにくいのでおすすめです。

Text/Emiko

取材協力/心断!本気合コン
http://shindan-kobayashiryo.com/event/party

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第三回目は疲れる原因「ピンとこない男性との出会い」についてお話を伺いました。


悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第二回目は疲れる原因「親や周囲からのプレッシャー」についてお話を伺いました。


自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

自己肯定感の高い男性をパートナーにしよう――女医の恋愛事情から見える大事なこと

内科医のわたしが綴る、リアルな「女医たちの恋愛事情」。そこから見えてくる傾向には、女医という職業に限らず、高学歴・高収入な女性たちにもあてはまるものが少なくないのではないでしょうか。


わたしは愛される実験をはじめた。第10話「ボディタッチを重ねても男は口説けない」

わたしは愛される実験をはじめた。第10話「ボディタッチを重ねても男は口説けない」

【読むだけでモテる恋愛実験小説10話】30代で彼氏にふられ、合コンの男にLINEは無視されて……そんな主人公が“愛される女”をめざす奮闘記。「あんたはモテないのを出会いがないと言い訳してるだけよ」と、ベニコさんが、あまえた“パンケーキ女”に渇を入れまくります。恋愛認知学という禁断のモテテクを学べます。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。