1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 喫茶店で出会い、夫婦になったふたりの話

喫茶店で出会い、夫婦になったふたりの話

Share

喫茶店で出会い、結婚したふたりのストーリーをお届けします。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。疲れない、自然な出会いもきっとあるはずです。

喫茶店で出会い、夫婦になったふたりの話

恋がしたい、結ばれたい、結婚したい――。相手を探すところから、と合コンに行ったり、婚活・恋活アプリを駆使したりしている人も多いのではないでしょうか。

でも、日常生活の中で出会い、交際・結婚に発展することはたくさんあります。そんなナチュラルな出会いはどうすれば手に入るのか。限られた人だけの奇跡ではなく、自分にも起こり得ることなのでしょうか。

お互いの行きつけのお店で出会い、交際~結婚に至った薗部雄一さん(33歳)、陽花さん(30歳)ご夫妻にそのなれそめと、ナチュラルな出会いについてお聞きしました。

■出会いは喫茶店で。ふたりの行きつけの店だった

――おふたりの出会いは行きつけの喫茶店で、だったんですよね。

雄一さん(以下、雄一):マスターがこだわりを持って経営しているこじんまりとした街に根差したお店でした。雰囲気がとても好きで通い詰めていたら、妻もそのお店の常連だったんです。

陽花さん(以下、陽花):私は当時、整体師の仕事をしていて、喫茶店のマスターがお客さんでもあったんです。喫茶店は院から歩いて5分くらいのところにあって、よく行っていました。

雄一:でも、最初からすぐに親しくなったというわけではなかったんです。たまに店で一緒になるくらい。ただ、お客さんは年配の男性が多く、女性のひとり客は少なかったので、印象には残っていましたね。声がよく通る女性で、マスターと仲良く話していて、最初は馴れ馴れしい人だな、というイメージ(笑)。でも綺麗な人だなあって。

――話すようになったきっかけはいつだったんですか?

雄一:彼女の存在を知ってから数カ月経ったころ、閉店ギリギリに彼女が来たんですよ。そのとき、席が隣同士になったんです。少し話はしたけど、とにかく壁がある感じで。

陽花:私は「げっ、人がいる!」と思って。最後のひとりだと思っていたのに、早く帰ってほしいなあ、って(笑)。男の人が苦手だったので、あまり仲良くなりたくなかったんですよね。冷たくあしらってしまいました。

■顔見知りから友だちへ。そして一番大切な人に

雄一:だから、出会いはちっともロマンチックでもないし、会った瞬間、雷がビビッ!  みたいなドラマのようなこともなかったんです。名前も知らないし、顔見知りになった程度。でも、そのあと、近所のスタバでばったり会ったんです。

陽花:その日はお休みでいつものお店に珈琲を飲みに行こうと思ったんですけど、店休日だったからスタバにするかな、って。スタバは近所に2軒あるんですけど、1軒は満席で、もう1軒のほうに行ったら、知ってる顔がいるぞ、と。

雄一:僕はそのとき、転職して有給消化中でした。で、空き時間にふたり掛けの席でパソコンを広げていたら、テーブルをトントン、と叩かれて。顔を上げたら、妻がいたんですね。それで相席どうぞ、ということに。そこで初めてお互いのプライベートについて話しました。名前とか職業とか、出身地とか。で、一緒に帰ってきたら意外と家が近いことを知ったんです。そこでちょっと意識するようになりました。

――お互いのことを知って一気に仲良くなったんでしょうか。

陽花:そうですね。でも男女というよりは女友達、的な感覚でした。話をしてみると彼ってかわいいものが好きだったりとか、すごく女子っぽいトークをする人で、女の子も苦手だと言っていたので、この人は安全だ、って私の中でハードルが下がったんです。住んでいる町に仲の良い友達ができた、わーい!って喜んでました。

雄一:僕は好きで、好きで、仕方がなかったんですよね。一緒にいるとすごく落ち着いたし、妻といる時間がとても好きでした。こういう時間をもっと増やしたいなあ、お付き合いしたいなあ、とはもちろん思っていましたけど、今踏み込んだら嫌われるだろうから、といろいろ考えましたね。関係を切られるのが怖いので、いつか……とチャンスを伺っていました。

陽花:私ももちろん好きだったんですけど、それが人間的に好きなのか、男性として好きなのかが判断がつかなかったんです。もし告白されたとしたら、なんて言うんだろう? まだちょっと男の人として見られないから、ちょっと待って、って言うかなあ、と思っていたのに、実際に言われたら「はい」って即答しちゃったんですよね。それも食い気味で。自分でもびっくりしました。

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article